Slackで始めるホントウの最先端コミュニケーション

8123840f84c2a47427d793f0948efbbb?s=47 KENT
November 28, 2017

 Slackで始めるホントウの最先端コミュニケーション

けーすた! #3 - Case Study ! Lightning Talk -( https://casestudy.connpass.com/event/70936/ )にてお話させて頂いた際の資料です。

8123840f84c2a47427d793f0948efbbb?s=128

KENT

November 28, 2017
Tweet

Transcript

  1. Copyright © 2015. All rights reserved. 2017/11/28 ハンズラボ株式会社 菊池 健⼈

    Slackで始めるホントウの 最先端コミュニケーション けーすた! #3 - Case Study ! Lightning Talk -
  2. 1 自己紹介 • 名前:菊池 健人(KENT:@Kent_aur ) • 所属:ハンズラボ株式会社 • 入社:2017年1月

    • 担当:外販案件(業務システム) アプリケーションエンジニア • 特技:シェル芸、awk芸 • 好きなUnixコマンド:nohup・rev
  3. 2 ハンズラボって? • 情シス部門 Ø 東急ハンズの各種システムの内製開発と運用保守 • 外販 Ø 自社開発の経験を活かした受託開発、内製支援

    東急ハンズのシステム子会社
  4. 3 よくあるチーム開発の課題 • メンバーによって異なる業務を担当しているため、 情報共有が滞りがち Ø チーム毎に車輪の再発明をしている場合がある。 • 課題や情報の共有をするのに最適なタイミングもメンバーによって 異なる

    Ø コーディング中の割り込みタスクはエンジニアのモチベーションを 大幅に下げる。 • スイッチングコストもあるので、出来れば1つのサービス上に 集約、完結できるようにしたい。
  5. 4 課題解決のためには? • メンバーによって異なる業務を担当しているため、 情報共有が滞りがち Ø メンバー全員が閲覧可能な場で情報共有する。 • 課題や情報の共有をするのに最適なタイミングもメンバーによって 異なる

    Ø (急ぎでなければ)非同期コミュニケーションとする。 • スイッチングコストもあるので、出来れば1つのサービス上に 集約、完結できるようにしたい。 Ø 1つのインターフェースから様々な操作が出来るような サービスを用いる。
  6. 5 ここで出てきたのが

  7. 6 実際の取り組み例 チーム毎の情報共有channel 他のチームの人でも閲覧可 能! 実際のchannelの抜粋 個人の分報channel 良かったことや困ったことを書いて おくと、他のメンバーの参考になっ たり、解決のヒントを貰えることも!

  8. 7 実際の取り組み例 勉強会の告知もSlack上で! メール等と違い、わざわざ返信 しなくてもadd reactionして終了

  9. 8 実際の取り組み例 ファイルもアップロードできるので、チャットの流れを切らずに共有情 報を集約できる! ※動画やExcelファイル等あらゆるファイルが共有できます。

  10. 9 更に… Slackのメリット! 連携できるサービスが豊富!

  11. 10 連携サービスの一部 様々なサービスと連携が可能! ※上記画像は本当にごく一部で、この他にも大量のサービスが有り ます。 引用元:https://slack.com/apps

  12. 11 使用例① 予定が作成・更新されると自分の分報channelに通知するように設定。 リマインダーになるだけでなく、他の人も見られるため、メンバーの予定を 把握しやすい! GoogleCalendarと連携

  13. 12 使用例② Git管理ツール・CIツールと連携 プルリクが操作されたらチームのchannelに通知する。 また、CIの結果も通知できるので、資源に対する操作や品質担保がメン バー全員で共有できる!

  14. 13 使用例③ 各種バッチやアプリケーションの状態を常時監視。 異常時にはメンバーにメンションを飛ばす用に設定。 設定をしておけば、Slack上からコマンドも発行できるので、双方向ChatOps! 自作botと連携

  15. 14 botの可能性は無限大 翻訳APIを通じて日英/英日の翻訳をしてくれるbot。 ※弊社ではここでは紹介しきれないほど大量のChatbotが動いてい ます! 実務に関するものから面白いものまで

  16. 15 新卒研修でも AWSの各種情報を対話形式で取得できるbotを新卒メンバーで作成 しました! 参考:https://www.hands-lab.com/tech/entry/3061.html 今年の新卒研修の課題もChatbotの作成でした。

  17. 16 ここで疑問が たしかに便利そうだけど、 botの自作って難しいんじゃないの?

  18. 17 ところがどっこい Slackとの連携は、 JSON形式ペイロードのHTTPリクエスト! HTTPリクエストが処理できるのであれば、 言語や環境によらない!

  19. 18 構成例① Google Apps Scriptで開発 Googleアカウントさえあれば、サーバ不要で開発できる!(javascript)

  20. 19 構成例② クラウドサービスで開発 クラウド(下記の例ではAWS)のサービスを組み合わせて、 柔軟性・可用性の高いbotが作れます。 (弊社の開発では多くのAWSサービスが使われています。)

  21. 20 構成例③ ノンプログラミングで開発(?) プラットフォーム連携サービスを利用して、ノンプログラミングでbot開発

  22. 21 つまり 非エンジニアでもbot開発できます!

  23. 22 まとめると • コミュニケーションツールにSlackを導入することで、 よくあるチーム開発の課題やエンジニアのストレス原因を クリアすることが出来ました。 • Slackの導入でコミュニケーションだけでなく様々な業務が 1つのツールに集約できました。 •

    bot開発は難しくない!
  24. 23 最後に 弊社ホームページ・Wantedlyにてご応募ください。 ハンズラボではエンジニアを募集中です! WE ARE HIRING!

  25. Thank you!