異なるブロックチェーンの安全な連携:コネクションチェーン

 異なるブロックチェーンの安全な連携:コネクションチェーン

■内容:
ブロックチェーンは非中央集権、高可用性、改ざん不能といったデジタル資産の信頼性を担保する特長を持っているため、金融・流通など様々な分野での活用が期待されています。しかし、ブロックチェーンの種類は増える一方で、市場の分断が発生しています。当社では、今後ブロックチェーン同士のデータ交換や連携のニーズが高まってくると考え、異なるブロックチェーンを安全につなげるセキュリティ技術「コネクションチェーン」を開発しました。コネクションチェーンの技術を使うことで、利害が必ずしも一致しないプレイヤーが複数参加する電子商取引市場の推進や、 電子商取引に伴う対価の支払いなど、契約自動化が実現できます。本講演では当社のブロックチェーンの取り組みとコネクションチェーンについてご紹介いたします。

■著者:
富士通研究所 藤本真吾氏

■略歴:
・株式会社富士通研究所 セキュリティ研究所 ブロックチェーン研究センター所属
・ブロックチェーン技術で可能となる共創型ビジネス市場の立ち上げに奔走中