Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Project Introduction - Smart Channel Project

LINE
December 23, 2021

Project Introduction - Smart Channel Project

2021/12/7開催の【LINEプロダクトマネージャー採用説明会】の登壇資料です。
https://linecorp.connpass.com/event/231526/

コミュニケーションアプリ「LINE」のSmart Channelプロジェクトについて紹介しています。

LINE

December 23, 2021
Tweet

More Decks by LINE

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Smart Channel プロジェクト
    Content Platform企画チーム マネージャー
    岩本 俊介

    View full-size slide

  2. 岩本 俊介
    Content Platform企画チーム
    2011年:SEとして社会人に開始
    2015年:ITコンサルをやってみる
    2017年:広告代理店に入ってみる
    2019年:LINE入社を期にSmartChannel
    を担当を開始し、現在はPMを担当。
    他にLINE Platform marketing チームで
    PMM等も兼務
    Who am I?
    好きなサービス:Netflix、TimeTree

    View full-size slide

  3. 今日のゴール
    LINEのプロダクトマネージャーの仕事の
    雰囲気をざっくりと知ってもらう

    View full-size slide

  4. Table of Content
    Smart Channel とは?
    プロジェクトの紹介
    まとめ

    View full-size slide

  5. Table of Content
    Smart Channel とは?
    プロジェクトの紹介
    まとめ

    View full-size slide

  6. Smart Channelとは?

    View full-size slide

  7. Stats
    1B+
    Requests / Day
    120M+
    Global DAU
    50+
    Recommendation Types
    サービス規模

    View full-size slide

  8. Table of Content
    Smart Channel とは?
    プロジェクトの紹介
    まとめ

    View full-size slide

  9. Architecture renovation

    View full-size slide

  10. Smart Channel は広告のプラットフォームとして産まれた
    Ref:https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/

    View full-size slide

  11. メリット・デメリット
    メリット デメリット
    • 既存のプラットフォームを拡張すること
    による開発工数の削減
    • 広告の仕組みをベースにしていることに
    よる、各サービスからの入稿のしやすさ
    • LINEアプリ本体で提供している共通の仕
    組みを利用しづらい(ログ、プロフィー
    ル情報の利用等)
    • 広告要件に存在しない要件の導入のしづ
    らさ
    • (体制上)広告の開発組織の基準に則り
    優先度を決める必要がある

    View full-size slide

  12. メリット・デメリット
    メリット デメリット
    • 既存のプラットフォームを拡張すること
    による開発工数の削減
    • 広告の仕組みをベースにしていることに
    よる、各サービスからの入稿のしやすさ
    • LINEアプリ本体で提供している共通の仕
    組みを利用しづらい(ログ、プロフィー
    ル情報の利用等)
    • 広告要件に存在しない要件の導入のしづ
    らさ
    • (体制上)広告の開発組織の基準に則り
    優先度を決める必要がある
    ”LINE” が提供するコンテンツメディアとして、
    よりよいサービスを提供するためにはアーキテクチャの改善が必要?

    View full-size slide

  13. 何がかわった?
    As-is To-be
    SmartCH専用
    Module
    SmartCH
    Handler
    AD
    Components
    CRS
    AD Client
    SmartCH専用
    Module
    AD SSP
    CRS
    AD Client
    AD DSP
    Client
    Server
    AD コンポーネント
    LINEアプリのコンポーネント

    View full-size slide

  14. プロジェクトのポイント
    • コミュニケーション
    • (超)慎重なプロジェクト進行とリリース

    View full-size slide

  15. プロジェクトのポイント
    • コミュニケーション
    • (超)慎重なプロジェクト進行とリリース

    View full-size slide

  16. コミュニケーション
    スマートチャンネルの成長のために
    は、広告の仕組みに依存しない仕組
    みが必要!

    View full-size slide

  17. コミュニケーション
    スマートチャンネルの成長のために
    は、広告の仕組みに依存しない仕組
    みが必要!
    今動いている仕組みで十分じゃない?
    新しい仕組みが必要な機能はあるんで
    すか?
    新しい開発はどこがするんですか?

    プロジェクトの意味を問う質問の応酬・・・

    View full-size slide

  18. コミュニケーション
    スマートチャンネルの成長のために
    は、広告の仕組みに依存しない仕組
    みが必要!
    今動いている仕組みで十分じゃない?
    新しい仕組みが必要な機能はあるんで
    すか?
    新しい開発はどこがするんですか?

    プロジェクトの意味を問う質問の応酬・・・
    ※画像はイメージです

    View full-size slide

  19. どうやってメンバーを巻き込む?
    • これができることでどういう進化をさせ
    たいか(ビジョンの発信)
    • これをすることによりユーザーやステー
    クホルダーにどのような価値があるか(
    プロジェクトの意味の発信)
    • 各チームに何をお願いしたいか(要望・
    要件の具体化)

    View full-size slide

  20. プロジェクトのポイント
    • コミュニケーション
    • (超)慎重なプロジェクト進行とリリース

    View full-size slide

  21. 動いているものを止めずに改善するのは怖いので。。。
    LINE社内の分析環境を利用し、メ
    ディア・広告のパフォーマンス、異
    常値のモニタリングをしつつ徐々に
    拡大

    View full-size slide

  22. プロジェクト完了後にできること
    • LINEアプリの他の機能との連携がしやすい(ホームタブ等)
    • 広告のプラットフォームとの依存なく新規機能開発ができる
    • 広告売上につながらない施策の推進が容易に
    • 現在ロールアウト進行中、プロジェクトは続く、、、

    View full-size slide

  23. まとめ
    • プロダクトマネージャーの仕事=
    未来を見据えつつ、一つ一つのプロジェクトに意味をこめて推進すること
    • プロジェクトを推進するためには、
    プロダクトマネージャーの意思を込めたコミュニケーションがすごく重要
    • 発信するときはしっかりと自分の考えを信じて
    (固執するのではなく、しっかりと考え尽くして発信。
    間違えていたら素直に考え直して動き直す)

    View full-size slide

  24. One more thing...

    View full-size slide

  25. そしてもっとユーザーが求める情報を様々なUIで
    ??

    View full-size slide

  26. 一緒に取り組んでくれる方、熱烈募集中です!!!
    少しでも興味を持っていただいた方は、
    座談会にもご参加ください^^
    あと、ご応募もお待ちしております!(カジュアル面談も大歓迎です!)

    View full-size slide