Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

業務と消費者の体験を同時にデザインする リクルートの価値検証のリアル ー 「Airレジ ハンディ」セルフオーダーの ブレない「価値」の確かめ方 ー

川崎絢司
October 27, 2020

業務と消費者の体験を同時にデザインする リクルートの価値検証のリアル ー 「Airレジ ハンディ」セルフオーダーの ブレない「価値」の確かめ方 ー

pmconf2020で登壇させていただいた内容です。

川崎絢司

October 27, 2020
Tweet

Other Decks in Design

Transcript

  1. マスタ タイトルの書式設定

    1
    株式会社リクルート

    ネットビジネス本部

    川崎 絢司

    業務と消費者の体験を同時にデザインする

    リクルートの価値検証のリアル


    ー 「Airレジ ハンディ」セルフオーダーの

    ブレない「価値」の確かめ方 ー

    (C) Recruit Co., Ltd. All rights reserved.

    View Slide

  2. リクルートは、中小規模店鋪における

    「業務・経営」課題を扱っている。

    彼らが本当にやりたいことに集中できるように
    する。

    「人がやる価値がある業務」と

    「人がやらなくてもいい業務」を見極め、


    日々のスピーディな業務を阻害せず、

    価値を正確に定義し、

    プロダクト化する必要がある。

    2
    なぜここにリクルートが?


    View Slide

  3. 新規プロダクトの立ち上げにおける


    価値検証

    3

    View Slide

  4. 株式会社リクルート

    「Airレジ ハンディ」セルフオーダー PdM 

    川崎絢司

    ~2015 渋谷ITベンチャー 新規サービス研究開発部

    ● スマートカートによる店内販促支援価値検証

    ● メーカー向け販促メディア立ち上げ

    2015~ リクルートライフスタイル

    ● 位置情報・POIを使ったリアル店鋪集客サービス検証

    ● 来店スタンプアプリを使ったリピート販促支援検証

    ● 「Airレジ ハンディ」セルフオーダー立ち上げ

    4
    私と価値検証


    View Slide

  5. 5
    「Airレジ ハンディ」セルフオーダーとは


    View Slide

  6. 6
    印刷したQRコードをスマホで読み取って

    店員を気にせず

    好きなタイミングで注文

    「Airレジ ハンディ」セルフオーダーとは


    View Slide

  7. 7
    リリースまでの流れと3つのフェーズ


    View Slide

  8. 8
    この30分で持ち帰れること


    View Slide

  9. 0. 前提

    飲食店の問題と課題

    9

    View Slide

  10. フロアスタッフがボトルネックになっている。

    10
    飲食店のオペレーションプロセス


    View Slide

  11. 課題は、安価で、人に依存しない構造にすること。



    11
    飲食店の問題と課題


    View Slide

  12. 12
    この30分で持ち帰れること


    View Slide

  13. 13
    プロダクトの価値は、交換。

    対価とセットで定義する

    1. 価値定義


    View Slide

  14. Q : プロダクトの「価値」を

    どう整理するか?

    14

    View Slide

  15. 15
    よくある価値定義


    View Slide

  16. 16
    価値と対価の等価交換


    View Slide

  17. 17
    QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です
    価値と対価のセットで定義する


    View Slide

  18. 源泉が途絶えたら、ループが止まり、サービスが死ぬ。

    18
    価値・対価の因果ループと源泉


    View Slide

  19. 19
    この30分で持ち帰れること


    View Slide

  20. ー #1 検証の成果設計 ー


    検証は、研究ではない。

    判断のための学習行動

    20
    2.プロトタイプ

    (価値検証)


    View Slide

  21. Q : 検証は何のためにやる?


    確かめる → YES/NOを判断する

    21

    View Slide

  22. 最初に、検証の結果判断したいことと、そのためのわかりたいこと、「これがあれば判断
    できる」アウトプットを明確に定義しておく。

    22
    判断内容と必要なアウトプット


    View Slide

  23. ー #2 不確実性マップ ー


    初期に、致命的な不確実性を見定
    める

    2.プロトタイプ

    (価値検証)

    23

    View Slide

  24. Q : 何を検証すれば「いい」のか?

    24

    View Slide

  25. 25
    Q : 価値定義が成立するためには、

    どこが確かめるべき怪しい点か?


    View Slide

  26. 26
    4つの不確実性の観点


    View Slide

  27. 27
    【Usability】来店客は、使ってくれるか?

    【価値】(店員を呼ぶより)簡単に感じてもらえるか?

    【Usability】スタッフはQR配れるか?

    【価値】業務が楽になるか?

    価値の源泉・キャッシュポイント中心に検証する

    【価値】客単価・人件費効果創出できるか?

    【Usability】N円で買ってくれるか?


    View Slide

  28. 最初に、検証の結果判断したいことと、そのためのわかりたいこと、「これがあれば判断
    できる」アウトプットを明確に定義しておく。

    28
    (再掲)判断内容と必要なアウトプット


    View Slide

  29. ー #3 ハイファイプロト ー


    「最重要な不確実性の検証」

    に振り切る

    29
    2.プロトタイプ

    (価値検証)


    View Slide

  30. 30
    不確実性の解消に振り切る。検証したい対象の体験再現度以外は、ハリボテ。

    ハイファイプロト vs MVP


    View Slide

  31. 31
    価値の源泉部分は高忠実度の体験を。検証点外はアナログで。

    ハイファイプロト


    View Slide

  32. 32
    ハイファイプロト


    View Slide

  33. 検証結果を集計。設計した最終判断部分を評価する。

    33
    検証結果と判断


    View Slide

  34. 34
    この30分で持ち帰れること


    View Slide

  35. ー #1 価値の3品質 ー


    MVPの「最小限」のラインを

    定義する

    3. MVP

    (製品検証)

    35

    View Slide

  36. MVP = Minimum Viable Product


    Q : どこまで実装すればいい?

    36

    View Slide

  37. 37
    もちろん、前提としてこの辺りは考えた上で・・・


    View Slide

  38. 38
    「価値・対価の因果ループ」が成立し続けること。

    Q : 「最小限の価値がある」 とは?


    View Slide

  39. ①課題を価値・対価ループのステップ毎に区切る

    ②課題を価値・対価ループへの影響度で優先度をつける(価値の3品質)

    ③目的別でフェーズに分け、リリーススライスを切る

    39
    MVP検証でどこまで実装するか?(優先度と順序)


    View Slide

  40. 40
    ①課題を価値・対価ループのステップ毎に区切る


    View Slide

  41. 「その問題によって、価値と対価のループを止めるか?」を案件やる・やらないの判断軸と
    する。

    41
    ②価値・対価ループへの影響度(価値の3品質)


    View Slide

  42. 42
    ③フェーズを分ける


    View Slide

  43. 43
    ex) セルフオーダーのMVPスコープ


    View Slide

  44. 44
    MVP中のダブルトラックアジャイルーStepProject


    View Slide

  45. 45
    MVP


    View Slide

  46. ー #2 対価と

    Lagging/Leading Indicator ー


    「対価」で

    PMFの「熱狂」を判断する

    46
    3. MVP

    (製品検証)


    View Slide

  47. Q : いつ、MVPから製品版に

    移行すれば「いい」?

    47

    View Slide

  48. 48
    「(移行すれば)いい」 

    = 大きく水漏れしない

    = 価値定義が成立し続けている


    View Slide

  49. 49
    Q : 水漏れを予見するには?


    View Slide

  50. 価値・対価がLagging / Leading Indicatorとなる。

    50
    どの項目をIndicatorとするか


    View Slide

  51. キャッシュポイントの価値・対価の交換が成立する臨界点を見つける。

    51
    どの水準を「熱狂」と判断するか


    View Slide

  52. 52
    定性と定量で、価値交換のロジックを得心する


    View Slide

  53. 1. 狙ったセグメントで、価値・対価の交換が成立し続けている

    2. ループが成立する理由・心理・ロジックが説明可能である

    3. (事業見立てがある = 事業にとっても価値・対価が見合う)

    53
    ↓

    Go to Market !!!

    PMFの「熱狂」を判断する


    View Slide

  54. まとめ

    54

    View Slide

  55. 55
    まとめ


    View Slide

  56. Air ビジネスツールズ

    UXデザイナー採用サイト

    ご清聴ありがとうございました!!

    56
    「Airレジ ハンディ」セルフオーダーの立ち上げ初
    期の「ブレない価値の軸」の作り方

    リクルート Air ビジネスツールズ プロ
    ダクトデザイン | note

    より踏み込んだQ&Aは、

    Discord、Meetyのカジュアル面談で!!

    Meety

    カジュアル面談ページ


    View Slide