消費型課金を導入する / Introduction to consumable In-App Billing

消費型課金を導入する / Introduction to consumable In-App Billing

828a043ea62abb720c882a4f77d495e6?s=128

morizooo

May 01, 2018
Tweet

Transcript

  1. 消費型課金を導入する 2018.04.19 morizooo Potatotips #50 © 2018 Mirrativ, Inc.

  2. •Profile •morizooo •2月からミラティブのAndroid作ってます https://www.mirrativ.com/

  3. •課金方式 •消費型課金 - 購入後に消費リクエストを行うことにより再度購入できる方式 - アプリ内のアイテム購入時に使う •非消費型課金 - 一度だけ購入できる方式 -

    一度だけ買えるお得なアイテムや権利をつけるときに使う •購読型課金 - 一定期間ごとに自動的に繰り返し課金を行う方式 - 会員権の継続に使う
  4. •Play Billing Library •2017年9/19日にリリース - 内部のフローはIn-app Billing Version 3 APIと同じ

    - 使いやすいインタフェースが定義されたラッパーのライブラリ
  5. •Play Billing Library •サンプル実装が存在 1. https://github.com/googlesamples/android-play-billing/tree/ master/TrivialDrive_v2 2. https://github.com/googlecodelabs/play-billing-codelab -

    アプリの見た目は同じ - TrivialDrive_v2の方がしっかり作ってある - play-billing-codelabは署名ファイルが入っていてすぐ動く まずplay-billing-codelab触って間食掴んでから TrivialDrive_v2を触るのがオススメ
  6. •Play Billing Library •できること •課金できる端末かチェック •購入情報取得 •商品情報取得 •Google Playの購入画面を出す BillingClientの

    - startConnection - querySkuDetailsAsync - launchBillingFlow - consumeAsync の呼び出しとリスナー定義すれば実装できる
  7. •課金フロー •PlayBillingLibraryを通して購入処理を実行する - 以前の課金情報が見つかればスキップする場合もあり ①    

  8. •課金フロー •Googleからレシートを受け取る - レシートの署名鍵の確認を行う(サーバー側でやってもよい) ②   

  9. •課金フロー •サーバーに対してレシートの検証を行う - 購入したアイテム・ユーザの情報も送ってます ③    

  10. •課金フロー •Googleに対してレシートの検証を行う - Google Play Developer APIのPurchases.products: getを使う https://developers.google.com/android-publisher/api-ref/purcha ses/products/get

    ④    
  11. •課金フロー •レシートの結果を受け取る - 内容は正常でも既に登録されていないかチェックする - 結果を永続化して残す ⑤    

  12. •課金フロー •レシートの検証結果を受け取る - 既に使用されているレシートが来た場合も消費処理を行うために成 功として返しています ⑥    

  13. •課金フロー •検証成功ならPlayBillingLibraryから消費リクエストを投げる - この時点で再度購入可能になる ⑦    

  14. •課金フロー •①以外のエラーは課金の復元が必要 - 整合性の担保はサーバーサイドでやってます - 同じレシートが何度来ても良いが有効になるのは一度だけ - 復元タイミングはアプリによるので頑張りましょう ①    

    ②    ④     ⑥     ③     ⑤     ⑦    
  15. •Tips •開発環境でのテスト • 公開しているアプリ情報と一致しないと課金情報取れない - packageName,versionCodeを合わせる必要がある ①:開発用のアプリを作成してプロダクト設定を行う ②:本番アプリのビルド設定を開発用アプリに実行する → QA前日に気づいたので②でやってます

  16. •Tips • 動作確認中のクラッシュ - googleアカウントにログインせずに購入しようとすると突然死 - 購入中に電話が来て、その後に購入すると突然死 → 様々な要因があるので気をつけましょう •

    課金フローの沼 - Google上は同じアカウントだが複数端末あって途中でエラーが起 こった場合に別端末が繋いで来たらどうするのか等 →考えるとキリがない。思いつく分の処理は考えておく  最終手段を用意しておく
  17. •まとめ •PlayBillingLibraryで問題なく課金処理が導入できる - developerPayloadが使えないので注意する •In-app Billing Libraryから移行する必要はない •知見あれば教えてください!!!