Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

KubeCon + CloudNativeCon NA 2023 Overview + Recap for Gateway API Cloud Native Community Japan Kickoff meetup / amsy810_cncj1

KubeCon + CloudNativeCon NA 2023 Overview + Recap for Gateway API Cloud Native Community Japan Kickoff meetup / amsy810_cncj1

Cloud Native Community Japan Kickoff meetup at 12/1 18時30分~21時00分

サイバーエージェント
青山真也 Software Engineer / KaaS Product Owner

CNCF Japan ChapterであるCloud Native Community Japan(CNCJ)発足を記念しキックオフミートアップを開催します。
スペシャルゲストとして、CNCFのCTOであるChris Aniszczykさんを基調講演にお招きしています。他の登壇者の方からもCNCFで何が起こっているのか、また貢献するにはどうすればいいのか、をお伝えいただきます。

https://community.cncf.io/events/details/cncf-cloud-native-community-japan-presents-cloud-native-community-japan-kickoff-meetup/

Masaya Aoyama (@amsy810)

December 01, 2023
Tweet

More Decks by Masaya Aoyama (@amsy810)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Masaya Aoyama
    CyberAgent
    KubeCon + CloudNativeCon NA 2023 Overview
    +
    Recap for Gateway API
    Cloud Native Community Japan Kickoff meetup
    amsy810 @amsy810

    View full-size slide

  2. - Co-chair
    ⻘⼭ 真也
    + CREATIONLINE - 技術アドバイザ
    + SAKURA Internet Research Center – 客員研究員
    + 3-shake 技術顧問
    + PLAID
    - Organizer
    - KaaS Product Owner - Publications
    Twitter: @amsy810

    View full-size slide

  3. KubeCon + CloudNativeCon NA 2023
    開催⽇︓2023/11/6 – 2023/11/9 (11/6: Co-located event)
    ※ 前回に引き続き Co-located Event は 1 ⽇間
    会場︓ CHICAGO, ILLINOIS + Virtual platform
    ※ 前回引き引き続きは All Attendees Party はなし

    View full-size slide

  4. $/$'IPTUFE$PMPDBUFE&WFOUʢ/"ʣ
    CNCF が主催する Co-located イベント︓
    15 + 1 個(前回は 9 + 1 個)
    CNCF 以外が主催する Co-located イベント︓
    12 個(前回は 9 個)
    去年から 2 種類の In-person チケット が販売
    • KubeCon + CNCon のみ参加のパス
    • $895〜$1650
    • 全ての CNCF-hosted Co-located イベントにも参加で
    きるパス
    • $1099-$1899

    View full-size slide

  5. $/$'IPTUFE$PMPDBUFE&WFOUʢ&6ʣ
    Backstage Con に始まり、
    Platform Engineering Day も開催予定
    前回 CNCF TAG App Delivery が
    Platforms White paper を公開

    Platform Engineering への注⽬度++

    View full-size slide

  6. ,VCF$PO $/$PO /PSUI"NFSJDB
    オフライン参加者数

    View full-size slide

  7. ,VCF$PO $/$PO &VSPQF
    オフライン参加者数

    View full-size slide

  8. ,VCF$PO $/$PO /"
    オフライン参加者数

    View full-size slide

  9. ,VCF$PO $/$PO "UUFOEFFTਪҠ
    0%
    10%
    20%
    30%
    40%
    50%
    60%
    70%
    80%
    0
    5000
    10000
    15000
    20000
    25000
    30000
    2017 NA 2018 EU 2018 NA 2019 EU 2019 NA 2020 EU 2020 NA 2021 EU 2021 NA 2022 EU 2022 NA 2023 EU 2023 NA
    Online Offline Total Firsttime(%)
    $07*%

    View full-size slide

  10. ,VCF$PO $MPVE/BUJWF$PO /"ͷ೔ຊਓࢀՃऀ
    • CyberAgent
    • LINEヤフー
    • DMM
    • メルカリ
    • NTT
    • NTT DOCOMO
    • NTTデータグループ
    • ⽇⽴
    • Fujitsu
    • Midokura
    • Sysdig
    • SCSK
    • KDDI etc.
    合計 50-60 名程度

    View full-size slide

  11. Next KubeCon + CloudNativeCon
    • KubeCon + CNCon EU 2024 @PARIS, FRANCE
    • 3/19 - 3/22(4 Days)
    • 🆕 KubeCon + CNCon NA 2024 @SALT LAKE CITY
    • 11/12 - 11/15(4 Days)
    KubeCon + CNCon China は発表されず。
    KubeCon + CNCon India が開催予定。

    View full-size slide

  12. Keynote の主な話題
    • Keynote は、「AI」 「カーボンニュートラル・電⼒削減」 「コミュニティやContribution」に関するものが主体
    【AI】
    • OpenAI、NVIDIA、HuggingFaceはKubernetes上で動いている
    • ChatGPTは 7500 nodes+ のKubernetesクラスタ上で稼働
    • Generative AIがGDPに与える影響は推定 656 兆円 = $4.4 Tririon
    (UK の GDP は 462 兆円 = $3.1 Tririon

    • Kubernetes 上で LLM を利⽤した ChatBot をデプロイするデモ
    • https://github.com/cncf/llm-starter-pack

    View full-size slide

  13. Keynote の主な話題
    【そのほか】
    • 2022/3 にあった Datadog の障害の話
    • 60%の Kubernetes Node に問題が発⽣し、⼤規模なサービス障害にあった⽣々しい話
    • 根本的な原因・復旧までの道のり・復旧時にうまく動作しなかったことなど
    • ブログ: https://www.datadoghq.com/ja/blog/engineering/2023-03-08-deep-dive-into-platform-level-impact/
    • Kubernetes のアップデート
    • Gateway API GA、kubectl prune v2、server-side apply のデフォルト化

    View full-size slide

  14. Keynote の主な話題
    Containerd のメンテナでもある
    NTT 須⽥さんが
    Top Committer/Maintainer 2023 受賞 🎉

    View full-size slide

  15. Keynote 外の Topics 抜粋
    • Observability Whitepaper が GA
    • Kubernetes ⾃体に対するロードテストツール kube-burner が Sandbox 申請
    • Query⾔語の標準化は 2024 Q2 を⽬処に調査を完了し、具体的なディスカッションへ

    View full-size slide

  16. Gateway API ͷ GA release

    View full-size slide

  17. Gateway API の GA release
    • Gateway API が 2023/10/31 に GA Release
    • GKE の Gateway Controller ⾃体は 2022/11 に GA Release
    • Ingress の課題を解決するために、当初は Ingress v2 としても発⾜したプロジェクト
    • Ingress ⾃体は⾮推奨にする計画はない

    View full-size slide

  18. Gateway API: The Most Collaborative API
    in Kubernetes History Is GA
    - Rob Scott, Google & Nick Young, Isovalent
    • 2019年のプロジェクト発⾜から、現在の設計に⾄るまでの試⾏錯誤

    View full-size slide

  19. What's Happening with Ingress-Nginx!
    - James Strong, Chainguard & Ricardo Katz, VMware
    • k/ingress-nginx は最もメジャーな Ingress Controller の実装の⼀つ
    • 2024 年に Gateway API への対応を計画
    • 現在は優先度の⾼い前段タスクを遂⾏中
    • 利⽤されていない機能の削除・リファクタリング
    • Controlplane(Kubernetes Controller) と
    Dataplane(Nginx)の分離

    View full-size slide

  20. Gateway API の今後
    • 機能強化は Gateway Enhancement Proposals(GEPs) によって管理
    • Network Policy Enhancement Proposals(NPEPs)も踏襲
    • 現在 Experimental な主な機能追加
    • GRPCRoute の追加
    • Gateway で利⽤される IP アドレスの接続性の設定
    • HTTPRoute での timeout 設定
    • ベンダー固有の設定の設定を Gateway 単位で設定可能に(現状は GatewayClass 単位)
    • Gateway Controller の利⽤可能な機能を GatewayClassで管理可能に

    View full-size slide

  21. Why Service Is the Worst API in Kubernetes,
    & What Weʼre Doing About It
    - Tim Hockin, Google
    • Kubernetes の共同創設者であり、現在もコアメンテナーを務める Tim Hockin ⽒
    • Service の⼀部機能の Gateway API への統合案の紹介
    • Service は Pod を抽象的にまとめる
    • Gateway は接続性を担うもの
    • 複雑度の解消
    • Service/Ingress/Gateway の責務分離

    View full-size slide

  22. Kubernetes Advent Calendar 2023

    View full-size slide

  23. ʢҰൠड͚ͦ͠͏ͳʣਪ͠ηογϣϯ

    View full-size slide

  24. (⼀般受けしそうな)推しセッション
    • Extending Argo Projects: Customizing Argo CD and Argo Rollouts for Your Needs
    Leonardo Luz Almeida & Zach Aller, Intuit
    • Argo Rollouts と Argo CD の拡張機能についての紹介
    • Rollouts: Metrics・Traffic Router・Step などで独⾃の拡張を実施することが可能
    • 任意のデータソース・分析ロジックを元にしたAnalisys、任意のバックエンドを元にしたトラフィック制御・任意のStep実装
    • Argo CD: CMP・ApplicationSet Generator・UI+Proxy Extension
    • 任意のツールでの⽣成、Applicationを⽣成する仕組みの独⾃実装、Argo CD UIを拡張する機能(Prom連携等)

    View full-size slide

  25. (⼀般受けしそうな)推しセッション
    • OTTL Me Why Transforming Telemetry in the OpenTelemetry Collector Just Got Better
    • OpenTelemetry で利⽤されている OpenTelemetry Transformation Language についての紹介
    • Journey from Fluent Bit, Fluentd and Prometheus to OpenTelemetry Collector - Lessons Learned
    • Fluent Bit / Fluentd / Prometheus vs OpenTelemetry Collector の⽐較
    • Remote Control for Observability Using the Open Agent Management Protocol
    • OpenTelemetry Collector などの Agent を統合管理する OpAMP の紹介

    View full-size slide

  26. Thank you for your attention
    Twitter: @amsy810

    View full-size slide