Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

YouTubeライブ対談からのエッジコンピューティング入門

 YouTubeライブ対談からのエッジコンピューティング入門

2023/8/16に開催された下記勉強会のLTスライドです。

ElixirImp#34:Elixirでマイクロサービス & エッジコンピューティング
https://fukuokaex.connpass.com/event/288716/

nako@9時間睡眠

August 16, 2023
Tweet

More Decks by nako@9時間睡眠

Other Decks in Programming

Transcript

  1. YouTubeライブ対談からの
    エッジコンピューティング入門
    DID/エッジコンピューティングの専門家Brooklyn ZelenkaさんとElixir
    &つらいマイクロサービスについて良いお話が聴けると聞いて来ました
    2023/8/15 … nako

    View full-size slide

  2. ノリで始まった
    YouTube配信が
    きっかけ

    View full-size slide

  3. 2022年2月、Youtubeライブ対談
    ● Brooklyn ZelenkaさんのWeb3/DID/エッジコンピューティングのPodcast翻訳を
    テーマに、ライブ対談というか講義を受けました。

    View full-size slide

  4. 対談の元になったpiacereさん翻訳記事

    View full-size slide

  5. 翻訳元となったPostcast
    Elixir界のエッジコンピュータとIPFS(InterPlanetary File System:惑星間ファイルシステ
    ム)、DIDの専門家、Brooklyn ZelenkaのElixirエッジコンピューティングPodcast
    「Brooklyn Zelenka and The Exciting World of Edge Computing」

    View full-size slide

  6. Brooklyn
    Zelenkaさんって
    誰?

    View full-size slide

  7. Brooklyn ZelenkaさんのElixir活動
    ● 作っているOSS
    ○ Witchcraft … 代数的データ型をElixirで扱えるようにするライブラリ群
    ■ 数学の式をプログラミングの型として扱う考え方らしい ...
    ● ElixirConfでの登壇数が多い
    ○ ElixirConf 2021 - Brooklyn Zelenka - The Jump to Hyperspace
    ● Podcast

    View full-size slide

  8. Brooklyn Zelenkaさんが参加する
    DID Foundationとは?
    ● アメリカを拠点にしていて、オープンソースの分散型IDエコシステムの構築に取り組
    んでいる団体。
    ○ ブロックチェーン関連企業や組織、デジタル IDサービスを提供する企業や組織がメンバーとして名
    前を連ねている。

    View full-size slide

  9. DIDってなんだろう?
    ● Decentralized Identifierの略
    ○ 分散型のID。
    ■ グローバルに一意で、検証可能で、永続的で、中央集権的なレジストリを必要としない識別
    子。
    ■ 中央集権型のID(例えばGoogleアカウントなど)は企業が管理するのでその企業の方針に左
    右されるが、分散型IDは個人が持つ秘密鍵だけが IDを利用できるので、中央集権型の IDの
    デメリットを受けないとされる。
    ● 中央に垢BANされない...!
    ● アカウントの接続にパスワードを使わない。
    ○ システムからユーザー登録がなくなるらしい。
    ○ 情報漏えいのリスクが低いこと、データを改変できるのは本人のみであること、提供する情報を調
    整できることなどが利点として挙げられる。

    View full-size slide

  10. 対談配信で
    わかったこと

    View full-size slide

  11. 凄いプログラマはライフスタイルも大事にしている
    ● 凄いプログラマはプログラミングしか興味を持たないと思っていた。
    ● Podcastの序盤の話題は「パンデミック中の趣味は発酵食品作り」だった。
    ○ パイナップルビールやジンジャービールのような微発泡の爽やかな味わいの発酵した飲
    み物を作ったり、そのレシピをPDFで公開したり。

    View full-size slide

  12. 身近なエッジコンピュータ
    ● 普段何気なく使っているOura ringやスマホ等がエッジデバイスであり、その先の世
    界があるらしいことがわかった。

    View full-size slide

  13. エッジ上のデータは置き場所を問わない...らしい
    ● コンテント・アドレッシングという概念
    ○ ファイルのハッシュ値がわかれば、どこにファイルがあるか分からなくてもファイルを取得
    できる。
    ■ どこの書店に行っても、どの書店で入手することは気にすることなく、同じ本を手に
    入れられるのと同じ。

    View full-size slide

  14. 中央集権と分散/非集中
    ● 中央集権(Centralized)とDecentralized(分散)、Distributed(非集中)というネット
    ワークやデータの持ち方がある。

    View full-size slide

  15. 参考:LiveViewとは並行して存在するパラダイム
    ● 同じリアルタイムフロントを開発するのにエッジコンピューティングとサーバーサイド
    でそれが作れるLiveViewは正反対のアプローチをしている
    ○ エッジコンピューティング ...エッジもしくは近所にあるエッジサーバで処理しようとする
    ○ LiveView…クラウド上にあるサーバでフロントまで処理しようとする

    View full-size slide

  16. エッジコンピュー
    ティングと
    Elixirの相性がい
    いらしい

    View full-size slide

  17. エッジコンピューティングとElixirの相性がいいらしい
    ● Erlangノード…複数マシン間を協調連動させる機構
    ● GenServer…複数マシン間のプロセス分散
    ● GenStage/Flow…マルチコア活用の元にもなっているプロセス群連携
    ● Broadway…プロセス群を連携させた分散キュー
    ● Nerves…NW越しでIoTデバイスを分散
    くわしくはpiacereさんのQiita記事を読もう!

    View full-size slide

  18. エッジコンピュー
    ティングから先の発

    View full-size slide

  19. エッジコンピューティングから先の発展
    ● Livebook…NW越しでLivebook同士を接続して分散
    ● Livebook上のNx/Axon等のAI・ML…NW越しでAI・MLが分散
    くわしくはYoutubeの動画をみよう!
    https://www.youtube.com/watch?v
    =HG1ap42SDOU&t=209s

    View full-size slide

  20. これから勉強する
    内容なので、詳しい
    方に補足いただける
    と嬉しいです!

    View full-size slide