Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Node REDで、終了するWatson Visual Recognitionっぽく画像認識とかしたいと聞いたので試してみた

Node REDで、終了するWatson Visual Recognitionっぽく画像認識とかしたいと聞いたので試してみた

2021年12月1日に、Watson Visual Recognitionがサービス終了することに伴い、Watson Visual Recognitionっぽく、ほぼほぼノーコードで画像認識モデルを今後も作って使いたいと聞いたので、Node-RED+Teachable Machine で試してみた...という内容です。

49844569246a6d183a5551bb74895e2a?s=128

Kohei Nishikawa

January 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. ほぼノーコードでNode-REDで Watson Visual Recognition っぽく 画像認識とかしたいと聞いたので試した 話す人 西川浩平 / 2021

    IBM Champion for Developer Twitter @kolinz Email nishikawa.kohei@kaishi-pu.ac.jp Kohei Nishikawa
  2. 2021年12月、Watson Visual Recognition サービス終了 • Teachable Machineで代替出来ないかなぁ...とかなんとか。 • Teachable Machineは、Webブラウザ上で、画像認識や音声認識、ポーズ認識モデルを作れるので、Watson

    Visual Recognitionに近い。 • 無料で使える。 • 作成したモデルをGoogleがホストしてくれるので、APIとして使えて便利。 • とはいえ、IBMやMicrosoft、Salesforceは良いけど、Googleへの接続はダメっていうところは、ちらほらある。 • Teachable Machineの手軽さを認めつつも、作成したモデルを閉じたネットワークで使いたいニーズもある。 • ということで、好きなところでモデルをホストしたい。IBM Cloudとか。 • Teachable Machineは、あくまで無料。 • 無料で使うなら、障害くらい自分達で対処して解決すること!これは、プログラマとしての責務。 • きちんとサポート付きが必要であれば、IBM Maximo Visual Inspection へ Kohei Nishikawa
  3. プライベートIPを割り当てたWebサーバーに、Teachable Machineで作成した画像認識モデルを格納 Teachable Machine で作成したモデルをダウンロード Nginxサーバー内に格納 192.168.56.102 model.json metadata.json weights.bin

    IPアドレスからわかる通り、プライベートIP(LAN内) https://teachablemachine.withgoogle.com Kohei Nishikawa
  4. ローカルNode-REDで動かした。 Nginxサーバー 192.168.56.102 model.json metadata.json weights.bin Node-RED : 192.168.56.101 追加したノードは以下の2つ

    • node-red-contrib-teachable- machine • node-red-node-base64 Kohei Nishikawa
  5. ローカルNode-REDで動かした結果 > Node-RED デバッグ > IBM Cloudant に画像認識結果と画像データを格納した画面 Kohei Nishikawa

  6. 終わり • Teachable Machineで、Watson Visual Recognition っぽい手軽さで、ローカルで使うなど出来ることを確認 • IBM Cloud上のNode-REDで、Teachable

    Machineを使うNode-REDフローのサンプルは下記URL。 • https://github.com/kolinz/node-red-recipe/blob/master/flows_teachablemachine_image_recognition.json • IBM Cloud上のNode-RED、ローカルNode-RED共通で、下記ノードの追加が必須 • node-red-contrib-teachable-machine • node-red-node-base64 • ローカルNode-REDで動かす場合は、cloudant outノードがローカルNode-REDにはないので、「node- red-contrib-cloudantplus」を追加し、cloudant outノードの代替とする必要がある。 Kohei Nishikawa