Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アクセスログを見て学ぶ AWSサービスとネットワーク

mai miya
February 16, 2024
370

アクセスログを見て学ぶ AWSサービスとネットワーク

2024/02/16
【AWS】AWS10分LT会 - vol.3
https://aws-likers.connpass.com/event/307986/

mai miya

February 16, 2024
Tweet

More Decks by mai miya

Transcript

  1. まず⾃⼰紹介 宮崎 真⾐ Miyazaki Mai - Account - :@maimyyym -

    Work at - 株式会社 Fusic (at 福岡!) 技術本部/技術開発部⾨所属 - Webエンジニア - Skill - PHP(Laravel) - AWS - TypeScript 6 image
  2. 構成 # アクセスログを⾒る 18 CloudFrontのビューワーリクエストログをS3に保存 これをAthenaでクエリ! ※ Amazon Athena とは

    AWSのデータ分析サービス SQLが使える S3に保存されたデータは直接分析できる
  3. 前提知識 # 前提知識のおさらい 20 【CloudFront】 ユーザーへのコンテンツ配信を⾼速化するCDNサービス [CDNとは?] エッジロケーションと呼ばれる世界各地に分散されたネットワーク拠点を介して、 コンテンツ配信を⾏う。ユーザーのリクエストは最も近い拠点にルーティングされる。 ★

    CloudFrontはアプリケーション層(レイヤー7)で動作する ★ [レイヤー7] ユーザーが操作するアプリケーション・ソフトウェアとネットワーク通信機能の間で、 HTTP/HTTPSやファイル転送など、ユーザー(アプリケーション)のリクエストを処理する。
  4. 前提知識 # 前提知識のおさらい 21 【CloudFront】 ユーザーへのコンテンツ配信を⾼速化するCDNサービス [CDNとは?] エッジロケーションと呼ばれる世界各地に分散されたネットワーク拠点を介して、 コンテンツ配信を⾏う。ユーザーのリクエストは最も近い拠点にルーティングされる。 ★

    CloudFrontはアプリケーション層(レイヤー7)で動作する ★ [レイヤー7] ユーザーが操作するアプリケーション・ソフトウェアとネットワーク通信機能の間で、 HTTP/HTTPSやファイル転送など、ユーザー(アプリケーション)のリクエストを処理する。 CloudFrontのアクセスログはレイヤー7に関わる情報が含まれているはず! ここで 予測!
  5. CloudFrontのログを覗いてみる # 覗いてみる 27 CloudFrontのアクセスログはレイヤー7に関わる 情報が含まれているはず! 予測 (少し前のスライド) cs_method クライアントのリクエストメソッド(例:

    GET, POST) cs_host リクエストされたホスト名 cs_uri_stem リクエストされたURIのパス cs_uri_query クエリ⽂字列 cs_cookie HTTPクッキー cs_referrer 参照元のURL cs_user_agent クライアントのユーザーエージェント cs_protocol 使⽤されるプロトコル(例: HTTP, HTTPS) 【参考】 「Amazon CloudFront デベロッパーガイド」 - 標準ログファイルフィールド
  6. CloudFrontのログを覗いてみる # 覗いてみる 30 【昨⽇(2⽉15⽇)のログを⾒てみる】 SELECT * FROM ”{データベース名}"."{テーブル名}” WHERE

    "date" = DATE '2024-02-15’ limit 100; 〈 結果 〉 ⾃分⾃⾝は⼀度も当該Webサイトに アクセスしていないが、69件のログが! エッジロケーションを⾒ると様々な場所から アクセスされていることが分かる(計10箇所)
  7. Point 個⼈利⽤では意識することが少ないネットワーク → まず⾒てみる⼿段としての”ログ” Point 3 S3にログ保存できる場合、Athenaで⼿軽にログを⾒ることができる(例:CloudFront) 34 Point 1

    各サービスのログはネットワーク上の該当レイヤーに関する情報が含まれる Point 2 HelloWorldだけのindex.htmlも世界中からアクセスされている…! Point 4