Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Python駿河 #1 MicroPythonを使ってみよう!

Python駿河 #1 MicroPythonを使ってみよう!

Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~
発表資料です。

00be53c2b7d642ceb1b2542240abbac8?s=128

hiroshi sano

May 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. MicroPythonでIoTデバイスを 作ろう Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ 2019/05/25 Hiroshi Sano

  2. おまえ誰よ? - 氏名:佐野浩士(Hiroshi Sano) Twitter@hrs_sano645 - 佐野設計事務所: 機械の設計屋(設計以外全部担当) - 東海大学

    高輪キャンパス 石井研究室(お手伝い) - あと米農家 2
  3. 本日のネタは - Python3.7のdataclass便利そうだから使ってみた話 - 関数型プログラミングHOWTOを読んでみよう のどちらかのつもりでしたが...

  4. 昨日...

  5. IoTLT Vol51に参加してました!

  6. None
  7. つまり IOTLTめちゃくちゃ楽しかった! コチラに作業量持っていかれてネタが仕込めなくて諦めた。。 ごめんなさいm(_ _)m

  8. つまり Pythonの会だしMicroPython使ってみてた話をすれば一石二鳥 (実は去年のshizuoka.py の焼き直しにも近いが 一応最新版として、、) (もっというと去年の Unagi.py & Python東海でやられてたきゅうり農家の小池さんネタ。。 m(_

    _)m)
  9. MicroPythonとは - Pyboardというボードで動くArm系のCPUで動作するPython処理系 - もともとKickstarterプロジェクト - コミュニティが広がってさまざまなボード向けのPortができる arduino, ESPシリーズ, BBC

    Micro:bit ボード向けのライブラリも整備
  10. MicroPythonとは - 日本だとESPシリーズ, Micro:bitが使いやすい(注:個人の感想です) - CPython的には3.4あたりを参考としてる つまりNot CPython, ただUnixPortがあってLinuxなどでも動く -

    いろんなライブラリがCPythonに負けじとビルドインされてる といってもフル機能ではなくて簡易版の立ち位置 - MicroPython-libやサードパーティライブラリで拡張性豊富 ESP32
  11. Python3の文法を使えるのは かなり良いです

  12. 今日紹介するもの - MicroPythonをどうすれば利用できるか紹介 - お風呂IoT Mk2を作るときに使ったライブラリ紹介 - センサーなどのライブラリで操作 - WEB

    APIアクセス - WEB API(ライク)なweb server環境 やらないこと - MicroPythonの詳しい導入方法
  13. というわけでネタ元を紹介

  14. お風呂IoT Mk2作りました 【令和初!】IoT縛りの勉強会! IoTLT vol.51 @日本オラクル 2019/05/24 Hiroshi Sano

  15. 蛇口IoT お風呂IoT Mk2 完成イメージ お風呂IoT ESP32 ESP32 フロートスイッチ =水位を見る 温度センサー

    ホースコック =蛇口にマウント &サーボモーター ディスプレイ
  16. 蛇口IoT お風呂IoT Mk2 完成イメージ お風呂IoT ESP32 ESP32 フロートスイッチ =水位を見る 温度センサー

    ホースコック =蛇口にマウント &サーボモーター ディスプレイ ライブラリにて操 作 サーボ:PWM ライブラリで操作 温度:onewire,ds18x20 フロートスイッチ:GPIO ディスプレイ: I2C,ssd1306 Wifi+WEBAPI
  17. ESP32とは IoT界隈のニューフェイスでかなり高機能 - Wifi, BLEが使えるArduino互換のボード - 各種センサー, GPIO, シリアル通信系 -

    ファームを変えることでさまざまなプログラミング環境でも使える - arduino(標準), C, ブロックプログラミング , Javascript(obniz, Moddable SDK) mruby-esp32 etc… https://en.wikipedia.org/wiki/ESP32#Programming
  18. MicroPython & ESP32の情報源 - 公式ドキュメント - 現在の最新ファームウェアは V1.10 - クイックスタートを見ると良いです

    - Interface 2018/9月 - 自分はこれを見て買ってきました
  19. 使えるようになるまでの手順 1. 新品のESP32を買う 2. MicroPythonの公式ファームをDL 3. 関連ツールをDL a. esptool: ESP32のファームウェアを焼いたりメンテしたりするもの

    b. adafruit-ampy:ESP32のファイルをFTPコマンドライクに操作する 4. MicroPythonをPCへ接続 5. シリアル通信(screen, picocom, teratermなど)でREPL操作 使えるようになった!
  20. 実際の例

  21. まとめ - MicroPythonはPythonを扱ったことがある方ならとっつきやすい - ESP32あたりが一番使いやすい環境かなと。 - 値段もまあまあな値段なので試しやすいと思う - 豊富なライブラリがあって、これできないかなと考えても 実現しやすい環境

    - 企業というかプロジェクト/コミュニティの方針が今後の心配事。 環境は超オススメ! コミュニティ分裂問題が心配なのが一抹の不安 でも困ったら助け合う精神で行きたいですね!