Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

年末調整の情報設計

Rikiya Ihara
June 18, 2019
5

 年末調整の情報設計

Rikiya Ihara

June 18, 2019
Tweet

Transcript

  1. freee 株式会社
 年末調整の情報設計
 2019.06.18

  2. Webデザイン会社で13年勤務したのち、2017年10月にfreeeに参加。
 現在は人事労務freeeのプロダクトマネジャーとUXデザイナーを兼任。
 
 HCD-Net認定 人間中心設計専門家、
 ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)WG委員。
 
 著書に『デザイニングWebアクセシビリティ』、
 監訳書に『コーディングWebアクセシビリティ』、
 『インクルーシブHTML

    + CSS & JavaScript』がある。
 
 2児(双子)の父。週末はだいたい公園に行っている。
 あだ名は「アクセシビリティで一発当て太郎」。
 Rikiya Ihara 伊原 力也
 プロダクト戦略 UXデザイナー
 プロダクトマネジャー
 2
  3. amazon: 伊原力也


  4. Before ➝ After
 4

  5. Before

  6. After

  7. Before

  8. After

  9. 年末調整の情報設計?

  10. None
  11. 年末調整とは
 11

  12. 年末に調整すること

  13. 13 所得税を年末に調整すること
 • 所得税は1〜12月の所得から徴収される
 • 源泉徴収という形で給料から毎月天引き、しかしこれは「みなし」
 • 途中で給料が変わったとか、扶養親族に変化があったとかは「年末に調整」
 • 配偶者とか保険料とか住宅ローンとかに関する控除も「年末に調整」


  14. 年末調整まとめ


  15. None
  16. None
  17. None
  18. None
  19. ここで買えます by ymrl


  20. 生命保険料控除証明書【見本】


  21. 平成30年度「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」のご郵送について


  22. None
  23. 23 頑張って集める➝計算する➝反映する
 • 頑張っても集まらないし、従業員は覚えてないので書き損じがある
 • それでも頑張って集めて、計算して、調整結果を反映する
 • (本当はそのあと申告もある)
 • 従業員が多いと非常に大変なので効率化したい


  24. None
  25. ユーザーリサーチ
 25

  26. 26 ごくふつうに下記を実行
 • 業務のインプット
 • 前年成果確認とゴール設定
 • 既存機能のヒューリスティック評価、いままでのフィードバック確認
 • ユーザーインタビュー、行動ログ分析


    • 競合調査
 • 簡易ペルソナ策定、ユーザーストーリーマッピング

  27. None
  28. None
  29. 情報設計の観点
 29

  30. ソフトウェア開発に関わる「••デザイン」の分類


  31. 31 情報設計の観点
 • 紙とデータ
 • 複雑性の移動
 • freeeの考え方


  32. 紙とデータ

  33. None
  34. 34 紙は「たまたま使われている中間成果物」にすぎない
 • 人間が読み書きできることに依存した紙のサイズや割り方
 • 独立で処理できるために何度も同じことを書く
 • 郵送できるという物理的制約、それに依存した業務プロセス
 • 国の状況によって紙の枚数や書式は増減する


  35. ワールドビジネスサテライト


  36. デジタルファースト法案とは 行政手続きを電子申請に 


  37. 複雑性の移動

  38. 全体 情報収集 全体 計算実行 計算結果 計算解除 全体 情報修正 修正完了 全体

    計算実行 収集完了 計算結果
  39. 個別 情報収集 個別 計算結果

  40. インタラクションデザインの教科書


  41. Complexity - Modeless and Modal


  42. freeeの考え方

  43. None
  44. None
  45. 人事・給与を決めるときの労働生産性分析


  46. 情報構造の設計
 46

  47. 47 インタビューで得られたインサイト
 「従業員によって書類の提出スピードはバラバラ。
  すぐに出せないものもあるし、
  また書き直しや、書類を探してもらったりという流れも多い。
  全体を締め切って、今年の給与も確定し、
  所得税の計算を終えた!と思ってから
  書類が提出されることもけっこうあり、その都度やり直しが発生する」


  48. 48 つまりこういうこと
 • 管理者が最も気にしているのは、インプットの進捗である
 • 業務時間の多くは従業員とのコミュニケーションに割かれている
 • 書類収集➝給与計算のシーケンシャルな進行ではなく、両者は並行して進む
 • やり直しがあるため、全体で進めるより、従業員単位で終わらせていきたい


  49. モーダルからモードレスへ

  50. None
  51. 51 モーダル = モードが支配している
 • 書類収集モードと給与確定モードと調整反映モードがある
 • 全員分の収集が完了➝全員分の給与確定が完了➝全員分の還付追徴を反映
 • ウィザードに沿って各ステップを実行していくスタイル


    全体 書類収集 全体 給与計算 計算結果 収集完了 全体 年調実行 年調反映
  52. 52 モードレス = モードがない(感じない)
 • 書類収集と給与確定と調整反映にはモードを持たず、常に現在の情報で計算
 • インプットが変われば計算結果もリアルタイムに変わる
 • 従業員単位で少しずつ完了に向かわせるスタイル……に、すでになっていた!


    個別 書類収集 個別 給与計算 個別 調整反映
  53. 進捗という主オブジェクト

  54. 54 年末に向かって調整していくには「進捗」が重要
 • 年末調整とは所得税の調整
 • 給与がある以上は所得税はあり、ゆえに対象者はほぼすべての従業員
 • その従業員からのインプットが手続きに必須で、年末という期限がある
 • それが「年末に調整する」ということ


    • 業務領域のタイトルをひも解けば、労務担当者の興味関心の対象は
 従業員ごとの「進捗」だと明白だった

  55. 55 進捗の構造
 • 事業所全体としての進捗
 ◦ 各従業員ごとの進捗
 ▪ 書類収集の進捗
 • 各書類ごとの進捗


    ▪ 1〜12月給与確定の進捗
 ▪ 所得税の調整反映の完了有無

  56. None
  57. None
  58. プロトタイプ

  59. プロトタイプ

  60. プロトタイプ

  61. ワークフロー機能を追加

  62. None
  63. None
  64. プロトタイプ

  65. プロトタイプ

  66. 従業員側はモーダルに

  67. None
  68. プロトタイプ

  69. UIデザインの反復
 69

  70. リリース版

  71. リリース版

  72. リリース版

  73. リリース版

  74. リリース版

  75. 成果と振り返り
 75

  76. 人事労務の面では、年末調整は特に衝撃でした。今回がfreeeによ る初めての年末調整で心配していましたが、まさにあっという間に 完了。
 
 導 入 前は紙のアンケートを社 員に渡して、それを回 収して……と いったアナログな方法でしたし、夜な夜な作業をしていたのですが、

    freeeの年末調整であれば社員に人事労務freee上で直接入力して もらい、それを確 認するだけ。体 感ですがfreee導 入 前に比べて、 6~7割ほど年末調整に係る作業時間を削減できた印象です。 株式会社アトラエ:年末調整の工数を6〜7割削減。
 「スピード感と愛情がある。
  だからfreeeがすごく好きなんです」
 76 一元管理で業務を大幅効率化。東証一部アトラエが目指す「管理しない管理部門」とは

  77. 利用従業員数 昨年比 160%

  78. 人生は続く

  79. リリース版

  80. 【人事労務freee使い方動画】2018年度年末調整-管理者編-


  81. リリース版

  82. おわりに
 82

  83. 年末調整の情報設計

  84. None
  85. None
  86. None
  87. 年末調整を無くしたい

  88. 88 アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、
 ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム スモールビジネスを、世界の主役に。


  89. それが私の 「年末調整の情報設計」

  90. スモールビジネスを、
 世界の主役に。