Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Xcodeの Memory graph を使った華麗なるデバッグ

Xcodeの Memory graph を使った華麗なるデバッグ

E88ad298e614c1a0929219fae46c0f01?s=128

MiyasakaKazutoshi

March 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. Xcodeの Memory graph を使った華麗なるデバッグ @po_miyasaka try! Swift Pre Talks 2019

  2. ⾃自⼰己紹介 @po_miyasaka 「ペンギン村」に住む / 登⼭山 / LLDB /

  3. Debug Navigator Memory Graph

  4. 現時点で⽣生成されている クラスインスタンスが すべて表示されている

  5. もしこの画⾯面から 任意のプロパティやメソッドに 簡単にアクセスできたら便便利利

  6. ⭕ ブレークポイントを無理理に   作る必要はなくなる

  7. ⭕ ブレークポイントを無理理に   作る必要はなくなる ⭕ Memory Graphは   いつでも表示できるので   使いやすい

  8. ということで

  9. これを実現するLLDBコマンド 「vinfo」を作りました。 (設定&インポート⽅方法はリポジトリのREAD.mdに記載) https://github.com/po-miyasaka/LLDB

  10. アドレスを渡すと vinfoの使い⽅方

  11. 変数が⽣生成される。 vinfoの使い⽅方

  12. メンバにもアクセスできる vinfoの使い⽅方

  13. (デモが失敗した時に⾒見見る記事、Gifイメージあり) http://blog.penginmura.tech/entry/2019/02/03/215957 • プライベートなプロパティを確認 • プライベートなメソッドの実⾏行行 • View Hierarchyでの応⽤用 デモ

  14. ⽣生成された変数がSwift、ObjC どちらの⾔言語で扱うべきかを示す。 vinfoの出⼒力力について

  15. 「po」の代わりに以下のコマンドで⾔言語を使い分ける Swiftの場合「pos」 Objcの場合「poc」 (これらはvinfoのコード内に定義されたエイリアスです。) vinfoの出⼒力力について

  16. 「type lookup」 はメンバ⼀一覧を表示するLLDBコマンド。 vinfoの出⼒力力について

  17. vinfoの出⼒力力について 「type lookup」 はメンバ⼀一覧を表示するLLDBコマンド。 実⾏行行結果

  18. 準拠しているプロトコルや エクステンションに派⽣生したメソッドなど も表示できる vinfoの出⼒力力について 実⾏行行結果

  19. vinfoコマンドの特⻑⾧長 • アドレスからSwift, Objcクラスの変数を作成できる。 • 外部ライブラリのクラスに対しても使⽤用可能 • 「Debug View Hierarchy」でも使⽤用可能

    • プライベートなメンバにもアクセスできる • type lookup でメンバを確認できる • セットアップが簡単 • コードに影響を与えることなく活⽤用できる
  20. • アドレスからSwift, Objcクラスの変数を作成できる。 • 外部ライブラリのクラスに対しても使⽤用可能 • 「Debug View Hierarchy」でも使⽤用可能 •

    プライベートなメンバにもアクセスできる • type lookup でメンバを確認できる • セットアップが簡単 • コードに影響を与えることなく活⽤用できる vinfoコマンドの特⻑⾧長
  21. ご清聴ありがとうございました!