Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

研究室の成果を広く伝えるバーチャル展示室 / Virtual Open Laboratory

2f32e7737847acd7758e800b9757714b?s=47 K Ito
October 18, 2020

研究室の成果を広く伝えるバーチャル展示室 / Virtual Open Laboratory

#VRSionUp!9 VTech Challenge 2020 Final / 最終発表会 発表資料
https://vr.gree.net/lab/vtc/vtc20/

Fri Oct 23 2020 @Mozilla Hubs, Online

2f32e7737847acd7758e800b9757714b?s=128

K Ito

October 18, 2020
Tweet

Transcript

  1. 研究室の成果を広く伝えるバーチャル展示室 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 修士2年 伊東 健一

  2. 研究室の成果発表に使えるHubsシーンを制作しました 入り口:http://www.lhei.k.u-tokyo.ac.jp/#demo 2

  3. About Us 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 割澤・福井・米谷・伴研究室(人間環境情報学分野) ▪ 千葉県・柏キャンパスを主な拠点とする研究室です ▪ 安全・安心・快適な生活環境・生産現場の実現を キーワードに,環境に溶け込む支援デバイスの

    研究を行っています ロボットシステム VRによる感覚拡張・触覚デバイス ナノセンシングデバイス 3
  4. 制作背景 ▪ COVID-19の影響で,研究成果をアピールする場が激減 – 毎年恒例のOBOG向け成果報告会は,昨年度は中止に…… – 一般の方に研究をご紹介する「柏キャンパス一般公開」もオンライン実施 [1] ▪ 一方で,ソーシャルVRを活用した研究発表の事例が増えている

    目的 学部学生,一般の方,OBOG等へ,インタラクティブな研究紹介ができるHubsルーム構築 [1]東京大学柏キャンパス共同学術経営委員会,東京大学柏キャンパス一般公開2020 IEEE VR 2020 (Hubs) 第25回日本VR学会大会(Hubs) バーチャル先端研公開2020 (cluster) 4
  5. なぜHubsを選ぶのか? 1. インストールやアカウント作成不要と いう圧倒的メリット – Webブラウザだけで参加可能 – 参加までのハードルがとても低い 2. 資料の設置しやすさ

    – 画像,動画,3Dモデルを簡単に置ける – ポスターやデモ形式の発表に合っている 3. UIが日本語に対応した(10月3日) – 英語に抵抗感ある層にも薦めやすい 5
  6. 制作で重視したコンセプト VRや3D操作に不慣れな訪問者でも移動しやすい空間設計,案内配置 来場者に優しい空間作り Webリンクを使って,円滑に発表資料を設置・差し替えできる スムーズに発表できる資料設置 研究室の広報の一環として常設できる,研究のワクワク感が伝わる空間 ワクワク感のあるバーチャル空間 完成1ヶ月前のキックオフ会議で先生方に頂いた「要求仕様」 6

  7. メイン展示室:入口を明確に設けた六角形配置 来場者に優しい空間作り 入口 ▪ 初めての訪問者でも方向が分かるよう,あえて回転対称ではない六角形に ▪ 操作に不慣れでも移動できるよう,曲がり角がない見通しのいい空間 ▪ 振り向かなければ目に入らない背面の壁には,展示を配置しない 7

    入口から,展示のある壁が全て見える
  8. メイン展示室:入口を明確に設けた六角形配置 来場者に優しい空間作り 入口 ▪ 初めての訪問者でも迷わないよう,あえて回転対称ではない六角形に ▪ 操作に不慣れでも移動できるよう,曲がり角がない見通しのいい空間 ▪ 振り向かなければ目に入らない背面の壁には,展示を配置しない 8

    入口から,展示のある壁が全て見える このアイデアの嬉しい点 ▪ VR/3Dに慣れない参加者がいても,スムーズに進行できる このアイデアの嬉しくない点 ▪ 展示物がとても多いイベントには使えない(Vketなど) ▪ 視界に入る物体数が多いと負荷がかかってしまうため
  9. スポーン地点から展示室への導線 ワクワク感のあるバーチャル空間 ▪ あえて一本道の廊下を経由させ,操作説明や諸注意を確実に見せる ▪ 廊下を挟んで景色が変わることで,展示空間に入っていくドキドキ感も演出した 9 来場者に優しい空間作り スポーン地点:操作説明 廊下:諸注意

    展示会場に入った直後
  10. スポーン地点から展示室への導線 ワクワク感のあるバーチャル空間 ▪ あえて一本道の廊下を経由させ,操作説明や諸注意を確実に見せる ▪ 廊下を挟んで景色が変わることで,展示空間に入っていくドキドキ感も演出した 10 来場者に優しい空間作り スポーン地点:操作説明 廊下:諸注意

    展示会場に入った直後 このアイデアの嬉しい点 ▪ 「操作や展示の見方が分からなくてすぐ離脱」という悲劇を防げる このアイデアの嬉しくない点 ▪ 展示にたどり着くまでの時間が長い → Enchanさんの“Gekko”で使われた,リンクによるワープ移動で解決しそう
  11. Googleスプレッドシートによる資料設置 スムーズに発表できる資料設置 ▪ 発表者が,多数の発表資料をSpokeやHubsで設置作業するのは大変 ▪ 設置後に資料の差し替えが必要になることも多い ▪ Pinを忘れて消えてしまう,誤って動かしてしまうなどリスクもある →事前に設置したURLのリダイレクト先をGoogle Sheetsで管理するWeb

    API実装 11 Googleスプレッドシート Hubs/Spoke Cloud FireStore Cloud Functions for Firebase Sheets API 発表担当者
  12. Googleスプレッドシートによる資料設置 スムーズに発表できる資料設置 ▪ 発表者が,多数の発表資料をSpokeやHubsで設置作業するのは大変 ▪ 設置後に資料の差し替えが必要になることも多い ▪ Pinを忘れて消えてしまう,誤って動かしてしまうなどリスクもある →事前に設置したURLのリダイレクト先をGoogle Sheetsで管理するWeb

    API実装 12 Googleスプレッドシート Hubs/Spoke Cloud FireStore Cloud Functions for Firebase Sheets API 発表担当者 このアイデアの嬉しい点 ▪ 資料の設置・差し替えがとにかく楽(スプレッドシートにURLを貼るだけ!) ▪ Hubsシーン制作担当と,資料設置担当が完全に分業できる このアイデアの嬉しくない点 ▪ あまりに大量のリクエストがあるとGoogle先生に課金される
  13. 3Dモデル展示 ワクワク感のあるバーチャル空間 ▪ 研究で製作しているロボット・装置 の3D CADモデルを展示した ▪ CADデータから変換したモデル 数十万ポリゴンと重く,ポリゴンを削減 アンビエントオクルージョンをテクスチャ

    にベイクし,Hubsでの見栄え改善 13
  14. 3Dモデル展示 ワクワク感のあるバーチャル空間 ▪ 研究で製作しているロボット・装置の3D モデルを展示した ▪ CADデータから変換したモデル 数十万ポリゴンと重く,ポリゴンを削減 アンビエントオクルージョンをテクスチャにベイ クし,Hubsでの見栄え改善

    14 このアイデアの嬉しい点 ▪ 研究室の既存資産であるCADモデルで,バーチャルならではの展示ができる ▪ 展示室のシンボルとして,空間演出の効果も このアイデアの嬉しくない点 ▪ CADから変換したモデルはやっぱり重い(モデリング素人の限界)
  15. まとめ:研究室の成果を広く伝えるバーチャル展示室 ▪ VR/3Dに慣れない参加者でも回れる空間設計 ▪ 操作方法や諸注意を確実に見てもらう導線 ▪ 資料URLを簡単に差し替えできるシステム ▪ 既存のCADデータを活用した3Dモデル展示 「東京大学柏キャンパス一般公開」の

    一環として,ルームを公開しています! http://www.lhei.k.u-tokyo.ac.jp/#demo 15