Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Art Hack Dayに参加した話

Art Hack Dayに参加した話

Art Hack Day2018に参加した話

28cd218f06bd1d361919d334b78bcd4e?s=128

Masahiro Matsuzaki

August 27, 2018
Tweet

Transcript

  1. Art Hack Dayに 参加した話 2018/08/27(Mon) SIerIoTLT vol11@opt

  2. 自己紹介 名前:松崎 将大 (まつざき まさひろ) 年齢:23 (社会人2年目) 会社:ソフトバンク株式会社 仕事:法人SE (IoT,AI,ロボット)

    トピック: ・SB野良ハックメンバー ・学生時代は高専ロボコン漬けの日々  (回路設計,プログラミング,機構モデリング/設計,加工 等) ・Pepperやラズパイ,M5Stackをネットに繋げて遊ぶのが趣味
  3. Art Hack Day 2018 3 2018/02/03 ~ 2018/03/18 ➔ 2014年から日本初のアートに特化した

                ハッカソンとして開始 ➔ 今年のテーマは「BEING THERE(現れる存在)」 ➔ 人工生命国際学会「ALFE 2018」の連携イベント Art Hack Dayについて
  4. 4 参加者が得られる機会 アーティスト エンジニア 研究者など 様々な分野の人たち との共創 作品は選ばれると 日本科学未来館 「メディアラボ」

    で常設展示
  5. 5 参加者が得られる機会 アーティスト エンジニア 研究者など 様々な分野の人たち との共創 作品は選ばれると 日本科学未来館 「メディアラボ」

    で常設展示 現在展示中 (期間:6月〜10月下旬)
  6. 6 動画

  7. 7

  8. 壁の上をなにかが小さくうごめいているが、 人の気配を感じると バラバラと崩れて消えてしまう。 目に見える「存在」が「消える」瞬間を目にすることで、 意識していなかった「存在」が鑑賞者の中に現れる 「生命性」を体験できる。 8

  9. 9 制作チーム:

  10. 10 サウンド クリエイターさん (UXデザイン) プロダクト デザイナーさん (外装デザイン) 某テレビ局 プロデューサさん (PM)

    サラリーマン (回路,s/w全般製作) 某大学 博士課程 (機構設計・製作) 制作チーム:
  11. 11 「sign」

  12. 12 「Moment of Perception - 認知の瞬間」

  13. 13 「sign」

  14. 14 「sign」システム構成 ・MBP側のカメラで人を検出、人数をカウント ・作品前の人数が増えたら磁石をOFF,座標リセット RはMBP側の jsonを参照 Kerasで人検知

  15. 15 磁石 横移動 縦移動 サーボ 回転 ・壁の裏側にオリジナル縦型xyプロッタを取り付け ・磁石のON/OFFはサーボで操作 「sign」システム構成

  16. 16 「Moment of Perception - 認知の瞬間」

  17. 17 「Moment of Perception」システム構成 v1.0 ・ラズパイ+アクセラレータで人検知できるように ・MBPで人検知やるよりも早かった。GPU凄い。 Tiny Yoloで 人検知

  18. 18 「Moment of Perception」システム構成 v1.0 展示環境の調整ミスで没案に(TT) 想定:通路から離れた所に設置 現実:作品の前が通路 →人のカウントが意味を成さない... 反省...

    ・ラズパイ+アクセラレータで人検知できるように ・MBPで人検知やるよりも早かった。GPU凄い。
  19. 19 「Moment of Perception」システム構成 v2.0 ・運用面を考慮した構成に変更 ・とても安くなった ×5セット

  20. 20 「Moment of Perception」システム構成 v2.0

  21. 21 ×5 「Moment of Perception」システム構成 v2.0

  22. 22 まとめ ・人も機械も、見た目が全て  →裏側がしょぼくても、表側がしっかりして入れば良さげに見える ・プロトタイプは早く作るべし           材料は何でも良い  →早い段階での共通の認識作りすることが重要でした ・IoTとアートの相性はいいのかもしれない  →データの”価値化”の手法としてのアート

  23. 23 まとめ ・人も機械も、見た目が全て  →裏側がしょぼくても、表側がしっかりして入れば良さげに見える ・プロトタイプは早く作るべし           材料は何でも良い  →早い段階での共通の認識作りすることが重要でした ・IoTとアートの相性はいいのかもしれない  →データの”価値化”の手法としてのアート ➡

    IoTアートやりたい!!!
  24. 24  常設展:『生命』になりたい!       ブルックスのジュースを探して 展示期間:2018年6月20日(水)~10月31日(水) 場所:日本科学未来館3F メディアラボ

  25. Thank you! 25