Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

KUBERNETES 上に GO 言語と NOSQL で、 独自のマイクロサービスフレームワークを 構築した話

766b9aeb2d2ff4cb74afc122b77a59fa?s=47 iwask
January 24, 2021

KUBERNETES 上に GO 言語と NOSQL で、 独自のマイクロサービスフレームワークを 構築した話

766b9aeb2d2ff4cb74afc122b77a59fa?s=128

iwask

January 24, 2021
Tweet

Transcript

  1. KUBERNETES 上に GO 言語と NOSQL で、 独自のマイクロサービスフレームワークを 構築した話 株式会社Hexabase 岩崎

    英俊 Copyright 2021 Hexabase, Inc
  2. 自己紹介 岩崎 英俊 / Hidetoshi Iwasaki ⚫ 株式会社Hexabase 代表取締役 CEO

    ⚫ 文系学部出身、システム開発会社でSE経験後、販売・会計・人事システムなどの企業開発 プロジェクトなどに参加 ⚫ SaaS/IaaS事業の企画・立ち上げ・事業運営などを経験 ⚫ 2016 年に起業 ~ クラウドバックエンドのど真ん中にチャレンジ中 ⚫ エンタープライズ BaaS「Hexabase」を提供中 Copyright 2021 Hexabase, Inc
  3. サマリー 1. システム開発に感じてきた課題、起業の背景 2. 開発したクラウドサービス「Hexabase」の特徴 3. Micro-service, k8s, NoSQL, 様々な開発言語などの技術を

    実活用してみた感想 (Q&A形式でふりかえり) Copyright 2021 Hexabase, Inc 3
  4. システム開発に、 こんな課題を持っていませんか? Copyright 2021 Hexabase, Inc

  5. システム開発に感じてきた課題 企業システム開発 ⚫多くのコストと長い期間をかけて開発 ⚫使いやすいものにならない ⚫開発の現場はいつも戦々恐々… Copyright 2021 Hexabase, Inc

  6. システム開発の手段が大きく変わる Copyright 2021 Hexabase, Inc SPA Micro-service API- economy Cloud-Native

    NoSQL
  7. コンシューマ向け技術が先導 Copyright 2021 Hexabase, Inc

  8. 一方で相変わらない現場・・・ Copyright 2021 Hexabase, Inc 身動きできず ⚫ガチガチなモノシリック・アーキテクチャー ⚫スケールアウトできないDB ⚫凍結された開発言語 Web

    APP DB
  9. モダン技術を利用できれば、 企業システムも変わることができるはず・・・ Copyright 2021 Hexabase, Inc

  10. エンジニアの負担は大きい Copyright 2021 Hexabase, Inc (参考)Guide to becoming a modern

    developer Front-end Back-end DevOps
  11. 企業システムをモダン化するための クラウドプラットフォームを作りたい… Copyright 2021 Hexabase, Inc

  12. そんなとき、 すごいエンジニアに会った! Copyright 2021 Hexabase, Inc

  13. CTO:Jeane Paul Banayat Soliva Copyright 2021 Hexabase, Inc 13

  14. いっしょに起業 Copyright 2021 Hexabase, Inc 14

  15. 企業システムのための クラウドサービスを開発 Copyright 2021 Hexabase, Inc

  16. 初期のドラフト 2016 Copyright 2021 Hexabase, Inc ⚫ スケーラビリティ ⚫ 変化への対応

    ⚫ 汎用性 ⚫ 処理スピード あらゆる企業システムを1つのプラットホームで
  17. 当初開発したクラウドサービス Copyright 2021 Hexabase, Inc ⚫ いまでいう『NoCode』指向のサービス ⚫ データベースやワークフローを設定すると、 フロントエンドが動的にできあがる

    ⚫ RPA的な、Bot機能を追加 ⚫ 外部SaaSの連携設定
  18. 学び NoCodeツールの限界 ⚫システム設定だけで、お客様システムを組み上げることの限界 ⚫フロントエンドの要望は、お客で千差万別 Copyright 2021 Hexabase, Inc

  19. バックエンドに特化 Copyright 2021 Hexabase, Inc クラウドDB 設定画面 API 開発会社がUIを開発 Angular

    入力フォーム 案件一覧 新規案 件登録 要件にあわせてUIを制作
  20. 誕生 『HEXABASE』 システム開発会社、エンジニアがお客様 ⚫ クラウド時代のバックエンド機能をまとめたサービス ⚫ フロントエンドは自由開発できる ⚫ バックエンド機能を APIサービスで提供

    ⚫ 開発支援ツールの充実(CLI、SDK) Copyright 2021 Hexabase, Inc 企業システムを短期間・低コストで開発できる
  21. 技術的な特徴 Copyright 2021 Hexabase, Inc 1. Kubernetesによるマイクロサービス管理 2. アプリケーションフレームワークを nodejs/Goで独自開発

    3. 技術トレンドにあわせて.NET C#, Pythonなども活用 4. NoSQL の組み合わせで データストアを実現 5. FaaS(Function as a Service)を組み合わせてバックエンド拡張も可能
  22. マイクロサービスアーキテクチャー まだ、コードベースも小さかった時期にkubernatesを採用 (2016年) Copyright 2021 Hexabase, Inc Proxy Proxy Proxy

    Hexabase Core API services
  23. 5種類のデータベース Copyright 2021 Hexabase, Inc データアイテム 権限関連の制御 ユーザー情報 採番などトランザクション キャッシュ

    全文検索 ドキュメント型NoSQL グラフ型NoSQL 全文検索DB インメモリ高速DB RDBMS
  24. 用途に分けたマイクロサービスを開発 Copyright 2021 Hexabase, Inc

  25. KUBERNETESで運用を最適化 Copyright 2021 Hexabase, Inc はオートスケールによる拡張例 dev staging, production Clusters

    Node Pools Pods Zone: northeast1 (TOKYO) Zone: northeast1 (TOKYO) mongodb mysql elasticsearch dd-agent(※) redis (minio) configctl nginx-ingress beee-lp web-ui apicore importer notificator linkerProxy sentinel(※) Persistent Disks Persistent Disk 1TB Persistent Disk 10GB SSD Persistent Disk 500GB Persistent Disk 10GB (postfix) (nsq)
  26. 実活用してみて Q&A形式でふりかえり Copyright 2021 Hexabase, Inc

  27. マイクロサービスをどのように分割したか? Copyright 2021 Hexabase, Inc

  28. マイクロサービスをどのように分割したか? Copyright 2021 Hexabase, Inc • 受注登録 • ユーザ登録サービス •

    決済サービス • 認証サービス • : • 通常のリクエスト処理 • 大量データ投入 • データの一括更新(遅延処理) • キューイングされた重い処理(順番待ち) • Timer起動される(定期処理) • 外部サービスとのやりとり • 拡張プログラムの実行 • マイクロサービス間通信Hub Function(処理の特性)単位 提供サービス(目的)単位 Hexabaseは こちらを選択
  29. なぜ複数のDBが必要なのか? DBをどのように使い分けているのか? Copyright 2021 Hexabase, Inc

  30. なぜ複数のDBが必要なのか? Copyright 2021 Hexabase, Inc 適材適所 •非構造化データをmongodb •複雑な権限の関連をArrangoDB •全文検索、ファイル内検索でelastic •データキャッシュをRedis

    •採番など厳密なトランザクション管理 にMySQL データアイテム 権限関連の制御 ユーザー情報 採番などトランザクション キャッシュ 全文検索
  31. NOSQLの組み合わせでDBを実現 Copyright 2021 Hexabase, Inc アイテムリンク table_1 table_2 X Y

    Z データベースの関連 個々の データアイテムを MongoDBに格納 データ間の 関連付け情報を保持
  32. グラフDBで、権限管理 Copyright 2021 Hexabase, Inc A G1, G2, G3, G4,

    G5, G6, G7, G7, G8 R1 A B workspace ワークスペース 事業部門 顧客 ClientA ClientB Sales DevOps customers staff A B C H システム管理 admin A members G1 G2 G3 G4 R1 R2 R3 R4 G5 G6 G7 G8 B G2, G3, G4 R1, R2 ユーザAがもつアクセスキー ユーザBがもつアクセスキー ユーザアクセスキー グループアクセスキー ロールアクセスキー
  33. NOSQLの組み合わせでRDB機能を実現 Copyright 2021 Hexabase, Inc 一般的なRDB Hexabase 論理設計(ER表記) どちらも、概念的には同様の表記が可能 関連の保持

    双方でテーブルのキーフィールドを指定 し、論理的に関連をもつ。 関連データの実体を持たない。 それぞれのデータアイテムごとに 関連の実体データ(Item_links)を 持つ。 テーブル間の結合検索 SQL発行時に、各テーブルデータを検索 してJOINする。データ量や構造によって パフォーマンスが劣化するケースがある。 クエリ実行時に、実体の関連デー タをたどってJOINするため、高速。 データ登録・更新・削除時 の挙動 テーブルデータのみを更新し、関連情報 の更新は発生しない。 更新データをもとに、関連データ をUpdateする。 リアルタイム性 ACID特性 ACIDによるデータ整合が完全に担保さ れる。 関連データが作成されるまでの間 に多少のタイムラグが発生
  34. K8Sにしてよかったこと、難しかったこと Copyright 2021 Hexabase, Inc

  35. K8Sにしてよかったこと、難しかったこと Copyright 2021 Hexabase, Inc • 少人数でのサービス管理では、もはや必須ツール • 初期の段階から、DBをpodで運用→マルチクラウド化 •

    DevOpsとの親和性で、さらに効率的に
  36. MICROSOFT AZUREへ • 当初は、GCPで動かしていた • Azure Kubernetes Serviceの登場で移行 • MongoDBなどのDBがpodで稼働していたため、移行が容易

    • 数時間で完全移行完了 Copyright 2021 Hexabase, Inc
  37. 開発言語をどのように選定している? Copyright 2021 Hexabase, Inc

  38. 開発ツールは固定しない • メイン言語は、変わらずGo言語 • .NET が Docker の上で動くようになった。(C#も進化してる!) →次のマイクロサービスをC#で開発 •

    フロントエンドのモバイルアプリも、C#で動いている • FaaS内のコードはPython • フロントエンドはTypeScript など Copyright 2021 Hexabase, Inc
  39. 進歩する技術に追随することの難しさ • 技術ロックされ、ビジネスの足かせになる。 • 二言目には、『全部初めから作り直さなきゃ』 • みえない技術的負債が、ビジネスの足を引っ張る状況 • 常に作り直し続けている。新旧が混在している状態。 •

    マイクロサービスとそれを支える技術の成果 Copyright 2021 Hexabase, Inc BEFORE AFTER
  40. 技術自体の進化 Copyright 2021 Hexabase, Inc ビジネス環境の変化 システムもエンジニアも成長し続ける環境が必要 ビジネスと技術の両立

  41. 今後の機能向上 ⚫ マルチクラウド対応 ⚫ GraphQL ⚫ RDBを利用したデータ管理エンジン ⚫ SDKやCLIの強化 ⚫

    サンプルSPAを、オープンソースで提供 Copyright 2021 Hexabase, Inc
  42. 法人システムも REACT VUE などで開発しまくる時代に Copyright 2021 Hexabase, Inc 古い法人システムをリプレースしよう

  43. Copyright 2021 Hexabase, Inc https://hexabase.com まずはお試しを!

  44. ご清聴ありがとうございました Copyright 2021 Hexabase, Inc