Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

組織や領域を超えて成果を出す チームづくりの設計⽅法

Cbad96d5495a9ba501d2518042c89502?s=47 kazuakiebe
January 28, 2020

組織や領域を超えて成果を出す チームづくりの設計⽅法

2020年1月28日に開催されたニジボックスさん主催の『クライアントワークの現場で⾒えてきたUXデザインの変化とアプローチ』で話したスライドです。

Cbad96d5495a9ba501d2518042c89502?s=128

kazuakiebe

January 28, 2020
Tweet

Transcript

  1. クライアントワークの現場で⾒えてきた UXデザインの変化とアプローチ 2020.01.28 組織や領域を超えて成果を出す チームづくりの設計⽅法 江辺 和彰

  2. 江辺 和彰 えべ かずあき 株式会社コンセント ディレクター/プロジェクトマネージャー #Webデザイナーとしてキャリアをスタート #デザイン、コーディング、 システム構築など広く浅く #B型 #浅草出⾝ #実家が銭湯 #⺟親が沖 縄 #ビール好き #ループウィラー #タコマフジレコード

  3. http://www.concentinc.jp / コンセントは、企業と伴走し活動を支えるデザイン会社です。 事業開発やコーポレートコミュニケーション支援、クリエイティブ開発を、 戦略から実行まで一貫してお手伝いします。 コンセントについて

  4. None
  5. None
  6. None
  7. None
  8. 経済の発展、ITの発達にともない、 社会における価値観は多様化。 ネットやモバイル、AIといったITの普及によって、 システム⾃体の変化のスピードが⾶躍的に加速。

  9. 変化に対応するために クライアントワークの現場でも 従来型のウォーターホール開発 アジャイル型の開発

  10. 制作会社 1つのチーム ↔ 変化に対応するために クライアント 制作会社 + = クライアント

  11. コンセントでもプロジェクトブース専⽤ サテライトオフィスをオープン

  12. 組織や領域を超えた チームビルディングをするための10のポイント

  13. ベタだけど、キックオフで⾃⼰紹介ワークを⼊れる POINT 1 意外と発⾒がある

  14. ベタだけど、プロジェクト名をみんなで決める POINT 2 ファイル送付の共通PWも ⼀緒に決めたり

  15. MTGでは、あえてミックスした席で座る POINT 3

  16. 悩んでいるポイントも含め、途中経過を共有する POINT 4

  17. コミュニケーションはオープンに POINT 5

  18. スケジュールやプロジェクトリスクなど可視化する POINT 6

  19. 共通⾔語を探る POINT 7

  20. 予算・スケジュールのバッファを把握しておく POINT 8

  21. 場所を変えて気分転換する POINT 9

  22. うまくリリースができたら、リリース⽇に打ち上げをする POINT 10

  23. まとめ

  24. 制作会社 1つのチーム ↔ 変化に対応するために クライアント 制作会社 + = クライアント

  25. 組織や領域を超えた チームビルディングをするための10のポイント 1.⾃⼰紹介をする 2.プロジェクト名を決める 3.混ざって座ってMTG 4.途中経過も共有 5.オープンなコミュニケーション 6.情報は可視化 7.共通⾔語を探る 8.バッファを把握しておく

    9.ときには場所を変えて気分転換 10.リリース⽇に打ち上げる
  26. Thank You! Kazuakiebe _ebe 採⽤もお仕事も気軽にご相談を!

  27. None