Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

RPAで 成功に近づくためのTips!

RPAで 成功に近づくためのTips!

De96bf5df1407e8c7b22a970c265c809?s=128

kazushi-eguchi

October 08, 2020
Tweet

Transcript

  1. RPAで 成功に近づくためのTIPS!

  2. 自己紹介 •ピクジ (江口 和志) • エンザントレイズ株式会社 • 愛媛在住 •RPACommnity愛媛主催

  3. RPA成功に必要な条件 UI認識 画像認識 フローチャート 拡張性 実は違います! 実は違います!

  4. RPA導入は目的ではない! 業務分析 調査力 柔軟性 業務改善力 何で解決するかではなく、どう解決するか!

  5. よく耳にする失敗 根本的な業務改善をしていなかった 業務把握不足 100%想定で進めてしまった プロセスそのものの自動化に失敗 製品がマッチしていなかった OCR・・・

  6. じゃあどうする?

  7. 既存サービスの活用 EBに人間が1件1件、手入力しているのを自動化したい! セレニウムで操作して云々・・・ システムが複数あり、重複する手入力を自動化したい 画像認識やUIでシステムを操作して・・・ 基幹システム変えましょう!! 振込は代行会社に任せてデータ作成を自動化しましょう!!

  8. RPAはいらないの?

  9. RPAは業務改善のためのツールの一つ それでも必要な部分にRPAを使いましょう。 RPA自体がコンパクトになり安定したものを作りやすくなる。 人間にしかできないことに集中するための効率化であり、 RPA導入が目標ではない

  10. RPAの成功例

  11. 携帯ショップの場合 課題:毎月1,500件の振込情報を人間が全件手入力 2週間かかっていた作業が1日でおわった! メール スプレッドシート エクセルに統合 印刷 銀行 専用フォーム スプレッドシート

    振込代行業者 エクセルに統合 データ作成(VBA) チェック
  12. そのときのRPAは?

  13. 実は製品使ってないです・・・ パイソン使いました

  14. 大事なこと RPAを導入して 業務効率化する 業務効率化のため RPAを導入する

  15. まとめ ・ RPAでの自動化にこだわらない ・ まずは業務を見直そう ・ 既存の製品でできることはやってしまおう! ・ RPAにあった設計を ・

    RPAは手段であり、目的ではない!!
  16. • エンザントレイズ株式会社 江口 和志 エンザントレイズ株式会社 03-5812-7214 k_eguchi@enzantrades.co.jp https://www.enzantrades.co.jp 個人携帯番号 090-5714-0685

    https://www.facebook.com/kazushi.eguchi