Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コーディング試験Codility運用の実態と実績

615aaaf8bc33ee849b33fe36ac88704d?s=47 k0000i
November 26, 2018

 コーディング試験Codility運用の実態と実績

スマートニュースのエンジニア採用を事例に挙げながら、コーディングテストの一つである"Codilty"の運用内容の説明を目的としたプレゼンテーションの際に使用した資料でございます。

615aaaf8bc33ee849b33fe36ac88704d?s=128

k0000i

November 26, 2018
Tweet

Transcript

  1. コーディング試験(Codility)運用の実態と実績 @k0000i

  2. コーディング試験とはどのようなものか • スポーツでいえば基礎体力に相当する、コンピュータサイ エンスの基本理解度を見るためのもの • 主な導入企業 ◦ amazon Intel EAなどなど

    • 多数の言語で受験可能 ◦ 弊社ではVisual Basicでも回答することができます
  3. 候補者はどのようなフローで試験を受けるのか

  4. 候補者はどのようなフローで試験を受けるのか 2時間で2問の設問

  5. 候補者はどのようなフローで試験を受けるのか FAQにありますが、 IDEは使用可能です

  6. デモテストや練習問題 • https://app.codility.com/demo/take-sample-t est/ • https://app.codility.com/programmers/less ons/1-iterations/ • ここで話していることは、チラシにも書いてありま す

  7. レポートの運用方法 • 正確性スコア:実際の業務でも問題を起こしそう なケース • パフォーマンススコア:超でかいデータ量をつっ こんだケース • この2つの平均でスコアが出ます •

    どこを重視するかは企業しだいになります
  8. レポートの運用方法 なるべく良いところを拾おうとしています コードテストだけで実力を 測ることは不可能であり、 真の能力は面接で直接確 認することが必須

  9. レポートの運用方法

  10. レポートの運用方法 • どうやってコーディングされているかも見えます • どういう考え方をしてプログラムを書かれている かを見ることもあります • 時間の使い方も見ています。 • 実際に見てみましょう

    • https://app.codility.com/public-report-detail/
  11. 結果をどのように利用しているのか • コードテストだけで実力を測ることは不可能であり、真の能力は 面接で直接確認することが必須 • 採用プロセス:書類選考+コードテスト→面接 • テストスコアは社内の機密情報として、関連部署内でのみ管理さ れている

  12. 過去の実績 • 期間:4年以上 • 平均スコア:相当低い 難しそうだと思っても心配しないでください。完璧は求 めておりません • 満点の%:3.1% •

    ゼロ点の%:16.7%
  13. おまけ:チートのお話 • 基本受験直後にメールで報告がくる • 面白いチートの方もいる • あやしいなと思ったら面接でコードの意味を確認するよ うにしている ◦ あやしいなと思わなくても面接でコードの意味を聞く

    こともあるのでご安心ください
  14. ご静聴ありがとうございました

  15. Appendix

  16. ★ 海外勤務に興味がある ★ 今は英語に自信がないけれど、 将来は海外で働いてみたい ★ 日本に住みつつ、出張などで 海外に行って情報収集をしたい ★ 日本から出るつもりはないが、

    英語にはなるべく触れていたい 漠然と、もしくは明確に、海外のことを 考えていらっしゃる皆様に、海外展開に フォーカスしているスマートニュースの海 外補助制度をご紹介致します あなたにおすすめ ・英語学習の補助が充実!月 3万円まで (特定校だと月10万円以上)語学学校など への学費補助があります! ・グローバル展開の歴史が長く、 サンフラ ンシスコやニューヨークなどにオフィスがあ り、社員交流が活発です! ・自主渡航制度があり、 半年毎に1回、海 外カンファレンスに参加可能です! ご興味があれば、本日登壇の Koi Onishi がご説明します。懇親会や Twitterなどで、 気軽にお声がけください!           Twitter: @k0000i