Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RStudioのインターフェイス日本語化について/About-i18n-of-RStudio

 RStudioのインターフェイス日本語化について/About-i18n-of-RStudio

Tokyo.R #93 での発表資料です

例によってダウンロードしたpdfファイルを閲覧することをお薦めします

https://gist.github.com/Gedevan-Aleksizde/99059770d915805ae5c562a13453d175

A4d1023b1de7890c67a083d14573882d?s=128

S-Katagiri

July 03, 2021
Tweet

Transcript

  1. やがて来るかもしれない RStudio のイ ンターフェイス日本語化について Katagiri, Satoshi (ill‑identified) Tokyo.R #93 (2021/07/03)

    1
  2. イントロダクション

  3. 自己紹介 時間が惜しいのでボケるのはまた今度 2

  4. 宣伝 • R Markdown 関連の和訳資料公開中 • R Markdown クックブック •

    knitr • TinyTeX • このスライドはrmdjaパッケージで作成されました 3
  5. 本題

  6. 皆さんおなじみ RStudio 4

  7. RStudio のインターフェイスは英語のみ? • どこを探しても「言語設定」の項目はない • つまりインターフェイスの言語は変更できない • R のエラー文等は RStudio

    ではなく R 本体のもの • R 本体/パッケージの日本語化は私の書いたブログな どを参考に • ロケール設定の話はyutannihilation • Windows 版 R の日本語化はやはり私の書いたやつ 5
  8. もうみんな慣れてしまった? 環境設定画面が 日本語じゃなくても大丈夫? 6

  9. Q: RStudio の UI は日本語化されないのか? • A: 実は開発が進行中 • Andrew

    Scribner 氏の作業 (正確にはフランス語化) • 現時点では非公式だが, 経緯は以下 • rstudio/rstudio Issue #9083 • StatCan/kubeflow‑containers Issue #149 • StatCan/daaas Issue #510 7
  10. 動かしてみる (発表時はデモ) 8

  11. どうやって日本語化しているのか • たぶんここの “i18n” ブランチで作業している • 個人作業なのでまだドキュメント充実してない • (私が Java

    に詳しくないだけ?) • Java で書かれた箇所は GWT の国際化 (i18n) ライブ ラリを使用して修正 • 基本的には UI を設定している java ファイルに対し 言語ごとに翻訳ファイルを用意する 9
  12. ビルド方法 • RStudio リポジトリの docker/jenkins 以下にビルド 用の Dockerfile • 今回は日本語化用の追加

    Dockerfile 用意 • 必要な作業は以下: 1. 翻訳ファイルを配置 • こちらで勝手に 2 つの翻訳ファイル *_ja.properties を用意 2. src/.../RStudio.gwt.xml にロケール名の追加登録 3. 最後に通常通りビルド 10
  13. 使い方 • Linux 版 RStudio Desktop でのみ確認 • スマートでないがビルドしたバイナリを取り出す •

    Docker 上で開こうとしたがうまく行かなかったので • PC に設定したロケールに依存して表示言語が変わる • 例: LANG=ja rstudio LANG=en rstudio • RStudio Server は URL に &locale=ja 追加で変更で きるらしい (未確認) 注: デモ目的なので動作保証はしない 11
  14. ビルドの具体的手順: docker コンテナ 1. docker を使えるようにする (sudo に注意) 2. ここの

    3 ファイルをコピーして以下を実行 git clone https://github.com/ca-scribner/rstudio.git ↪ git checkout d12c8d933e39ff785a2ad9ed2245f40e1c76a068 ↪ docker build -t rstudio-dev -f rstudio/docker/jenkins/Dockerfile.bionic-amd64 . ↪ ↪ docker build -t rstudio-dev-ja -f rstudio-dev-build.Dockerfile . ↪ docker run --name test1 -it rstudio-dev-ja 12
  15. ビルドの具体的手順: Docker 内での操作 cd /home/rstudio/rstudio sed -i '25s/"en,fr"/"en,fr,ja"/' src/gwt/src/org/rstudio/studio/RStudio.gwt.xml ↪

    mkdir build && cd build cmake .. -DRSTUDIO_TARGET=Desktop -DRSTUDIO_PACKAGE_BUILD=1 -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ↪ ↪ make package exit 13
  16. ビルドの具体的手順: 戻ってからの操作 docker cp test1:/home/rstudio/rstudio/build/rstudio- 99.9.9-amd64.tar.gz ./ ↪ ↪ tar

    -xf rstudio-99.9.9-amd64.tar.gz rstudio-99.9.9-amd64.tar.gz/usr/local/bin/rstudio • fcitx‑mozc 使用の場合は例の qt5 のリンクが必要 14
  17. ビルドの具体的手順: Docker イメージ/コンテナの 削除 docker stop test1 docker rm test1

    docker image rm rstudio-dev-ja rstudio-dev • docker 使用はビルド環境の同一性担保のため • ビルドしたら不要 15