Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【メタバース研究開発支援】 VRChatワールド制作・イベント開催支援

【メタバース研究開発支援】 VRChatワールド制作・イベント開催支援

株式会社TAMのVR研究開発チーム「TAMTO METAVERSE LAB」が、VRChat上のワールド制作・イベント開催を中心とした法人のメタバース展開を支援します。

note: https://note.com/tamdesigntech/

Hitoshi Sumiya

July 12, 2022
Tweet

More Decks by Hitoshi Sumiya

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 【メタバース研究開発支援】 VRChatワールド制作・イベント開催支援 2022.07.19 × ※TAMはVRChat 社よりワールド制作の許諾を得て活動をしています。

  2. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 2 メタバースは一過性のものではなく、大きな今後のトレンドです。 いまから将来に向けて準備を進めていきませんか? 「メタバース」の現状とこれから 「メタバース」というキーワード自体は元々ありましたが、 2021年10月末にFacebookがMeta社に変わったことで大きなトレンドへと変化しました。

    すでにたくさんの企業が仮想空間上での展開を始めています。 100万人の来場者を超すイベントなども開催されています。 「誰かと一緒にいるような臨場感は、 ソーシャルテクノロジーの究極の夢です。」 ― Meta社CEOマーク・ザッカーバーグ氏の手紙より
  3. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 3 TAMTO METAVERSE LABは、法人のメタバース展開を共創するTAMのVR研究開発チームです。 現在は主にVRChat上でのワールド制作やイベント開催支援をしています。 TAMTO

    METAVERSE LABのご紹介
  4. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 4 「メタバースに最も近いサービス」 VRChatとは 「メタバース」と呼ばれるプラットフォームはたくさんありますが、 その中でもVRChatはメタバースに最も近いと言われております。 (株式会社往来様

    「仮想空間とVR」参照) 数百万ユーザー、同時接続数は4万といった規模感ですでに小規模ながら社会が形成されつつあります。 メタバースの本質という点ではVRChatが頭一つ抜きんでているといったことが書かれています。 VRChat 株式会社 往来様 「仮想空間とVR」
  5. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 5 機材の手配から体験会の実施、ワールド制作、イベント開催まで。 メタバースを理解し、活用できる組織になれるようTAMが一からご支援いたします。 サービス紹介 メタバース/VRChatに関する講演(オンライン・オフライン) 1

    VRChat体験会の実施(アカウント作成~操作説明、ワールド見学等) 2 VRChatワールド制作 4 イベント開催 + ライブ配信 + SNS運用支援 + プレスリリース支援 5 ※実施期間は目安です。 ※VRChat上の各コミュニティやクリエイターの皆様と連携しながら、一緒に盛り上げていきます。 ※「共創」の形で、御社内の関係者の皆様とノウハウを作っていくところから一緒に取り組みます。 VR端末、関連機材の購入サポート(ご紹介) 3 「メタバース」への入門をトータルサポートします。 2カ月~3カ月程度
  6. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 6 TAM支援事例 開催目的 2023年度から「創域理工学部」に名称変更する東京理科大学理工学部。 「創域」の活動の一環として、新たな価値や可能性の模索を目的とした異分野交流イベントを開催。 開催概要

    日時:2022年7月8日(金) 18:30~20:30 開催場所:VRChat / VRヘッドセットを使用して開催 参加費:無料 定員:50名(抽選で決定) ※ライブ配信同時視聴者数:1000人 TAMの範囲 *イベント企画、参加募集、プロモーション *ワールド制作、3Dムービー撮影、ライブ配信 *初心者向け操作説明会 *イベント運営全般 *SNS支援、プレスリリース支援等 バーチャルとリアルを融合させる メタバースイベントをプロデュース 東京理科大学 理工学部様
  7. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 7 バーチャル会場(VRChat) 実際の研究施設のライブ中継を視聴。 バーチャル×リアルで質疑等のやり取りも。 イベントの最後には寄せ書きをして集合写真を撮影。 約40人の方が参加。

    ポスターセッションの様子、 レーザーポインターを使って説明。 燃焼実験では、3D立体視動画で 火が燃え広がる様子を視聴。 学長がリアルアバターで最初のご挨拶。 3Dリアルアバター制作もTAMでご支援。 TAM支援事例 新たな価値創出や可能性の模索を目的とした交流イベント。 リアルとバーチャルを中継し、様々なコミュニケーションを実施。
  8. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 8 VRヘッドセットを25名の方に貸し出して、イベントを実施。 ※すでに持っている一般の方は自宅などからリモート参加。 VR会場の様子をパブリックビューイング。 地震実験については、実際の施設から ライブ中継をバーチャルに配信。

    パブリックビューイングでは70インチのTVモニターを使用。 TAM支援事例 リアル会場(VRChat) リアルと遜色のないコミュニケーションができることを体験。
  9. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 9 TAM支援事例 リアル、バーチャルのあらゆる資材を手配。 デジタル上のプロモーション支援も。 イベント用ワールドの制作 3D立体視動画の撮影

    VRヘッドセットの手配 SNS、プレスリリース等の原稿作成・投稿の支援
  10. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 10 TAM支援事例 VRChatのコミュニティと連携し、 一緒になってイベントを作り、盛り上げる。 ・VRChat内の学術系コミュニティと連携 ・ライブ配信

    / 司会進行は、VR/メタバースガイドの「おきゅたんbot」さんと協業 ・そのほか、仮想空間に設置した様々なギミックやアセットも、コミュニティの方々にご協力や承諾を頂きながら手配
  11. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 11 資料をみながら、VRヘッドセットの初期設定からVRChatのインストール、 VRの中での操作説明までを2時間~程度/回で実施 今回のイベントは、半数の人が未経験者。 未経験者がメタバースを体験できるイベントにした。 TAM支援事例

    5名~10名程度の事前操作説明会を複数回実施。※最低1回参加 事前の操作説明会等も実施し、 参加者全員が「メタバース」を体験できるイベントに。 イベント後のアンケートでも はじめての人でも満足度の高い結果となった。
  12. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 12 TAM主催イベント例 主催:TAM VRChat 企業・自治体ワールド見学体験ツアー 開催概要

    日時:2022年2月6日(木)10:00~12:30 開催場所:VRChat / VRヘッドセットを使用して開催 参加費:無料 定員:40名(抽選で選ばれた方) *VRChat会場の模様はライブ配信されます。 開催内容 *NISSAN CROSSING等のワールド制作者の話をきくツアー *VRChat内の有名インフルエンサーとのコラボレーション *日産自動車様からのスペシャルゲスト
  13. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 13 サービス詳細 研究開発に取り組むメンバー間で認識を共有するために ・「メタバース」のトレンド背景と今後の予測 ・「メタバース」の特長、企業が展開するときの注意点 ・体験方法

    など、まずは座学形式で網羅的にご説明をいたします。 1 メタバース/VRChatに関する講演(オンライン・オフライン)
  14. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 14 VRChat体験会の実施(アカウント作成~操作説明、ワールド見学等) サービス詳細 VRChatははじめにアカウントを作成したり、操作に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。 はじめての体験で「VR楽しい!」と感じていただくために、設定、操作方法からワールド見学まで一通りご案内いたします。 1.VRChatの設定をサポート

    2.VRChatに集合、使い方に慣れる 3. 色々なワールドを楽しむ 2 ・ワールド参加までの流れを簡単に説明(20分) ・Oculusの簡単な操作方法を説明(10分) ・VRChatのアカウント作成(10分) ・VRChatチュートリアル体験(20分) ・VRChatフレンド申請(10分) ・VRChatの特定のワールドに集合(10分) ・VRChat特有の移動方法、カメラの使い方、 音量調節、表情の表現方法、楽しみ方などを ご説明いたします(30分) ・さまざまなワールドに移動して、VRchatの 世界を楽しみます(30分) 体験会例
  15. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 15 VR端末、関連機材の購入サポート(ご紹介) サービス詳細 必要な機材をご紹介いたします。VRChatは目的によって必要な機材が多少変わります。 まず始めるために必要な機材から、本格的に活用するとなった場合に必要なものまで、 貴社のご要望に合わせたものをご紹介をいたします。

    3
  16. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 16 VRChatワールド制作 サービス詳細 VRChat中には様々な仮想空間があり、これらを「ワールド」といいます。 様々な事例をご紹介しながらご要望を伺い、ワールド企画から制作までをサポート致します。 ワールドはUnityで制作します

    4 TAM事例:見学体験ツアー集合場所ワールド ・Quest/PC対応 ・プレゼンテーションスライド投影 ・マイク音声の減衰抑制対応 ・BGM設定 ・時計表示 ・インスタンス人数表示 ・入退室ログ掲載 ・Quest対応アバターペデスタル
  17. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 17 イベント開催 + ライブ配信 + SNS運用支援

    + プレスリリース支援 サービス詳細 VRChatを活用したイベントの企画、運営からPR支援までをワンストップでサポートいたします。 1.事前準備、参加者募集 2.イベント開催+ プレスリリース(PRtimes) 3. ライブ配信+SNS投稿+ アーカイブ&レポート 5 イベントサイトでページ作成し募集開始。 併せてVRChatの利用方法を予め練習します。 例 事前のプレスリリースなどを使った告知活動、 当日のイベントの実施、運営をサポートいたします。 ※ VRChatはコミュニティの人々が存在して成り立っているソーシャルVRの世界です。 コミュニティを尊重し、コミュニティと連携して一緒に取り組んでいきましょう。 インフルエンサーご協力のもと、イベント 当日のYoutube配信やSNSなどを使ったPR 支援行います。
  18. ⓒ2022 TAM Inc. confidential 18 その他 × 10 今後、月に1~2回、メディア関係者や企業担当者を招き、 TAM

    Coworking TokyoでVRChatの無料体験会なども実施していく予定です。