Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社レコモット採用ピッチ資料

 株式会社レコモット採用ピッチ資料

応募者向けの採用ピッチ資料です。

レコモット採用担当

November 08, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. レコモット 会社紹介資料 1 2022年12月更新

  2. 目次 企業概要 サービス案内 働く環境 選考フロー 2

  3. 企業概要 3

  4. 会社名 :株式会社レコモット 代表 :東郷 剛 設立 :2005年11月 資本金 :134,544,500円 従業員数

    :74名(2022年10月1日現在) 所在地 :東京都千代田区麹町3-3-8 麹町センタープレイス8F 事業内容 :携帯電話関連製品の開発・販売・運用 コミュニケーションシステムの受託開発 4 企業概要
  5. 社名の由来 私たちはコンピュータやスマートデバイス、ネットワークの相互疎通、 つまり世界中の人々のコミュニケーションを繋ぐための技術 「Relational Communication and Mobile Technology」 をコンセプトに、 コミュニケーションに関わるあらゆるサービスを提供して社会の繁栄に貢献します。

    5
  6. レコモットのビジョン Envision Your Style 誰もが「Your Style」を制約なく実現できる社会 私たちレコモットは、「つなげる×テクノロジー」によって、 新たな時間と機会を生み出し、あなたらしい価値を創造する支援をします。 そして、つながった全ての人たちが、 こうありたいと心から願う

    Work Style と Life Style を 「Your Style」として実現し、 多様な「あなたらしさ」が尊重される社会を目指します。 6
  7. 7 Envision Your Style 誰もが「Your Style」を制約なく実現できる社会 テクノロジーによって、 あらゆるコミュニケーションのハブとなる Fun to

    try. 変化を愉しみ、まずやってみる! Take initiative. 誰かではなく、自分が動く! Beyond the team. チームを超えて、違いを生み出す! Vision 未来像 Mission 使命 Values 行動指針 Vision Mission Values
  8. Fun to try. 変化を愉しみ、まずやってみる! Take initiative. 誰かではなく、自分が動く! Beyond the team.

    チームを超えて、違いを生み出す! 目的を持ち、方法を考え、挑戦の第一歩を踏み出す。 結果から学び、変化を愉しみ、やり続ける。 主体性を持って、未来像を描き、自ら課題に挑み、 プロフェッショナルとして結果と成長にコミットする。 チームの枠にとらわれず、対話することで、 互いを受け入れ、多様性を尊重し、違いを生み出す。 レコモットのバリューズ(行動指針) 8
  9. 代表取締役CEO 東郷 剛 取締役CFO 竹岡 昌宏 取締役 吉田 周平 1992年にアスカコンサルティングでワークフローシステムの企画開発に従事。1996年にディー・アンド・ビー・テクノロジー・アジ

    アにて、国産ソフトウェアベンダでマーケティング職に従事。2005年に旧親会社の元で竹岡と共同で創業し、代表取締役 CEOへ就任。2010年 旧親会社から全株式を取得して独立し、レコモットに社名変更 1991年に三井物産株式会社に入社。財務、経理、経営企画業務に従事、その間、関係会社のIPO案件を経験。 2005年に東郷と共同でレコモットを創業。その後、2009年に株式会社サイバードに移り、コーポレート部門を管掌。2018年 に再びレコモットに復帰し現取締役CFO。 1999年にコベルコソフト神戸(現:コベルコソフトサービス)に入社し業務システム開発に従事。その後、海外ITベンチャー での開発経験後、2004年に株式会社イノシス研究所入社(現:当社)。複数のプラットフォームアプリ開発を牽引。 現在、ディベロップメント、プロダクト管理部の管掌取締役。 9 取締役 谷口 裕志 1997年にSAPジャパン株式会社に入社。新製品事業担当部長 に従事、外資系ERPの新製品のローンチを複数経験。 2009年に株式会社野村総合研究所に入社、 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社へ出向。 同社のクラウドサービス事業統 括に従事したのち、2020年にレコモットへ参画。セールス&マーケティング管掌取締役 役員紹介
  10. 組織 デベロップメント部 取締役会 監査役協議会 株主総会 経営管理部 プロダクト管理部 セールス&マーケティング部 役 員:7名

    従業員:74名 (2022年10月1日 現在) 10
  11. 多国籍 5年で7倍、成長する組織 2017年3月末 11名(役員を除く) 2022年10月1日 74名(役員を除く) データで見るレコモット(多様性のある人材) 平均年齢 38.9歳 15%

    39% 35% 11% 20代 30代 40代 50代以上 64% 36% 男性 女性 46% 39% 15% プロダクト ビジネス コーポレート 11
  12. 社員の出身企業 12 • 株式会社一休 • 出光興産株式会社 • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 • 株式会社エスクリ

    • エン・ジャパン株式会社 • オムロン株式会社 • 株式会社カカクコム • 株式会社サイバード • SAPジャパン株式会社 • シャープ株式会社 • 株式会社JTBベネフィット • 株式会社スタッフサービス • ソフトバンク株式会社 • 第一生命保険株式会社 • タマホーム株式会社 • DELL株式会社 • 株式会社デンソーウェーブ • 株式会社東京個別指導学院 • 株式会社ナビタイムジャパン • 日本アイ・ビー・エム デジタルサービス株式会社 • 株式会社ネオキャリア • 株式会社野村総合研究所 • パーソルキャリア株式会社 • 株式会社マイナビ • 株式会社マネーフォワード • 三井情報株式会社 • 三井物産株式会社 • ヤマトシステム開発株式会社 • 株式会社 LIXIL
  13. サービス案内 13

  14. 今いる場所が オフィスになる サービス開始 2007年6月~ https://moconavi.jp/ テレワークにおけるセキュリティとユーザビリティを両立します。 moconaviを中心に様々な業務アプリと連携させることで、 どこにいても“セキュアなテレワーク環境”を実現します。 14 moconavi

    サービス紹介
  15. 法人・商用向け リモートデスクトップ サービス開始 2020年12月~ https://moconavi.jp/splashtop_lp/ 社外から会社のPCにリモートでアクセスし、画面転送技術を 使用して普段と同じように業務アプリやソフトを使った データ閲覧・編集ができるリモートデスクトップです。 ※「moconavi RDS」は「Splashtop」のOEMサービスです。

    15 moconavi RDS サービス紹介
  16. 法人向け050番号の 電話サービス サービス開始 2020年2月~ https://moconavi.jp/moconavi050_lp/ 個人の携帯電話に050番号を付与することでビジネスと プライベートで番号と通話料を使い分けできる。 クラウド電話帳でアドレス情報を一元管理できるほか、 発着信履歴を端末に残さずセキュリティも万全。 個人端末をビジネス利用するBYODに最適です。

    ※「moconavi 050」は「楽天コミュニケーションズ モバイルチョイス050」のOEMサービスです。 16 moconavi 050 サービス紹介
  17. 世界シェアNo1! リモートデスクトップサービス ユーザーの数だけビジネス用050 番号を付与! リモートデスクトップで 社内PCアクセス 認証連携(SSO) オフィスへの電話を 050に転送! (050+着信連携)

    セキュアMAM Microsoft365もオンプレもこれ1つ! セキュアなリモートアクセス。 VPN不要で、高いセキュリティのリモートアクセス! ビジネスとプライベートを分けられるmoconaviで、リモートワーク全ての課題を解決! リモートワークを支えるビジネスツール 17
  18. 端末紛失リスク 端末にデータが残らないので 紛失時のリモートワイプも必要ない ウィルス感染リスク 端末がマルウェアに感染しても アプリ内(=社内)に侵入しない moconavi アプリを使用すれば、端末にデータが残らない。 18 Enpty

    moconaviアプリ セキュアなオリジナルアプリ (moconaviトップ画面) 会社・社員をリスクから守ります。 端末にデータが残らない 18
  19. 19 既に連携先システムは100種類以上! 業務効率化で利用拡大する各種サービスと連携します。 多様な業務システムとの接続

  20. 20 モバイル管理市場(MAM)において 4年連続市場シェア NO.1 (※2) ※2:出典 株式会社テクノ・システム・リサーチ「2021-2022年版エンドポイント管理市場のマーケティング分析-モバイル管理パッケージ-」 モバイル管理ソフトウェア・SaaS市場調査より。 『ITトレンド Good

    Product 2021』 上半期リモートアクセス部門受賞(※1) ※1:ランキング結果は2021年1月1日~5月31日までの期間の資料請求数をもとに集計しています。 市場シェアが高く信頼のあるサービス
  21. 21 豊富な導入企業 業界問わず1,400社以上!31万ID以上のユーザーが利用 (2022年10月)

  22. 働く環境 22

  23. 23 仕事の質を高める 「オフィスワーク」 レコモットの働き方 あなたらしいワークスタイルをハイブリッドワークで実現 働き方の多様性を支える 「リモートワーク」

  24. 自律(自立)性 チームワーク 可視化(透明性) 24 自立自走型の組織をマネジメントするためのコアとなるコンピテンシー レコモットのミッション(今から16年前) 時間と場所を超えた新しい働き方を提唱し、ダイナミック且つ多様性を求める社会の生産性向上に貢献する! 大切にしていること

  25. 25 コアタイムなしのフルフレックス • 完全なる時差通勤。ライフスタイルで決められる • リモートワークでもフルフレックス デジタルなワークプレイスの整備 • リモートワーク可能な100%クラウド環境 •

    自社製品とクラウド型RDPでどこでも働ける 全員リモートワーク+ちょっと出社のハイブリッド! • 出社は週1回程度 • BYOD手当、リモートワーク手当あり デジタルな働き方とは、どこでも同じ働き方ができる仕組みと制度 デジタルな働き方を支える仕組みと制度とは?
  26. 充実したオフィス空間に加えて、自宅やモバイル、コワークスペースまで投資を拡張! 26 仕事の質を高める!リアルワークプレイス オフィスの移転、増床(集中)から分散、開放、遠隔(リモート)へ投資

  27. 27 受付 入室管理 勤怠管理 経費精算/ワークフロー チームワーキング CRM 会議室(Web会議) Webセールス 名刺管理

    ストレージ 電話 PC・リモートデスクトップ 開発( AWS・Azure) 採用/人事評価 財務会計 コーポレート ビジネス Salesコミュニケーション サポート 100%クラウドなIT環境
  28. 28 • フルフレックス • リモートワーク • 多くの有給付与日数 • 資格取得支援制度(サポトラ) •

    書籍購入は会社の経費で購入可能 • 業務時間中のセミナー参加が可能 スキルアップ • インフルエンザ予防接種会社負担 • 健康診断オプション費用会社負担 • Bottoms UP! 制度(社内懇親の支援) • 歓迎会費用補助 • レコモット掲示板(ジャンル別のスレッド) • 全社会(半期)/表彰制度(半年毎) • リモートワーク手当 • BYOD手当 • 入社一時金 • リフレッシュスペース • コーヒーマシン(無料) • ウォーターサーバー(無料) レコモットの福利厚生 働き方 働きやすさ 成長支援 健康サポート コミュニケーション促進 全社イベント
  29. 29 「ワーク」×「出産」 出産を機に退職した社員はなく、全員職場復帰しています。 https://iec.co.jp/media/interview/20191111-6186/ 「ワーク」×「子育て」 一時的に業務を離れ、送迎や学校行事への参加、食事の準備などを挟むことで、仕事と子育てを両立をしています。 「ワーク」×「転居」 ご入社後、ご家庭の事情など、やむを得ず転居が必要となってしまった社員でも地方からフルリモートで 引き続き働き続けている社員も在籍しています。 https://moconavi.jp/blog/2020/07/4543/

    「ワーク」×「育メン」 男性社員の6ヶ月育休取得実績があります。 https://moconavi.jp/blog/2020/12/5397/ ▪ライフステージに寄り添う ワークライフバランス
  30. 選考フロー 30

  31. カルチャーフィットを確認 スキルフィットを確認 ミッションフィットを確認 最終確認 カジュアル面談 面接 最終面接 オファー面談 ポジション、カルチャー、環境 などについて、相互理解を

    深めることを重視します。 該当ポジションに応じた現場 社員、役員が担当します。 業務スキルを把握するととも に候補者の方には、入社後 の業務イメージを深めてもら います。 面接回数は3回程度を予定 しています。 採用責任者と面談していた だきます。 入社後に一緒に働くイメージ を双方が持てるのかを確認 します。 候補者の方に応じて、面談 をアレンジします。 現場メンバーとの面談、人事 との条件確認など、入社に 向けて双方に認識のズレが ないようにします。 お互いに 理解を深める ことを重視しています。 選考フロー 31
  32. 選考フロー 32