Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

エンジニアが成長できる環境とは?

 エンジニアが成長できる環境とは?

Transcript

  1. エンジニアが成長できる環境とは? ecosystem編 Gotanda.EM #2

  2. 自己紹介 2 高山 穣 @minoti112 - 株式会社インターファクトリー - ソフトウェアエンジニア(主にJava) -

    チームマネージャー - エンジニアリングマネージャー
  3. 設立 本社 社員数 2003年6月 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F 約100名 五反田じゃなくて すいません、、

  4. ECでより便利に楽しい社会をつくるシステム 登録会員数 2000万人以上 クラウドEC プラットフォーム として 国内シェアNo1

  5. ※今日話す内容は、 弊社特有の事象も含まれています。 そして、まだまだ改善の途中です。

  6. 6 エンジニアが成長 できる環境とは?

  7. 新しい技術を 学びたい キャリア アップしたい 違う環境で 開発がしたい エンジニアには様々な成長欲求がある プログラミング に集中したい

  8. エンジニアが成長するために 必要なことは何ですか?

  9. 私が現在、エンジニアが成長する ために必要だと思うことは

  10. 向上心 と 環境

  11. 11 向上心

  12. 元も子もないですが、 私は他人の向上心を高める ことはできないと思ってます。

  13. ただし、 他人の向上心を下げることは できます。

  14. 向上心を下げる要因 ※向上心はモチベーションと同じ意味として捉えてもOKです

  15. ⚫ 冷暖房が効かないオフィス ⚫ 周りが騒がしい ⚫ 低スペックPC etc 身体的なストレスを与える

  16. ⚫ 人間関係 ⚫ レガシーな開発環境 ⚫ 形式的な手続き etc 精神的なストレスを与える

  17. ⚫ 評価されない ⚫ 感謝されない ⚫ やりたいことができない etc 承認欲求が満たされない

  18. こういう事象は徹底的に 改善する 必要があります。

  19. では、このような課題を どのように発見して どのように改善するのか?

  20. ⚫ 1on1でメンバーからヒアリング ⚫ 自分自身で仮説を立てて検証 ⚫ 実際の業務を体験する などを通じて、課題を見つけ出す。 課題の見つけ方

  21. で、ここまでは何とかなりますが、 組織改善をしようとすると、

  22. 社内調整が必要だったり、 ややこしい人間関係に巻き込まれたり、 「自分はなぜこんなことをしているのか?」 と自問自答し始めたりして、 いろいろ大変です。。。

  23. そして、エンジニアがマネージャー になりたくないなと思われてしまう 場面でもあります。

  24. ただ、このあたりがEMに対する 適正がわかる場面でもあります。

  25. 組織改善をしてチーム全体のアウトプットを最大化したい EM志向 エンジニアとしての道をきわめていきたい スペシャリスト志向 これはどちらが良い悪いではありません。

  26. 26 環境

  27. 会社はエンジニアが成長するように 様々な制度を作っています。 ⚫ 研修 ⚫ 勉強会参加 ⚫ 資格手当 ⚫ 書籍購入補助

    etc
  28. このような制度を通じて、 エンジニアが 刺激 を受けることはありますが、 成長するとは限りません。

  29. 成長するには、 刺激 を受けて 行動する ことが重要です。

  30. そして、行動は促すのではなく、 自然と 行動せざるを得ない状況 を作る ことができればベストです。

  31. 例えば、エンジニアには プログラミングをする業務を やってもらう。

  32. これ当たり前ですよね?

  33. 実は、以外と難しかったりします

  34. システム開発にも様々な種類がある。 ⚫ 新規開発 ⚫ 追加開発。サービス改善。 ⚫ 保守(問い合わせ、不具合対応) ⚫ QA ⚫

    研究開発 etc そもそも開発を外注していて、 開発に携わるの機会すらない場合もあり
  35. 業務内容によっては、 エンジニアとしてのスキルが 身につかない可能性があります。

  36. ではどうするか?

  37. 正直、試行錯誤してます。。。

  38. 現在やっていること/考えていること 1on1を通じてキャリア志向をヒアリング 希望に合った配属をして満足感をアップ チームローテーション 業務に飽きさせない 新規開発を行っているチームの業務を、他チームのメンバーにも関与させる 新しい技術に触れる機会の創出

  39. まだまだ改善途中です

  40. 40 まとめ

  41. ① 向上心やモチベーションを 上げることは難しいので、 下げないように努力する。

  42. ② メンバーの意識次第で 成長できる環境を作るのではなく、 成長せざるを得ない環境を作る。

  43. ご清聴ありがとうございました