Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

組織に合わせた UXリサーチ浸透の取り組み

組織に合わせた UXリサーチ浸透の取り組み

RESEARCH Conference 2023スポンサーセッション / Chatwork株式会社

TomokoNishina

May 27, 2023
Tweet

More Decks by TomokoNishina

Other Decks in Design

Transcript

  1. 組織に合わせた

    UXリサーチ浸透の取り組み

    〜デザイナー編〜
    Chatwork株式会社

    プロダクト本部プロダクトデザイン部 UXリサーチチーム

    仁科智子

    2023 年 5月 27日

    @ RESEARCH Conference 2023
    ©️Chatwork

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    仁科 智子 / UXリサーチャー
    Chatwork株式会社

    プロダクト本部 プロダクトデザイン部 UXリサーチチーム
    k 2022年 Chatwork / UXリサーチチームの立ち上g
    k 2019年 Chatwork / UXUIデザイナー,UXリサーチャ`
    k 2018年 決済系スタートアップ / デザイナ`
    k 2011年 美容系事業会社 / デザインマネージャー、ディレクター
    Twitter / @tomokoishida19

    View full-size slide

  3. Chatwork
    i 国内最大級のビジネスチャット「Chatwork」を
    中心に、複数の周辺サービスを展開*G
    i ビジネスチャットのパイオニアであり国内利用者
    数No.1*2

    i 電話やメールから効率的なチャットへ、
    させ、

    プラットフォーム化を目指しています
    導入社数は39.7万社*3
    を突k
    ビジネス
    コミュニケーションの変化を加速
    ü *1 Chatworkセグメント以外の事業として、ESET社提供のセキュリティ対策ソフトウェア「ESET」の代理販売事業を
    展開。安定的な収益貢献となってい¦
    ü *2 Nielsen NetView 及びNielsen Mobile NetView Customized Report 2022年5月度調べ月次利用者(MAU:Monthly
    Active User)調査。  調査対象はChatwork、Microsoft Teams、Slack、LINE WORKS、Skypeを含む47サービスを
    Chatwork株式会社にて選定¯
    ü *3 2023年3月末時点
    \JOIN US/ 様々な職種で仲間を募集中です!
    htt
    ps://r
    ecr
    uit
    .chatwork
    .co
    m/

    View full-size slide

  4. UXリサーチチーム立ち上げ1年目で実施した

    UXリサーチ浸透活動


    デザイナー向け
    本日のテーマ
    話すこと

    View full-size slide

  5. ・今からおよそ1年前に誕生

    ・プロダクトデザイン部の中のチーム

    ・メンバーのユーザー理解を支援し、意思決定のスピードアップに貢献
    ChatworkのUXリサーチチームとは
    まずは身近なデザイナーに向けてUXリサーチ支援や浸透活動に取り組み中

    View full-size slide

  6. UXリサーチチーム立ち上げ1年目でやったこと
    &$ を理解する
    ターゲットとなるデザイナー
    D$ を考える
    デザイナーの立場に立って仕組み
    b$ する
    仮説検証を回して改善
    デザイナー向けUXリサーチ浸透活動

    View full-size slide

  7. 5 UXリサーチの実施タイミングがわからな
    5 ユーザー理解に自信がないままUIの決定をしている場合がある
    `X ターゲットであるデザイナーを理解する
    ヒアリング結果
    デザイナーへ普段のデザインプロセスにおける課題感をヒアリング
    どうしたら をし、

    UI決定に繋げていけるか?
    必要なタイミングでUXリサーチの実施判断

    View full-size slide

  8. デザイナーの立場で仕組みを考える
    UXリサーチの実施タイミングがわからない
    デザインフロー
    UT 要件立て前情報整理
    WT コンセプト/UXUI要件
    wT 情報・要件整理
    PRD
    T ドラフトレビュー
    —T チーム合意
    fT FIXデザイン
    既存機能/仕様の整理を経て、PRDの与件からコンセプトとUX/UI要件を読み解く
    画面遷移や機能の洗い出しをおこない、主要画面を定義する
    主要画面のワイヤーフレーム案をレビューを通じて決定し、詳細仕様を策定する
    グラフィックデザインを作成し詳細スペックを決定する
    どのタイミング?

    どんな効果?

    View full-size slide

  9. デザイナーの立場で仕組みを考える
    デザインフローに、はじめやすい

    UXリサーチのタイミングを明記
    ex)ユーザビリティテスト
    デザインフロー
    gf 要件立て前情報整理
    if コンセプト/UXUI要件
    ‰f 情報・要件整理
    PRD
    ff ドラフトレビュー
    mf チーム合意
    rf FIXデザイン
    既存機能/仕様の整理を経て、PRDの与件からコンセプトとUX/UI要件を読み解く
    画面遷移や機能の洗い出しをおこない、主要画面を定義する
    主要画面のワイヤーフレーム案をレビューを通じて決定し、詳細仕様を策定する
    グラフィックデザインを作成し詳細スペックを決定する
    UXリサーチの実施タイミングがわからない
    UXリサーチ検討タイミング

    View full-size slide

  10. R タイミングが明確になることで、リサーチの検討機会が増えてきC
    R いくつかの施策でリサーチが実施され、UI決定への活用に繋がった
    d スピード感が重要な施策では"遅れのリスク"と捉えられてしまい

    UI設計の段階でUXリサーチを実施しづらい
    良かったこと
    難しかったこと
    | 仮説検証を回して改善する
    デザインフローへのUXリサーチ組み込み結果

    View full-size slide

  11. 仮説検証を回して改善する
    UI設計の段階ではUXリサーチを実施しづらい
    デザインフロー
    RQ 要件立て前情報整理
    TQ コンセプト/UXUI要件
    tQ 情報・要件整理
    PRD
    ‡Q ドラフトレビュー
    ”Q チーム合意
    ™Q FIXデザイン
    ln 実装・リリース
    既存機能/仕様の整理を経て、PRDの与件からコンセプトとUX/UI要件を読み解く
    画面遷移や機能の洗い出しをおこない、主要画面を定義する
    主要画面のワイヤーフレーム案をレビューを通じて決定し、詳細仕様を策定する
    グラフィックデザインを作成し詳細スペックを決定する
    実装・動作検証をおこない、リリースする UXリサーチ
    チームが解散してしまうと

    活かす機会が少なかった…

    View full-size slide

  12. 仮説検証を回して改善する
    UI設計の段階ではUXリサーチを実施しづらい
    ユーザー体験をリアルに理解し

    わかったことを次の施策に活かす
    デザインフロー
    xw 要件立て前情報整理
    €w コンセプト/UXUI要件
    dw 情報・要件整理
    PRD
    qw ドラフトレビュー
    xw チーム合意
    }w FIXデザイン
    †ˆ 実装・リリース
    既存機能/仕様の整理を経て、PRDの与件からコンセプトとUX/UI要件を読み解く
    画面遷移や機能の洗い出しをおこない、主要画面を定義する
    主要画面のワイヤーフレーム案をレビューを通じて決定し、詳細仕様を策定する
    グラフィックデザインを作成し詳細スペックを決定する
    実装・動作検証をおこない、リリースする UXリサーチ検討タイミング②

    View full-size slide

  13. \ Follow me /
    Chatwork Product Design マガジン
    noteにてナレッジや採用情報の発信をおこなっています!

    https://note.com/chatworkdesign/m/m6e6b2d5ecaa2

    View full-size slide

  14. ありがとうございました

    View full-size slide