Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コーディング以外のエンジニアリング / About Engineering Without Coding

コーディング以外のエンジニアリング / About Engineering Without Coding

2019年7月17日に株式会社イグニスで行われた Matching Dev Meetup #4 での登壇資料です。
https://matching-dev-group.connpass.com/event/133322/

* 工学 - Goo辞書 https://dictionary.goo.ne.jp/jn/72060/meaning/m0u/工学
* 広木大地 (2018) 『エンジニアリング組織論への招待』 技術評論社 https://amzn.to/2Lqmuui
* 【Diverseエンジニア×Looker対談】データドリブンな会社を目指して、BIツール「Looker」を導入! https://www.wantedly.com/companies/diverse-inc/post_articles/158192
* 【Poiboy】アプリのコンセプト文をチューニングした話|Yu Aono|note https://note.mu/yuaono/n/n8720ac1c66a5

Tomohiro Imaizumi

July 17, 2019
Tweet

More Decks by Tomohiro Imaizumi

Other Decks in Programming

Transcript

  1. コーディング以外の
    エンジニアリング
    Matching Dev Meetup #4 @株式会社イグニス
    :1

    View full-size slide

  2. :2
    Tomohiro Imaizumi - @imaizume
    Androidユーザー歴8年のiOS開発者
    株式会社Diverse : Poiboy iOS版
    株式会社UZUMAKI
    今⽇の⼀⾔: iOSDC 2019登壇決定
    ⾃⼰紹介

    View full-size slide

  3. :3
    本⽇のテーマ :「エンジニアリング」ですが…
    そもそも「エンジニアリング」とは??
    類似の質問:「デザイン」とは? → 模範解答:『問題解決』

    View full-size slide

  4. :4
    「エンジニアリング(=⼯学)」の辞書的定義
    جૅՊֶΛ޻ۀੜ࢈ʹԠ༻͢ΔͨΊͷֶ໰ɻ
    ػց޻ֶɾ౔໦޻ֶɾిࢠ޻ֶͳͲͷ΄͔ɺਓؒ޻ֶͳͲͦͷݚڀํ๏Λ
    ԉ༻ͨࣗ͠વՊֶҎ֎ͷ෼໺ͷ΋ͷʹ΋͍͏ɻ
    https://dictionary.goo.ne.jp/jn/72060/meaning/m0u/⼯学/
    なんか難しそう、理解しにくい
    ⼯学(こうがく)の意味 - goo国語辞書

    View full-size slide

  5. :5
    「エンジニアリング組織論への招待」より
    広⽊⼤地 (2018)
    『エンジニアリング組織論への招待』 技術評論社
    ΤϯδχΞϦϯάͱ͸ɺͭ·Δͱ͜Ζ
    ʮ࣮ݱʯ͍ͯͨ͘͠ΊͷՊֶ෼໺ͱ
    ͍͑ΔͰ͠ΐ͏ɻ
    தུ

    ͭ · Γ ɺ ʮ ᐆ ດ ͞ ʯ Λ ݮ Β ͠ ɺ










    ʮ۩ମੑɾ໌֬͞ʯΛ૿΍͢ߦҝ͕
    ʮΤϯδχΞϦϯάͱ͸Կ͔ʯͱ͍͏
    ౴͑Ͱ΋͋ΔͷͰ͢ɻ
    エンジニアリングとは
    「実現のための科学」「曖昧さを減らすための⾏為」

    View full-size slide

  6. :6
    「曖昧さを減らす」⾏為
    • 仕様決定
    • コード記述
    • リリース
    • ログ集計・計測
    • 意思決定
    • ⾔語化
    • 可視化
    • 図式化
    専⾨技術が必要 (ハード)
    エンジニアリングには必ずしも
    「専⾨技術が必要」なわけではない
    専⾨技術が不要 (ソフト)

    View full-size slide

  7. :7
    本⽇の内容
    コーディングではない
    3つのエンジニアリングの話
    1. 意思決定の材料を揃える
    2. ⾔語化・可視化する
    3. イニシアチブを取る

    View full-size slide

  8. :8
    意思決定の材料を揃える

    View full-size slide

  9. :9
    (チームでの)意思決定場⾯
    • 課題に対する解決⽅法
    • 施策やタスクの実施順序・実現⽅法
    • 新しい何かにチャレンジする判断
    良い意思決定に必要なこと
    • 認識差異をなくす(ビジネス&プロダクト間等)
    • 選択肢を増やす(別の⽅法でも実現できるかも)
    • リソース状態の把握(リソース有限やること無限)

    View full-size slide

  10. :10
    もしこんな状態だったら…
    仕様決定者と実装者が別 各⾃の持つ仕事量が⾒えない
    優先度と期⽇だけが書かれたタスクリスト

    View full-size slide

  11. :11
    実は…昔のPoiboyチームの状態
    仕様決定者と実装者が別 各⾃の持つ仕事量が⾒えない
    優先度と期⽇だけが書かれたタスクリスト
    実際に使われていたタスク管理⽤スプレッドシート
    iOSだけで独⾃に⾏っていた⼯数⾒積もり
    [PM & プランナー] 仕様とスケジュール決め
    [関係者] 仕様の伝達 (と相談)
    [開発者] デザインと実装
    ⼯数は労働時間でカバー
    実装は開発速度優先

    View full-size slide

  12. 仕様決定者と実装者が別 各⾃の持つ仕事量が⾒えない
    優先度と期⽇だけが書かれたタスクリスト
    実際に使われていたタスク管理⽤スプレッドシート
    iOSだけで独⾃に⾏っていた⼯数⾒積もり
    [PM & プランナー] 仕様とスケジュール決め
    [関係者] 仕様の伝達 (と相談)
    [開発者] デザインと実装
    ⼯数は労働時間でカバー
    実装は開発速度優先 :12
    何が問題か
    • より良い実現⼿段を提案不可
    • ⽬的に沿っているか検証不可
    • ⾃分たちの能⼒を認知できない
    • ⼯数不⾜はパイを無理に⼤きくしてカバー
    • 優先度の基準が曖昧
    • ⼿段とリソースが変化に対応しにくい
    実現に継続性がなく曖昧さも残ったまま

    View full-size slide

  13. :13
    施策仕様決定に開発者も参加 ベロシティ計測
    全員の⾒える場所に貼り出されたタスク
    スプリントバックログ
    バーンダウンチャート
    [全員] 施策の書き起こし
    [全員] 実現⽅法の提案・修正
    [全員] 緊急重要度マップと⾒積もり
    ⾒積もり精度の向上
    持続的な開発
    現在のPoiboyでのスクラムの様⼦
    緊急重要度マップ

    View full-size slide

  14. :14
    施策仕様決定に開発者も参加 ベロシティ計測
    全員の⾒える場所に貼り出されたタスク
    スプリントバックログ
    バーンダウンチャート
    [全員] 施策の書き起こし
    [全員] 実現⽅法の提案・修正
    [全員] 緊急重要度マップと⾒積もり
    ⾒積もり精度の向上
    持続的な開発
    緊急重要度マップ
    得られたもの
    • より良い実現⼿段を提案可能
    • 実現⽅法を全員で考えるように
    • チームやメンバーの能⼒を把握可能に
    • 費⽤対効果の認識がメンバー間で⼀致
    • 優先度の基準が明確に
    • 前後のコンテキストも全てオープン
    継続性効率性が⽣まれ曖昧さが減った!!

    View full-size slide

  15. :15
    振り返ると…
    スクラム開発の導⼊
    = よりよい実現と曖昧さを減らす作業
    正しいエンジニアリングをするには
    スクラム開発をツールとして正しく理解する
    スクラムの各タスクを「なぜ」するのか思い出す

    View full-size slide

  16. :16
    ⾔語化・可視化

    View full-size slide

  17. :17
    可視化・⾔語化が必要な場⾯
    • 数字の羅列やコードから情報を抽出する時
    • コンセプトや仕様の定義・確認時
    • 突発的な⼝頭コミュニケーション発⽣時
    ⾔語化・可視化も曖昧さを減らす⾏為の1つ

    View full-size slide

  18. :18
    昔話
    データ選択・表現上の問題
    • 朝会で数字のリストを⾒ながら話す
    • ツールがスプレッドシートしかなかった
    • KPIに必要なデータがない
    現在
    • ツールを活⽤しながら可視化を推進
    • lookerやFirebaseの導⼊
    • 施策時にログ送信と計測を習慣化

    View full-size slide

  19. :19
    タスクの⼀覧
    2年前 現在

    View full-size slide

  20. :20
    朝会・施策検討で⾒るデータ
    2年前 現在
    (久々に開いたらChromeがフリーズした)

    View full-size slide

  21. :21
    朝会・施策検討で⾒るデータ
    2年前 現在
    (久々に開いたらChromeがフリーズした)
    数値の可視化は曖昧さを削減する
    = エンジニアリングの1つ

    View full-size slide

  22. :22
    ⼝頭コミュニケーションでの問題
    • 記録に残らない
    • 論点が整理されない
    広⽊⼤地 (2018) 『エンジニアリング組織論への招待』 技術評論社
    ࢲ͸҉ࢉ͕͋·ΓಘҙͰ͸ͳ͍ͷͰɺܻಉ࢜ͷ͔͚ࢉΛ͢Δ৔߹ɺ
    චࢉΛ͠ͳ͍ͱղ͘͜ͱ͕Ͱ͖·ͤΜɻ
    தུ

    ͱ͜Ζ͕ɺ࢓ࣄ΍ਓੜͷ໰୊ͱ͍ͬͨʮ͔͚ࢉʯΑΓ໌Β͔ʹ೉͍͠
    ໰୊Ͱɺ͠͹͠͹චࢉͤͣʹղ౴Λ୳ͯ͠͠·͍·͢ɻͦͷචࢉʹ͋
    ͨΔ͜ͱΛख఻͏ͷ͕ɺϝϯλʔͷ໾ׂͰ͢ɻ

    View full-size slide

  23. :23
    業務でのコミュニケーション
    新しいポップアップを
    出す条件どうする??
    カードをスワイプしたら
    もっと滑らかに⼤きくしてほしい
    ダイアログでOFFを選んだかか
    ポップアップで未選択の⼈に表⽰したい
    スクロールのスピードが
    不安定なので直してほしい
    GitHubとTrelloの運⽤が
    よくわからないです…
    (QA担当者)
    (デザイナー)
    (デザイナー)
    (PM&エンジニア) (PM&エンジニア&QA)

    View full-size slide

  24. :24
    業務でのコミュニケーション
    新しいポップアップを
    出す条件どうする??
    カードをスワイプしたら
    もっと滑らかに⼤きくしてほしい
    ダイアログでOFFを選んだかか
    ポップアップで未選択の⼈に表⽰したい
    スクロールのスピードが
    不安定なので直してほしい
    GitHubとTrelloの運⽤が
    よくわからないです…
    (QA担当者)
    (デザイナー)
    (デザイナー)
    (PM&エンジニア) (PM&エンジニア&QA)
    会話の参加者にしか⾒えない曖昧な情報を
    オープンで具体的な情報に変える

    View full-size slide

  25. :25
    図式化やフレームワークでの整理
    直感的に理解でき論点がまとまる

    View full-size slide

  26. :26
    図式化やフレームワークでの整理
    直感的に理解でき論点がまとまる
    ⾔語化 + 図式化 = ドキュメント
    を書くのもエンジニアリング

    View full-size slide

  27. :27
    デザイナーによる⾔語化
    https://note.mu/yuaono/n/n8720ac1c66a5
    【Poiboy】アプリのコンセプト⽂をチューニングした話|Yu Aono|note
    具体的な⾔葉や評価軸を使い
    コンセプトへの曖昧な認識を統⼀

    View full-size slide

  28. :28
    イニシアチブを取る

    View full-size slide

  29. :29
    ⽬の前で問題が起きた時
    • 宙に浮いたタスクが⾒つかったら
    • 朝会で突発的に議論が起こったら
    • ビジネスの⼈が判断に困っていたら

    View full-size slide

  30. :30
    イニシアチブを取ろう
    • タスクが進まない原因を調査し⾔語化する
    • フレームワークに意⾒を整理する
    • 必要なデータを定義してまとめる
    知識や⼿段があっても
    ⾏使しなければやっていないのと同じ

    View full-size slide

  31. :31
    イニシアチブを取ろう
    • タスクが進まない原因を調査し⾔語化する
    • フレームワークに意⾒を整理する
    • 必要なデータを定義してまとめる
    知識や⼿段があっても
    ⾏使しなければやっていないのと同じ
    究極のエンジニアリング = ⾏動

    View full-size slide

  32. :32
    まとめ
    ✓意思決定の材料を揃える
    ✓ ⾔語化・可視化する
    ✓ イニシアチブを取る
    「エンジニアリング」は誰にでも実践可能

    View full-size slide

  33. :33
    参考リンク
    • ⼯学 - Goo辞書
    https://dictionary.goo.ne.jp/jn/72060/meaning/m0u/⼯学
    • 広⽊⼤地 (2018) 『エンジニアリング組織論への招待』 技術評論社
    https://amzn.to/2Lqmuui
    • 【Diverseエンジニア×Looker対談】データドリブンな会社を⽬指して、BIツール
    「Looker」を導⼊!
    https://www.wantedly.com/companies/diverse-inc/post_articles/158192
    • 【Poiboy】アプリのコンセプト⽂をチューニングした話|Yu Aono|note
    https://note.mu/yuaono/n/n8720ac1c66a5

    View full-size slide