Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サービスを陳腐化させない組織だった技術刷新 / Technology Renewal Initiatives

サービスを陳腐化させない組織だった技術刷新 / Technology Renewal Initiatives

2022.6.1実施のRAKUS Meetupにて発表した資料です。

0aa238a274c2397214b20d6eed58939b?s=128

moomoo-ya

June 01, 2022
Tweet

More Decks by moomoo-ya

Other Decks in Technology

Transcript

  1. #RAKUSMeetup ©2022 RAKUS Co., Ltd. サービスを陳腐化させない 組織だった技術刷新 2022.6.1 Isamu Suzuki

  2. #RAKUSMeetup 鈴木 勇 / @moomooya LTの売人(足を洗い気味) 株式会社ラクス 技術推進課 • ガンプラ部

    部長 • 技術推進プロジェクト 旗振り • 技術ロードマップ更新 主幹 • 各チームのお悩み相談 プライベート • 自宅ESXi管理者 ◦ 先日マイクラサーバー再稼働した ◦ 「書類、”共有”に入れておいた」 という一般的な家庭の会話 • ボドゲデザイナー • 写真展やったり • 料理したり ◦ 某Youtuberが経営してた店 より美味いらしい……
  3. #RAKUSMeetup 今日のお題 1. ビジネスの成功 2. システムの陳腐化 3. 技術刷新タイミングの逸脱 4. ではどうするか?

  4. #RAKUSMeetup ビジネスの成功→サービスの長命化 • ビジネスの失敗→サービスクローズ • ビジネスの成功→🎉長寿サービスの誕生🎉 エンジニアリングにとって   「作る」ことは大事   「続ける」ことはもっと大事(=大変)

  5. #RAKUSMeetup サービスが成功すると 成長期に利益を伸ばすため 大量の機能を実装する =技術的負債の蓄積

  6. #RAKUSMeetup 成熟期には顧客が多く 大規模な改修がしにくくなる 開発速度も余裕はない =システムの陳腐化

  7. #RAKUSMeetup

  8. #RAKUSMeetup 今回は 「システムの陳腐化」 について

  9. #RAKUSMeetup なぜ大規模な改修がしにくいのか ビジネスサイドと合意しながら進める開発だと  「良くなりそうだけど   良くならないかもしれない    でもきっと良くなる」 という開発項目は取り組みにくい。 本当は「◦◦を検証する」というタスクで予算確保できるとよい。 が、現実は厳しいことが多い。

  10. #RAKUSMeetup 不確定性がなくなれば解決する? 成果が見えていれば開発項目に取り込みやすい。 →サービス開発とは別に予算確保できる仕組みを構築 ※実際には全サービスで割り勘してるだけ 先行検証の仕組みが整った

  11. #RAKUSMeetup やりたいことは多い~理想と現実~ これで解決、とはいかない。 検証したい項目は無限にある。手当り次第やるわけにはいかない。 自社で「一番イケてないところ」から順番決めて取り掛かる。

  12. #RAKUSMeetup イケてない>>(超えられない壁)>>>やるとカッコいい イメージとしては   並に出来てる(コスト5) → イケてる(コスト3) 2改善 よりも   イケてない(コスト10) →

    並に出来てる(コスト5) 5改善 を優先する。
  13. #RAKUSMeetup https://speakerdeck.com/moomooya/distribute-tasks

  14. #RAKUSMeetup 技術ロードマップ

  15. #RAKUSMeetup 何を検証していくかのロードマップ 事業の成長ペースやサービス特性、顧客特性、技術トレンドを考慮し て必要になる技術の優先度付けをしたもの。 3年先までを目処に毎年更新。 更新作業は社内のベテランエンジニアを総出で駆り出す。 →このロードマップに従って技術検証を進める

  16. #RAKUSMeetup 技術検証について 前提として「サービス開発の中で検証、導入検討する」のがベスト 技術ロードマップから拾いきれない部分を 先行検証プロジェクト(=「技術推進プロジェクト」)で別途対応。

  17. #RAKUSMeetup 技術推進プロジェクト

  18. #RAKUSMeetup 技術推進プロジェクトの実績 マイクロサービス 無停止運用 フレームワーク 匿名化情報 機械学習 認証認可 GraphQL ……

  19. #RAKUSMeetup プロジェクトのサイクル

  20. #RAKUSMeetup プロジェクトのサイクル 約8ヶ月間の準備期間 • テーマの必要性検討 • 人員の確保 ◦ 各部署との調整 ◦

    興味とテーマのマッチング
  21. #RAKUSMeetup 技術推進プロジェクトの様子~上期の例 • 4~5月 ◦ 顔合わせ ◦ テーマについて調査 • 6月

    ◦ 検証詳細を計画 ◦ 検証環境の構築 • 7~8月 ◦ 検証実施 ◦ 成果発表準備 • 9月 ◦ 成果発表 • 人員 ◦ テーマごとに2~3人 ▪ リーダー1人 • ベテランエンジニア ▪ メンバー1~2人 • 3年目以降くらい • 時間、期間 ◦ 週5時間 ◦ 半期もしくは通年 ▪ 3人 = 約2人月/半期 • 実施 ◦ チームごとに実施日を設定 ◦ 実施日に集まって検証
  22. #RAKUSMeetup 技術推進プロジェクトでの検証成果 各テーマの検証成果は開発組織内に共有。 要否の判断も期待しているので • 導入したいもの • 導入の必要がないもの の両方とも出てくる。それもまた取り組みの成果。

  23. #RAKUSMeetup 検証成果はできる限り公開 あまり社内ではアピールしてないけど ”openess” に従って 検証成果はできるだけ公開。 国内Webサービス発展の 一助となれば。 https://tech-blog.rakus.co.jp/

  24. #RAKUSMeetup 本取り組み自体もオープンに テックブログでも記事にしていますが、今日話した仕組みについても オープンにしてます。 同じ悩みをもつ企業様で取り込む際の参考にしてもらえれば。 (その成果もオープンにしてもらえると嬉しい……) https://tech-blog.rakus.co.jp/entry/20211216/gisui

  25. #RAKUSMeetup こういった取り組みの注意点 開発組織全体の位置付けとしてはサービスの「技術刷新の促進」 サービスに反映されるまでは3~4年くらいかかります。 • 大きな仕組み変更は年単位で計画している • そもそも3年先の課題感を見越している 確信持ってじっくりやるのが大事 ※「認証基盤」の話は珍しい例

  26. #RAKUSMeetup ラクスでは…… 長寿サービスを衰退させないために 3年 以上 前から先手を打って 陳腐化を防ごうとしています。 というお話でした。

  27. #RAKUSMeetup Thank you for your watching. 🙂