Slackで始めるホントウの最先端コミュニケーション

8123840f84c2a47427d793f0948efbbb?s=47 KENT
November 28, 2017

 Slackで始めるホントウの最先端コミュニケーション

けーすた! #3 - Case Study ! Lightning Talk -( https://casestudy.connpass.com/event/70936/ )にてお話させて頂いた際の資料です。

8123840f84c2a47427d793f0948efbbb?s=128

KENT

November 28, 2017
Tweet

Transcript

  1. 1.

    Copyright © 2015. All rights reserved. 2017/11/28 ハンズラボ株式会社 菊池 健⼈

    Slackで始めるホントウの 最先端コミュニケーション けーすた! #3 - Case Study ! Lightning Talk -
  2. 2.

    1 自己紹介 • 名前:菊池 健人(KENT:@Kent_aur ) • 所属:ハンズラボ株式会社 • 入社:2017年1月

    • 担当:外販案件(業務システム) アプリケーションエンジニア • 特技:シェル芸、awk芸 • 好きなUnixコマンド:nohup・rev
  3. 4.

    3 よくあるチーム開発の課題 • メンバーによって異なる業務を担当しているため、 情報共有が滞りがち Ø チーム毎に車輪の再発明をしている場合がある。 • 課題や情報の共有をするのに最適なタイミングもメンバーによって 異なる

    Ø コーディング中の割り込みタスクはエンジニアのモチベーションを 大幅に下げる。 • スイッチングコストもあるので、出来れば1つのサービス上に 集約、完結できるようにしたい。
  4. 5.

    4 課題解決のためには? • メンバーによって異なる業務を担当しているため、 情報共有が滞りがち Ø メンバー全員が閲覧可能な場で情報共有する。 • 課題や情報の共有をするのに最適なタイミングもメンバーによって 異なる

    Ø (急ぎでなければ)非同期コミュニケーションとする。 • スイッチングコストもあるので、出来れば1つのサービス上に 集約、完結できるようにしたい。 Ø 1つのインターフェースから様々な操作が出来るような サービスを用いる。