Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

エムスリーにおけるクイックな仮説検証の事例 / Hypothesis testing in m3

1901c9d1e07b1fabf753d2f2a2e4eca0?s=47 Kanako Nakamura
November 27, 2019

エムスリーにおけるクイックな仮説検証の事例 / Hypothesis testing in m3

1901c9d1e07b1fabf753d2f2a2e4eca0?s=128

Kanako Nakamura

November 27, 2019
Tweet

Transcript

  1. エムスリーにおける クイックな仮説検証の事例 2019年11月27日 エムスリー株式会社 プロダクトマネージャー 中村 奏子

  2. 中村 奏子 / Kanako Nakamura • 2019年5月エムスリー入社、エンジニアリンググループ 新規プロダクト支援チーム所属のプロダクトマネー ジャー •

    2008年~2019年4月までヤフー株式会社にて勤務。事 業企画を経験後、ヤフオクアプリ等コマース系プロダクト のディレクターとして経験を積みながら、デザイン思考や ユーザーリサーチなど、プロダクトマネジメントの基本を 学ぶ。その後、Yahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPAN トップページのプロダクトマネジメントを担当 • 趣味はアウトドア
  3. 今日お話ししたいこと エムスリーにおける新規プロダクトの立ち上げプロセス と プロダクトマネージャーとしてのやりがい

  4. 発表の流れ 1 2 3 エムスリーにおける新規プロダクトの立ち上げプ ロセス MVPアプリをPdM・エンジニア・QAの3人で 2週間で開発した事例 プロダクトマネージャーとしてエムスリーで働く意 味

  5. 発表の流れ 1 2 3 エムスリーにおける新規プロダクトの立ち上げプ ロセス MVPアプリをPdM・エンジニア・QAの3人で 2週間で開発した事例 プロダクトマネージャーとしてエムスリーで働く意 味

  6. エムスリーにおける新規プロダクト開発は プロダクトマネジメントの基本に忠実

  7. プロダクトマネジメントの基本に忠実 主にプロダクトマネージャー 主にエンジニア 製品を見つける 製品を正しく作る → * 「ソフトウェア・ファーストで医療業界を変える」より https://speakerdeck.com/yamamuteki/change-the-medicine-by-software-first-at-pmconf-2019

  8. 詳細なプロセス PdM/企画/エンジニア等が着想 経営陣が業界のギャップから着想 ビジネスサイド/顧客が着想 仮説検証 MVP PMF * 「ソフトウェア・ファーストで医療業界を変える」より https://speakerdeck.com/yamamuteki/change-the-medicine-by-software-first-at-pmconf-2019

    製品を見つける 製品を正しく作る →
  9. 「製品を見つける力」が求められる

  10. 発表の流れ 1 2 3 エムスリーにおける新規プロダクトの立ち上げプ ロセス MVPアプリをPdM・エンジニア・QAの3人で 2週間で開発した事例 プロダクトマネージャーとしてエムスリーで働く意 味

  11. エムスリーペイシェントサポートプログラム(M3PSP) • 企業の従業員向けに、最適な医療を 選ぶための支援を行うB2E型サービ ス • 医療機関の選び方や治療方針に関 する不安を、エムスリーの専任スタッ フ(看護師・保険師)に相談できる •

    NPSは84と、利用者からの評価が高 いサービス
  12. MVPとしてアプリを開発 ※本アプリはトライアル対象企業の従業員に利用を制限しています

  13. プロジェクトのはじまり • サービスの課題について仮説を立て、事業責任者に課題を 解決するためのプロダクト案を提案し、プロジェクトが始動 • 設定した課題 ◦ サービスは良いが、使わないと良さが分からない? ◦ 良さが分からないと、継続されない?

  14. 仮説検証の進め方 • 仮説検証をクイックに実施するために、2週間でMVP(本事 例ではAndroidアプリ)を開発 ◦ 開発1週間、QA1週間 • 仮説検証はトライアルとして一部企業で実施

  15. 2週間で開発できたポイント 1. MVPのスコープを、基本通り「顧客に価値を提供できる最小 限のプロダクト」とした ◦ 無いと仮説検証が成立しない機能だけをスコープに入れ、あったら便利な 機能は除外 2. MVPアプリのソースコードは捨てる前提で割り切った 3.

    iOSアプリを作らずAndroidアプリのみに絞った 4. サーバーを立てず、Firebaseで完結する設計とした ◦ コンテンツ入稿はFirebaseのDatabaseに直接入稿+Postmanを使って Push配信
  16. 体制 事業責任者 PdM エンジニア QA プロダクトチーム 連携 • 仮説検証の方向性確認 •

    アプリの配布に協力
  17. 発表の流れ 1 2 3 エムスリーにおける新規プロダクトの立ち上げプ ロセス MVPアプリをPdM・エンジニア・QAの3人で 2週間で開発した事例 プロダクトマネージャーとしてエムスリーで働く意 味

  18. プロダクトマネージャーとしてエムスリーで働く意味 • プロダクトマネジメントの基本が忠実に守られている 「製品を見つける」→「製品を正しく作る」 • ビジネスサイド起案の新規事業アイデアについても、仮説 検証から参画できる =無駄なものを作らなくて済む • 上記を通して、「製品を見つける力」が磨かれる

  19. まとめ • エムスリーにおける新規プロダクトの立ち上げは、プロダク トマネジメントの基本に忠実に、製品を見つけてから作ると いうプロセスが踏まれている • プロダクトマネージャーとしては、クイックに仮説検証するこ とで多くの学びを得ることができる

  20. ありがとうございました!