ツールの多い時代のネットワーク(インフラ)エンジニアになって思うこと

02f940926caaa16d4657150117fc6438?s=47 Taisei Ito
July 25, 2020
460

 ツールの多い時代のネットワーク(インフラ)エンジニアになって思うこと

July Tech Festa 2020 登壇資料

02f940926caaa16d4657150117fc6438?s=128

Taisei Ito

July 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. ツールの多い時代の インフラエンジニアになって思うこと #July Tech Festa 20.7.25 Taisei Ito

  2. はじめに質問3つ

  3. ツール、多くないですか?

  4. ツール、多くないですか? • ツールの多さ ◦ プログラミング言語 ◦ OSS ◦ クラウドベンダー •

    全てウォッチ ◦ 日々アップデート/生まれる
  5. 好きなプロダクトありますか?

  6. 好きなプロダクトありますか? • 日々使っているもの • 使いたいプロダクト • 趣味で触ったけど業務でも利用したい • 趣味でもいいから触りたいプロダクト

  7. 伝える時、どうしますか?

  8. 伝える時、どうしますか? • 新卒へ教える時の方法 ◦ これまでの知識と新しい知識 ▪ オンプレとクラウド ▪ Linux ▪

    Infrastructure as Code(IaC)
  9. お前、誰よ?

  10. 自己紹介 • 伊藤 太斉(Taisei Ito) ◦ @kaedemalu(Twitter, Github) ◦ フューチャー株式会社

    ▪ Technology Innovation Group / DX ▪ コンサルタント ▪ インフラエンジニア ◦ #GCP #Terraform ◦ ビールとウイスキー
  11. インフラエンジニアになって • ツールがめちゃめちゃ多い ◦ KubernetesをはじめとするOSS ◦ クラウドベンダーの数 • 好きなプロダクトが出来た ◦

    ずっと触っていたい • 新卒へのインフラの知識を伝える方法
  12. 入りが難しい(と思っている) • インフラの学習コスト ◦ 基礎知識 ▪ Linux ▪ OSI参照モデル ◦

    実践的なものの身に付け方 ▪ 可用性・スケーラビリティ ▪ 障害対応
  13. 今日話すこと • 経歴とインフラにハマったきっかけ • INからOUT • インフラエンジニアのOJT

  14. 経歴 1 ~ インフラにハマったきっかけ ~

  15. 経歴 前職時代 現在 職種 WebのSIer ITコンサルタント ロール Webエンジニア インフラエンジニア 技術領域

    Ruby, AWS GCP, Terraform, Ansible 取得資格 ・AWS Solution Architect Associate ・GCP Professional Cloud Architect ・Terraform Associate
  16. 経歴 前職時代 現在 案件1 社内の開発環 境 移行 案件3 既存環境の 保守開発

    案件2 インフラまで 含めた新規開発 GCPを利用した技術支援
  17. 経歴 前職時代 現在 案件1 社内の開発環 境 移行 案件3 既存環境の 保守開発

    案件2 インフラまで 含めた新規開発 GCPを利用した技術支援 • 社内の開発環境をAWSに移行 ◦ 新卒研修後にインフラを担当 →AWSをここで初めて知った
  18. 経歴 前職時代 現在 案件1 社内の開発環 境 移行 案件3 既存環境の 保守開発

    案件2 インフラまで 含めた新規開発 GCPを利用した技術支援 • 新規案件にてインフラから フロントまで実装 →ガッツリAWSを触ることに  (ECS etc...)
  19. 経歴 前職時代 現在 案件1 社内の開発環 境 移行 案件3 既存環境の 保守開発

    案件2 インフラまで 含めた新規開発 GCPを利用した技術支援 • Railsを使って既存のコード改修 • インフラの改修
  20. 経歴 前職時代 現在 案件1 社内の開発環 境 移行 案件3 既存環境の 保守開発

    案件2 インフラまで 含めた新規開発 GCPを利用した技術支援 • GCPとTerraformを使って 顧客の技術支援 • ずっとインフラを触っている
  21. なぜインフラか • 組み上げることが好き ◦ アーキ図を書いてリソースを作る

  22. なぜインフラか • 組み上げることが好き ◦ アーキ図を書いて

  23. なぜインフラか • 組み上げることが好き ◦ アーキ図を書いてリソースを作る • サービスを動かす根幹をやりたかった • (単純に)楽しい •

    人口の少ないものをやりたくなる ◦ 俗に言う天邪鬼
  24. ツールの使い分けの難しさ • 似たサービスが多い ◦ データベース ◦ コンテナが使えるサービス Cloud Run Kubernetes

    Engine App Engine Container- Optimized OS Cloud Bigtable Cloud Datastore Cloud SQL Cloud Spanner
  25. ツールの使い分けの難しさ • 似たサービスが多い ◦ データベース ◦ コンテナが使えるサービス Cloud Run Kubernetes

    Engine App Engine Container- Optimized OS Cloud Bigtable Cloud Datastore Cloud SQL Cloud Spanner 使い分けの学び方
  26. INからOUT 2

  27. 知識を身に付けるために • 技術書 • 公式ドキュメント • ハンズオン • (なにより)実務 •

    資格取得
  28. 1年以内で取得した資格

  29. Professional Cloud Architect • Google Cloud認定資格 ◦ インフラの要件定義 ◦ 設計

    ◦ プロダクトの選定 ◦ オンプレからの移行
  30. Terraform Associate • HashiCorp認定資格 ◦ 今年4月に開始 ◦ IaCの基礎知識から Terraformの挙動まで ◦

    取得者少ないので 取ってみた
  31. 資格取得で良かったこと • 広く学べる ◦ 普段使わないことも知るきっかけ ◦ 使っているものをより深く知れる • 客観的に能力を知ってもらえる ◦

    知識を保障する ◦ 「〜」が出来る人として認識される
  32. INからOUT

  33. INからOUT • 技術書 • 公式ドキュメント • ハンズオン • 資格取得 •

    発信 • コミュニティスタッフ • 勉強会の開催
  34. 発信する • 会社の技術ブログに寄稿 ◦ だいたいGCPとTerraformのネタ • イベントに登壇 ◦ GDG Devfest

    Shinshu ◦ HashiTalks: Japan
  35. コミュニティスタッフ • CloudNative Days Tokyoの運営 ◦ Promotionチームとして参加 • GCPUG Shonanのスタッフ

    ◦ 月に1度開催している 自分が知りたいことをテーマにできる 何か作り上げるのは楽しい
  36. 勉強会の開催 • GCPの社内勉強会を開催

  37. Q.なぜアウトプットするの?

  38. アウトプットについて • ツールが好き ◦ 好きなものを広めたい、知って欲しい ◦ 「好きこそ物の上手なれ」 • プレゼンスをあげる ◦

    自分を知らない人へのアピールになる (資格取得と似ている)
  39. インフラエンジニアOJT 3

  40. OJTやっています • フューチャーの新人研修 ◦ プログラミングはJava, Javascript, SQL ◦ マナーなど社会人基礎 •

    研修卒業後は案件に参画し、OJTを行う ◦ GCPを使ったインフラの構築 クラウド時代のインフラエンジニアへ
  41. とはいえ... • インフラの基礎知識は共通 ◦ Linuxコマンド ◦ NW構成・設計 • 加えてクラウドの知識 ◦

    スケーラビリティ ◦ マイクロサービスアーキテクチャ 覚えないといけないことが多い
  42. 内容(身につけて欲しいもの) • インフラの基礎知識 ◦ Linuxコマンドの理解 ◦ ネットワーク周り • GCPのサービスを使った構築 ◦

    サービスへの理解と使い分け • Terraformを使ったインフラの構成管理
  43. 結局何からインプットする? • OSI参照モデル • ネットワークの機器の話 • Linuxについて • GCPのサービスについて •

    公開鍵認証
  44. 公開鍵認証方式 • サーバーの中への入る=仕事の始まり ◦ sshできないと作業できない • 普遍的な手段 • セキュリティ的にも大事な部分 ◦

    裏側の動きも理解したい
  45. gcloudコマンドで理解 • ローカルからssh実行 ◦ メタサーバーに問い合わせ ▪ ユーザーのロールetc… ◦ ローカルに秘密鍵 サーバーに公開鍵

    を提供 ◦ サーバーへのsshが可能になる
  46. sshコマンドで理解 • 先ページでキーペアは 設置済み • たとえで説明 ◦ 秘密鍵→鍵 ◦ 公開鍵→鍵穴

    →ペアとして成立して  いるかを確認
  47. 本人の感想 • インフラの世界はイメージしにくい ◦ アプリだとできた、できないがはっきりしやすい ◦ 正常性が最後までわからない ◦ 触ってみないとイメージがつかない ◦

    例えがあるとわかりやすい
  48. Terraformを教える • 研修では扱ってこなかったツール ◦ 書き方が独特 ◦ functionが色々あって使い方、使い分けに悩む ペアプロで書き方(実装)をみてもらう

  49. Terraformを教える 引用:https://www.terraform.io/docs/providers/google/r/pubsub_subscription.html

  50. その他 • Linuxの知識を得るために ◦ LinuCの取得 資格取得 • GCPのサービスを理解するために ◦ 勉強会で発表

    アウトプット
  51. まとめ • ツールが多い時代 ◦ 知識を得る方法さえも多くなってきた ◦ 原理原則はちゃんと知る・教える ◦ 最新のツールとバランスよく学ぶ •

    楽しくやることが一番
  52. フューチャーについて • 大崎にあるITコンサル会社 • 経営戦略から実装、運用までを全てこなす • ベンダーニュートラルの考え方 • 「ないものは作る」

  53. こんな人がいます • Real World HTTPの著者 • Vue.jsのコミッター • Apache Software

    Foundationのボードメンバー • OSS「Vuls」の作成者
  54. ブログも出しています

  55. ご静聴ありがとうございました! • Taisei Ito • Twitter @kaedemalu