Red Hat Enterprise Linux 8 の Web Console を守る技術

Red Hat Enterprise Linux 8 の Web Console を守る技術

RHELのWeb Consoleの安全性を高める工夫や、関連した情報をおしらせします。

79c2f7db29ee6df3e1ceb85c6a0126d3?s=128

Kazuo Moriwaka

August 05, 2019
Tweet

Transcript

  1. 1 Red Hat Enterprise Linux 8 の Web Console を守る技術

    森若 和雄 Solution Architect 2019-11-19
  2. 2 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. このスライドの位置付けと目的 •

    対象 • RHELのWeb Console(cockpit)に興味があるがセキュリティに 不安がある人 • 目的 • cockpitがどのように実装されているかの情報提供
  3. 3 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. 概要 •

    Web Console(cockpit) • ログイン時の動作 • TCPポートの制限 • Identity Managementとの統合
  4. 4 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. Web Console

    サーバ管理用のWeb UIを提供 • サービス管理 • アカウント管理 • ネットワーク管理 • ファイアウォール管理 • ログ閲覧 • 仮想マシン管理 • 仮想端末 などの管理機能を提供 https://cockpit-project.org/
  5. 5 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. インストール •

    パッケージ導入 • yum install -y cockpit • ファイアウォール設定 • firewall-cmd --add-service=cockpit --permanent • firewall-cmd --reload • サーバ証明書配置 • /etc/cockpit/ws-certs.d/に証明書を配置(なければ自己署名証明書を自動生成) • 起動設定 • systemctl enable --now cockpit.socket • ブラウザで接続 • firefox https://example.com:9090/
  6. 6 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. よくある(?)「Webコンソール」のイメージ(偏見) •

    外部コマンド実行 やファイル変更を root権限で実施 • 「root権限で何で もできるプロセ ス」を実行 • 独自の権限管理設 定やDBが必要 root権限で 何でもできる プロセス httpd 権限 管理 外部プロセス 外部プロセス ファイル UI DB
  7. 7 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. cockpitは? •

    ログインしたユーザの権限で実施 • root権限はセッション開始のみ • OSの権限管理をそのまま使う cockpit-session root権限で動作 ログイン処理 外部プロセス 外部プロセス ファイル UI cockpit-bridge ユーザの 権限で 何でもやる cockpit-ws ログインと 接続 pam GSSAPI OSの 権限管理 生成 認証情報 リクエスト
  8. 8 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. ログイン時の動作 1.

    cockpit-wsがログイン 画面を表示 2. 認証情報を送付 • ID+Password • GSSAPI 3. cockpit-sessionを実行 4. PAMで認証 5. 認証ユーザでcockpit-bridgeを実行 6. 以下チェックのある場合pkexecで root権限のcockpit-bridgeを起動 cockpit-session root権限で動作 ログイン処理 cockpit-bridge ユーザの 権限で 何でもやる cockpit-ws ログインと 接続 pam GSSAPI 生成 リクエスト PolicyKit経由でroot権限で実行する デフォルト設定ではwheelグループの ユーザのみ成功 cockpit-bridge --privilege rootユーザの 権限で 何でもやる 生 成 認証情報
  9. 9 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. ログイン後 •

    ブラウザ上のjavascriptとcockpit-bridge(およびcockpit-bridge --privilege)が通信 • cockpit-bridge本体と、packageと呼ばれるプラグインがdbus, REST API, プロセス 実行など各種の操作を実施。通常のユーザ権限管理をそのまま利用。 cockpit-session セッション管理 だけ 外部プロセス 外部プロセス ファイル UI cockpit-bridge ユーザの 権限で 何でもやる cockpit-ws ログインと 接続 OSの 権限管理
  10. 10 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. ログイン関連について •

    権限を必要最小限に制限したプロセスに分割 • cockpit-wsプロセスはcockpit-wsユーザで待ちうけと接続、cockpit-session の起動とcockpit-bridgeとの通信を実行 • cockpit-sessionは認証を行いセッションを開始。ユーザ自身の権限(指定 によりroot権限も)で動作するcockpit-bridgeを起動するだけ • SELinuxのポリシーも準備されている • enforcingで使うことでcockpit-wsやcockpit-sessionに未知の脆弱性がある 場合にも任意プロセス実行などを予防 • 自己署名証明書の利用はお勧めしません • ブラウザとcockpit-ws間の通信路が信頼できてはじめて安全
  11. 11 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. TCPポートを制限したい •

    Cockpitは通常9090番ポートをlisten • Cockpit同士でsshによる通信を行う • cockpit-wsはssh経由で他サーバのcockpit-bridgeを起動・通信 • 踏み台サーバからsshで数珠繋ぎにすることで直接通信できない サーバを管理 HTTPS port 9090 SSH port 22 踏み台サーバ 管理対象サーバ cockpit cockpit
  12. 12 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. Identity Managementとの統合

    • RHEL同梱のRed Hat Identity Managementと統合されています • IdMが管理するドメインにサーバが参加していれば以下が可能 • Web Consoleを含めたシングルサインオン(SSO) • Web Consoleで利用するサーバ証明書を自動発行 • ドメイン内ではsshの鍵配布が不要になるため、sshを経由し て他サーバを参照する場合に準備が不要
  13. 13 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. まとめ •

    RHELの管理を簡単にするWeb Consoleは、簡単に利用 できるだけでなくセキュリティにも配慮して開発され ています • ログイン時に最小の特権だけを利用 • 長期間に渡る実績があるPolicyKitなど枯れた技術を活用 • ネットワーク接続ポートを増やせない場合はsshのみ許 可されていれば踏み台から接続可能 • Identity Managementと統合されています
  14. 14 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. • RHEL8ドキュメント「Web

    コンソールを使用したシステムの管理」 • https://bit.ly/rhel8-webconsole-ja2 • Cockpitプロジェクトblog「Is Cockpit Secure?」 • https://cockpit-project.org/blog/is-cockpit-secure.html • Cockpitプロジェクトドキュメント「Single Sign On」 • https://cockpit-project.org/guide/latest/sso.html See also
  15. 15 Copyright Red Hat K.K. All rights reserved. Thank You