技術書へのアクセスを劇的に向上させた話 / oreilly-safari-and-acm-membership

技術書へのアクセスを劇的に向上させた話 / oreilly-safari-and-acm-membership

2020.07.21
エンジニアの勉強法ハックLT- vol.1
ACM会員になってO'reilly Safariで技術書を読みまくるお話。

0aa238a274c2397214b20d6eed58939b?s=128

moomoo-ya

July 21, 2020
Tweet

Transcript

  1. 技術書へのアクセスを 劇的に向上させた話 Isamu Suzuki 2020/07/21

  2. 鈴木 勇 / Isamu Suzuki • 株式会社ラクス • ガンプラ部 部長

    • 先行技術検証とか • 新規サービス技術選定とか • 技術イベント司会とか • C/Java → JavaScript → Python/TypeScript • 自宅鯖運用 もう少しで10年 • 先週夏休みで引っ越ししました ◦ 開始早々ぎっくり腰 ◦ 荷物は減らそう…… • 自転車欲しい
  3. 技術書へのアクセスを 劇的に向上させた話

  4. Webとか、本とか 勉強会とか、写経とか 勉強方法はたくさんある

  5. Webとか、本とか 勉強会とか、写経とか 論文とか、学会とか 憧れ的なものあるよね

  6. ACM Association for Computing Machinery

  7. ACM • 計算機科学領域における権威ある学会の1つ • チューリング賞の授与で有名 • 37の分科会 = SIG (Special

    Interest Group) ◦ SIGMOD (Management Of Data) ▪ 日本支部(SIGMOD-J)は日本データベース学会と一体運営
  8. 情報処理学会とも 迷いました

  9. 比較してみた ACM • 年会費 $99 • 特典 ◦ 学会誌送付 ◦

    メールニュース配信 ◦ O’Reilly Safari 情報処理学会 • 年会費 10,800円 • 特典 ◦ 学会誌送付 ※分科会への参加など他にもいろいろありますが緩く参加する前提で嬉しいあたりを
  10. 比較してみた ACM • 年会費 $99 • 特典 ◦ 学会誌送付 ◦

    メールニュース配信 ◦ O’Reilly Safari 情報処理学会 • 年会費 10,800円 • 特典 ◦ 学会誌送付 ※分科会への参加など他にもいろいろありますが緩く参加する前提で嬉しいあたりを ※ちなみに両方入ると相互に 20%OFFらしい
  11. O'Reilly Safari

  12. O'Reilly Safari (たぶん)現時点最強の技術書サブスクリプションサービス 本来 $499/年 のサービス オライリーの技術書を中心に読み放題 オライリー以外の出版社も含まれている(PearsonとかManningとか) ブラウザ、もしくはスマホアプリで閲覧 ※ただし日本語はない

  13. 日本語はない でも大丈夫

  14. ブラウザで閲覧できるので 【Google翻訳が使えます】 ただしChromeで日本語変換状態だとページナビゲーションが死ぬ……

  15. 他にも 章ごとに冒頭部分しか表示されない場合がある。 他の人は発生していないっぽいので個人環境依存の様子。 acmhelp@acm.orgに助けを求めると担当CSさんが対応してくれる。 (現在進行形で助けを求めています)

  16. それでも読み放題は 圧倒的

  17. • 未訳の最新書籍が読める • 1章だけ読める • 横断検索できる

  18. 「1冊4000円か……グゥ」 「欲しい情報載ってる?」  がなくなる

  19. ACM会員にも物足りない部分が • O'Reilly Safari が$99/年で使えるだけでも満足 • メールニュースも結構嬉しい • しかしデジタルライブラリ(論文)が要約までしか見れない ◦

    6月末までは対COVID-19キャンペーンで全文読めた ◦ $199/年 のデジタルライブラリOP付きに変えたい ▪ もともと論文を読みたかった……
  20. ACM会員はコスパがいいぞ

  21. Thank☺You • ACM会員は年間$99 ◦ デジタルライブラリOP付きだと$199 • 通常$499のO'Reilly Safariが使える • O'Reilly

    Safariはいいぞ