Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コンテナベースのアプリケーションをGCPで運用する際に考えること

 コンテナベースのアプリケーションをGCPで運用する際に考えること

GCP at GDG Nagoya & GDG Osaka Online Sessionで発表されました

D58fe5089757d3f2f7a32439fe3f19d0?s=128

kumakumakkk

April 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. コンテナベースのアプリケーションをGCP で運用する際に考えること Kuma Arakawa

  2. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem 今日のポイント あなたのプロダクトに本当に必要な構成をもう 一度考えてみよう ROIを考えよう 流行りや自分の好みに惑わされないように
  3. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem 技術的なことは https://cloud.google.com/docs できるだけ英語で読みましょう 日本語訳は最新でない場合があります
  4. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ユーザ フロント データベース キャッシュ ビジネスロジック
  5. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ユーザ フロント 巨大なOracleDB キャッシュ ビジネスロジック
  6. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ユーザ フロント データベース キャッシュ ビジネスロジック
  7. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem LB ユーザ カスタマ向け フロントロジック クライアント向け フロントロジック 管理者(社内)向け フロントロジック カスタマ向け ビジネスロジック クライアント向け ビジネスロジック 管理者(社内)向け ビジネスロジック  各種トランスコード 各種メッセージ送信 データベース キャッシュ ETL 各種モニタリング DWH
  8. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem LB ユーザ カスタマ向け フロントロジック クライアント向け フロントロジック 管理者(社内)向け フロントロジック カスタマ向け ビジネスロジック クライアント向け ビジネスロジック 管理者(社内)向け ビジネスロジック  各種トランスコード 各種メッセージ送信 データベース キャッシュ ETL 各種モニタリング DWH
  9. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  10. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  11. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  12. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem Microservice Architecture
  13. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem http://album.cloudit.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/microservice.jpg
  14. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem Microservice最高!とってもよい!!! ・コンポーネントごとに言語や設計を柔軟に変更できる ・向いている(とされる)言語や設計を自由に使える ・チーム編成もそれに応じて変更可能 ・Monolithと違い、改修がコンポーネントごとに変更できる ・テスト・デプロイが早くできる 柔軟性・敏捷性・加速度を得る ことが可能に
  15. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem まとめ ・柔軟性・敏捷性・加速度を得ることが可能に ・Microservice最高! ・Microservice最高! もうちょっと続くんじゃ
  16. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem http://simianviz.surge.sh/netflix
  17. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem Microservice最高…?とってもよい…? 運用が複雑に ・どのコンポーネントがどこと通信してる?超絶複雑な通信をどうやって俯瞰する? ・コンポーネントがありすぎて、デバッグもデプロイもしにくい
  18. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem じゃあMicroserviceやらないほうがいいの?
  19. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem MicroserviceでもMonolithでも結局は複雑になる
  20. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem いろんなツールを使って管理できるように 運用・管理に必要なものものを自動化 ・インフラ ・ネットワーク ・監視、アラート ワークフローを自動化しよう
  21. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  22. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem コンポーネントをパッケージ化
  23. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem アプリケーションの実行・管理
  24. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem クラウド
  25. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem サービスを管理
  26. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem http://callistaenterprise.se/assets/blogg/docker/kubernetes-on-docker-in-docker/kubernetes.jpg
  27. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  28. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  29. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem Istio難しい ただでさえKubernetesが難しいのに、更にIstio…? Istio 1.0 とか言ってるけど、Prodで使えるの? 管理するモノが増える  →最終的なROIを考えたら、マネージドサービスを最大限活用+モノリシックのほうが良いので は?
  30. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ネットワーク以外にも様々な複雑さが CI/CDどうするの?  ・マイクロサービスの粒度によるが、 1メソッド1マイクロサービスぐらいにすると、圧倒的なデプ ロイスピードは得れるが、週に何十回、何百回とデプロイすることに
  31. 「近年のソフトウェアの開発サイクルは加速しすぎて テストを行う時間が短すぎる」 - Fortune 500 で働く QA Leader

  32. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ネットワーク以外にも様々な複雑さが Observability(可観測性)  ・ログはすべて取る、監視も全てするとして(そもそも全て滞りなく、網羅的に監視するのってど うすれば?)ログも多すぎるし、監視するものも多いし、それらのデータをどのように見たら良い のだろうか
  33. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ネットワーク以外にも様々な複雑さが どこにアプリケーションを置くの? or すでにオンプレ資産があるんだけど  ・特定の業種は特定の法律・法令に準拠しなければいけない
  34. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ところでこれは誰向け? 様々なミートアップで GKEやIstioの話をすると最近よく聞かれる: 「うちもKubernetesとかやらないといけないと思うんですがどうなでしょう?」 「どこからKubernetesを始めたらいいんでしょう?」 「やっぱり最近はマイクロサービス目指さないとだめなんでしょうかね?」 「運用とか自動化できそうでとても楽になりそうですね」
  35. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ところでこれは誰向け?
  36. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ユーザ フロントロジック データベース キャッシュ ビジネスロジック
  37. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  38. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem
  39. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem ところでこれは誰向け? アーキテクチャの複雑性を紐解き、 複雑なシステムを自動化し、 許容できる範囲を明確に定義し、 事業・システム・ヒトに整合性を無理なく保たせたい、 柔軟性が持てるシステムをしたい人向け
  40. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem Cloud Functions App Engine Cloud Run App Engine Kubernetes Engine Compute Engine Flex
  41. Source: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis

    non erat sem 今日のポイント あなたのプロダクトに本当に必要な構成をもう 一度考えてみよう ROIを考えよう 流行りや自分の好みに惑わされないように
  42. Kuma Arakawa Google Developers Expert, Cloud and G Suite twitter:

    @kumakumakkk ご清聴ありがとうございました