Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

マルチプロダクト x 強いSaaSへの挑戦と必要なプロダクトマネジメントのカタチ

3aa2a7264245f7fc69342df2fff4a175?s=47 Hirofumi Tanahashi
October 13, 2021
810

マルチプロダクト x 強いSaaSへの挑戦と必要なプロダクトマネジメントのカタチ

2021年10月13日、MIDAS TECH STUDYで登壇した際の資料です。

3aa2a7264245f7fc69342df2fff4a175?s=128

Hirofumi Tanahashi

October 13, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 マルチプロダクト x 強いSaaSへの挑戦と 必要なプロダクトマネジメントのカタチ 株式会社プレイド 棚橋寛⽂ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc.

    2020.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ
  2. 2 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. ⾃⼰紹介

    棚橋 寛⽂ Hirofumi Tanahashi twitter : @htana117 • 執⾏役員 / VP of Product • 楽天 → ビズリーチ → プレイド • アプリ版KARTE、KARTE Blocksの⽴ち上げと 事業化 • 全体のプロダクトプランや組織づくり
  3. ɹɹʛɹɹ© 2019 PLAID Inc. 3 株式会社プレイドについて 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ

    ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 株式会社プレイド 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F 設⽴:2011年10⽉ 従業員:210名
  4. 4 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. ミッション

    データによって ⼈の価値を 最⼤化する OUR MISSION
  5. 5 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc.

  6. 6 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. アジェンダ

    1. マルチプロダク トx 強いSaasへの挑戦 2. プロダク ト戦略 x 事業フェーズによる必要な体制とプロダク ト マネジメン トのカタチ 3. まとめ
  7. 7 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. アジェンダ

    1. マルチプロダク トx 強いSaasへの挑戦 2. プロダク ト戦略 x 事業フェーズによる必要な体制とプロダク ト マネジメン トのカタチ 3. まとめ
  8. 8 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 2VBMUSJDT*10c4#SFBLEPXO IUUQTXXXNFSJUFDIDBQJUBMDPNCMPHRVBMUSJDTJQPTCSFBLEPXO マルチプロダクト x 強いSaasとは?
  9. 9 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 1. Churnを低く抑えられている 2. UpSell/CrossSellがある 3. 複数のエン トリーポイン トがある マルチプロダクト x 強いSaasとは? Negative Churnを獲得し、NRRを⾼い⽔準でキープできるSaas
  10. 10 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 プレイドのプロダクト (2020年) Web/Appの⾏動データからユーザーを理解するための機能性と、ユーザーごとに最適なアク ションを配信するための機能性がセットになった、All in Oneなプロダクト CX Platform Churnは頑張っている ! Upsell/CrossSellが⽣まれやすい構造、 複数のエン トリーポイン ト、 うーん。 。 。
  11. 11 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 2020年3⽉、 プロダク トの構造改⾰を⾏うプロジェク ト 「Product Transformation」 が発⾜ 強いSaas化に向けた聖域なき構造改⾰がはじまる 強いSaasになるための⼀歩⽬
  12. 12 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 1. プロダクトの分離と共通機能系の分離(アカウント、組織管理、決済周り等)。 SalesforceベースのSales Led Growth提供モデルに加え、StripeベースのProduct Led Growth提供モデルを⽤意 2. コスト構造の整理と共通ロジック化。Product/Functionを組み合わせて様々な Packageをシミュレーションできるフォーマットを⽤意 3. サービスサイトでの構造整理とメッセージングの再定義 強いSaasになるための⼀歩⽬
  13. 13 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 プロダク トの分離と共通機能系の分離 (アカウン ト、 組織管理、 決済周り等) 。 Salesforceベースの Sales Led Growth提供モデルに加え、 StripeベースのProduct Led Growth提供モデルの⽤意 強いSaasになるための⼀歩⽬(1) Organization Account Project Limit Alert Insight 共通機能 プロダク ト Action Blocks Message Talk 顧客データ管理/⽀払い • オンラインサインアップ • クレカ決済 • 年契約/⽉契約 • ⾒積発⾏/フ ォーム申し込み • 請求書⽀払い • 年契約 X X
  14. 14 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 強いSaasになるための⼀歩⽬(1) Product Led Growthモデルでの最初のチャレンジが、 9/14に正式リリースした 「KARTE Blocks」
  15. 15 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 コス ト構造の整理と共通ロジック化。 Product/Functionを組み合わせて様々なPackageをシミュ レーションできるフ ォーマッ トを⽤意 Sample 強いSaasになるための⼀歩⽬(2)
  16. 16 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 強いSaasになるための⼀歩⽬(3) サービスサイ トでの構造整理とメッセージングの再定義
  17. 17 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. マルチプロダクト

    x 強いSaasへの挑戦 プロダクトを分離し、オーナーシップも分離。複数プロダクトをパラレルに開発・提供で きる基盤と構造をつくる。単⼀プロダクトで利⽤でき、組み合わせてさらに価値を発揮す るプロダクト群へ進化(の途中) • KARTEのプロダクト群として、Insight, Action, Talk, Message, Blocks, Datahub, App • 加えて、QualtDataという新しいブランドのプロダクトもリリース • 他にもSeedフェーズのプロダクトが複数開発進⾏中 マルチプロダク トx 強いSaasへの道のりは⻑い。 まだ序盤です。 プレイドのプロダクト群 (2021年10⽉現在)
  18. 18 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. アジェンダ

    1. マルチプロダク トx 強いSaasへの挑戦 2. プロダク ト戦略 x 事業フェーズによる必要な体制とプロダク ト マネジメン トのカタチ 3. まとめ
  19. 19 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

    Saasのプロダクトマネジメントにおいての重要な要素は、プロダクト戦略や事業 フェーズによっても異なる(もちろん共通項もある)
  20. 20 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

  21. 21 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

  22. 22 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

    • プロダクトビジョン、アプローチ⽅法、検証ポイ ント、検証ステップを明確にし、チーム全員の⽬ 線を常時合わせておく • 顧客をセグメントし、ターゲット・ペイン・ゲイ ン・メッセージを整理。チーム全員で共通認識を 持つ • 仮説検証と学習が最優先。アジリティ⾼く動ける ように関係各所と調整しておく • PLGではProductとMarketingとCustomer Touch は⼀体。全員がマーケティング視点で考える Product Led Growth x 0→1フェーズで重要なこと
  23. 23 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

    Product Led Growth x 0→1フェーズで重要なこと 思考の整理をドキュメント化。事あるごとにチームでここに⽴ち返って会話する。インプット と学習が進む中でどんどんアップデートしていく。
  24. 24 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

    Insight/Action
  25. 25 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

    Sales Led Growth x 10→100フェーズで重要なこと • 既存ユーザーのペインポイントやユースケースの 理解 (定性・定量) • 新機能や新たなユースケースのビジネス組織への エンハンスメント (パワーが必要) • 顧客の変化と競争環境の変化を捉え続ける (フェーズが変わると顧客が変わる、時間が経つ と競争環境が変わる、PMFは何度も必要) • 短期のインパクトと⻑期のインパクトのバラン ス (⾜元のペインポイントと、先のビジョン) まさに今⾃分たちがぶつかっている課題。 ここを⼀緒にチャレンジできる仲間を募集中
  26. 26 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ

    Sales Led Growth x 10→100フェーズで重要なこと さらに要素分解・整理を⾏い、必要な要素がカバーされていてかつスケーラブルな状態を⽬指す動 きが必要になる、かも?(ここのチャレンジはこれから)
  27. 27 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. アジェンダ

    1. マルチプロダク トx 強いSaasへの挑戦 2. プロダク ト戦略 x 事業フェーズによる必要な体制とプロダク ト マネジメン トのカタチ 3. まとめ
  28. 28 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. まとめ

    • マルチプロダクト x 強いSaasになるために • Churnを低く抑え、UpSell/CrossSellがあり、複数のエントリーポイントがある • プロダクト、オーナーシップを分離し、複数プロダクトをパラレルに開発・提供できる基 盤と構造をつくる。単⼀プロダクトで利⽤でき、組み合わせてさらに価値を発揮するプロ ダクト群へ進化(の途中) • 必要な体制とプロダクトマネジメントのカタチ • プロダクト戦略(SLG/PLG)や事業フェーズ(0->1/10->100)によっても異なる • PLG x 0->1では、プロダクトビジョン・アプローチ・検証ポイントやターゲット・ペイン・ ゲインを明確にしチームで共通認識を持つこと、全員がマーケティング視点で考えること が重要 • SLG x 10->100では、既存ユーザーのペインポイント・ユースケースの理解や新機能のビジ ネス組織へのエンハンスメントが重要。また、顧客の変化と競争環境の変化を捉え続ける こと、短期と⻑期のインパクトの間でバランスをとることが重要
  29. 29 2021.10.13ɹɹʛɹɹMIDAS TECH STUDY #3ɹɹʛɹ ɹɹʛɹɹ© 2021 PLAID Inc. まとめ

    最後に :プレイドでプロダクトマネジメントやりませんか? Insight • 価値提供できるマーケッ トも広がり、 プロダク ト戦略(PLG/SLG)や事業フェーズ(0>1/10>100)も様々 • マルチプロダク ト化 x 強いSaasと、 それを実現する強い組織づく りはまだ始まったばかり • ⾊々なものが決まってなく て余⽩だらけ。 あるべきを考えるところから⼀緒にできる仲間を募集中 ! ! Action Message Talk Blocks Datahub QualtData New Product New Product プレイド採⽤情報 @htana117 https://recruit.plaid.co.jp/ ご興味ある⽅気軽にDMください ! App 全プロダク トで 募集中!!
  30. ご清聴ありがとうございました😁