Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google Cloud Updates 2021/ 09/16 - 2021/09/30

Google Cloud Updates 2021/ 09/16 - 2021/09/30

609308e6510e41133d30460eef1ccd36?s=128

Norio Nishioka

October 18, 2021
Tweet

Transcript

  1. Google Cloud アップデート 2021 09/16 - 09/30 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021 年

    10 月 15 日
  2. Proprietary + Confidential はじめに 本資料は以下 URL から公開情報をもとにアップデートを一部紹介しています https://cloud.google.com/release-notes

  3. Google Cloud アップデートサマリー 2021-09-16 ~ 2021-09-30 3

  4. App Engine Standard environment (Go, Java, PHP, Python) [9/20] 以前は、リクエストの終了後に

    App Engine スタンダード環境から行われたレガシー API 呼び出し は、すぐにエラーで返されていましたが、許可されるようになりました。これらの API 呼び出しは、App Engine スタンダードの料金に従って請求されます
  5. BigQuery [9/17] BigQuery は、次の地理関数をサポートするようになりました • ST_EXTERIORRING: ポリゴン geography の最も外側のリングに対応する LineString

    の geography を返します • ST_INTERIORRINGS: ポリゴン geography の内部リングに対応する LineString の geography の配 列を返します • ST_ANGLE: 2 本の交差する線の間の角度を返します • ST_AZIMUTH: 2 点で形成される線分の方位角を返します • ST_NUMGEOMETRIES: geography 内のジオメトリの数を返します ST_GEOMETRYTYPE: geography を string として記述する Open Geospatial Consortium(OGC)ジオメト リ タイプを返します これらの機能は GA です [9/21] クラウド コンソールから CSV ファイルに クエリ結果を保存 する場合、以前は 16,000 行の制限があり ましたが、利用可能なダウンロード サイズが 10 MB となりました。また、ネストされた繰り返しデータを含む テーブルを CSV ファイルとしてダウンロードできるようになりました
  6. BigQuery [9/27] BigQuery は、次の地理関数をサポートするようになりました • ST_BOUNDINGBOX: geography の境界ボックスを表す STRUCT を返します

    • ST_EXTENT: 入力された GEOGRAPHY 値セットの境界ボックスを表す STRUCT を返します • S2_COVERINGCELLIDS: 入力 GEOGRAPHY をカバーする S2 セル ID の配列を返します • S2_CELLIDFROMPOINT: ポイント GEOGRAPHY をカバーする S2 セル ID を返します これらの機能は GA です
  7. BigQuery ML [9/16] BigQuery ML ドキュメントが更新され、次の改善が行われました • End-to-end user journey

    に、利用可能な各モデルの機械学習ワークフローの概要が含まれるよう になりました • 各機械学習モジュールは、 BigQuery ML の動作を説明する概要ドキュメントと追加のガイダンスへの リンクを提供するようになりました。新しいドキュメントには次のものが含まれます • モデル作成の概要 ◦ 前処理の概要 ◦ ハイパーパラメータ調整の概要 ◦ モデル評価の概要 ◦ モデル推論の概要 ◦ 説明可能な AI の概要 ◦ モデルの重みの概要 • ドキュメントの構成とコンテンツの改善、および新しいランディング ページの追加
  8. Binary Authorization [9/28] Cloud Run のバイナリ認証が GA となりました クイックスタート 、もしくはサービスで、

    Set up overview for Cloud Run のページを確認してください
  9. Cloud Billing [9/17] 費用内訳で、新しいフィルタとレポート共有がサポートされるようになりました Cloud Billing Console の 費用内訳 で

    期間 と、プロジェクト、サービス、 SKU などの その他のフィルタ を使 用して、分析する対象を選択できるようになりました。 費用内訳に関する費用傾向の把握については、 請求レポートと費用傾向の表示 を参照してください。費用 内訳で構成したものと同じ期間やフィルタが利用できます。 費用内訳から [レポートを表示] を開くと レポー トが開き、費用内訳と同じ合計が表示されます。 新しいフィルタに加えて、費用内訳で URL のブックマークと共有 がサポートされるようになりました。期間や その他のフィルタを設定して費用内訳を構成すると、費用内訳 URL が更新され、フィルタ情報が含まれるよ うになります。URL をブックマークすると、設定を保存できます。 URL をコピーすることで、費用内訳を共有で きます 費用内訳、および新しいフィルタと共有機能の使用の詳細については、 ドキュメントを参照 してください
  10. Cloud CDN [9/22] Cloud CDN は、キャッシュキーでカスタムの名前付き Cookie とヘッダーをサポートするようになり、 A /

    B(多変量)テスト、カナリア、および同様のシナリオを有効にします。キャッシュ バスティングを可能にする ために、クエリパラメータの許可リストがバックエンドバケットでも有効になりました。これらの機能は Preview です 詳細については、キャッシュのドキュメント を参照してください
  11. Cloud Monitoring [9/27] [ VM Instances ] ダッシュボードの [ INVENTORY

    ] タブから、1 つ以上の Compute Engine VM に Ops Agent をインストールできます。ダッシュボードは、選択した VM に Ops Agent(推奨)またはレガシー エージェント(必要な場合)をインストールするために使用できる Cloud Shell コマンドを生成します
  12. Cloud SQL for MySQL / PostgreSQL / SQL Server [9/28]

    Cloud SQL は、データベースのコストを最適化するのに役立つ 2 つの推奨事項サポートしています。 この機能は Preview です アイドル データベース インスタンスの推奨事項 :プロジェクト内のアイドル データベース インスタンス を識別し、それらをシャットダウンすることで節約できるコストについて推奨事項を提供します オーバー プロビジョニングされた データベース インスタンスの推奨事項 :プロジェクト内のオーバー プロビ ジョニングされたデータベース インスタンスを識別し、これらのインスタンスを適切化することで節約できコス トについて推奨事項を提供します [9/28] データベース インスタンスのストレージ容量がほぼ不足すると、情報の損失を防ぐために自動的に 停止されます。詳細については インスタンスの停止 を参照してください
  13. Cloud Storage [9/20] オブジェクトのバージョン管理 をクラウド コンソールで管理できるようになりました • クラウド コンソールを使用して、オブジェクトの バージョン管理を有効

    または無効にできます • クラウド コンソール内から、バージョン管理された オブジェクトを一覧表示、復元、コピー、移動、およ び削除 できます [9/22] 大規模なオブジェクト削除を実行するときに、オブジェクト リストが影響を受けることはなくなりました。 以前は、バケット内の数百万のオブジェクトを一度に削除すると、オブジェクトリストのパフォーマンスが最大 数日間低下する可能性がありました
  14. Cloud Storage [9/27] Cloud Storage は、Cloud KMS リクエストをより効果的にバッチ処理する ようになりました •

    クラウドストレージの使用方法に変更はありません • Cloud KMS キーで暗号化されたオブジェクトを操作する場合、高強度のワークロードでのパフォーマ ンスの向上、Cloud KMS 監査ログの数の減少、および Cloud KMS 料金の削減が見られる場合があ ります これらの改善は、2021 年 9 月以降に Cloud KMS キーを使用して Cloud Storage 内で書き込まれ、書き直 されたオブジェクトに適用されます
  15. Compute Engine [9/22] OS Inventory Management を使用して、Windows アプリケーションのインストーラー プロパティにア クセスできるようになりました。詳細については

    OS Inventory Management を参照してください。この機能 は Preview です OS Inventory Management の設定と使用については、 オペレーティング システムの詳細の表示 を参照し てください
  16. Dataflow [9/21] Dataflow は、ワーカーリソースに ゾーン DNS を使用するようになりました。これにより、 Dataflow は 内部

    DNS 登録に関してより高い信頼性を保証できます
  17. Cloud Deploy [9/20] Cloud Deploy が利用できるようになりました。 Cloud Deploy は定義されたプロモーションシーケン ス

    で一連のターゲット環境へのアプリケーションの配信を自動化するマネージドサービスです。この機能は Preview です
  18. Google Cloud Marketplace Partners [9/28] Producer Portal の新しいガイド付き構成オプションを使用して、クラウドコンソール で直接 VM

    製品 のデプロイメント パッケージを作成できるようになりました 詳細については デプロイ パッケージの作成 を参照してください
  19. Migrate for Compute Engine [9/20] Compute Engine は、移行されたワークロードの単一テナントノードへの展開をサポートするようにな りました。単一テナンシーへの展開の詳細については、 個々の

    VM の移行 を参照してください
  20. Network Intelligence Center [9/20] Cloud VPN および Cloud Interconnect への接続が

    GA となりました。Google Cloud ユーザーは、 ネットワーク トポロジ を使用して、ネットワーク構成を監査し、オンプレミス ネットワークとの間のハイブリッド 接続に関連する問題のトラブルシューティングを行うことができます
  21. Pub/Sub Lite [9/24] Pub / Sub Lite 予約を使用すると、リージョン内の複数のトピック間でスループット容量を予約および 共有できます。詳細については、 Lite

    予約の作成と管理を参照 してください
  22. Vertex AI [9/21] Vertex Vizier が GA となりました [9/24] Vertex

    Matching Engine が GA となりました
  23. Video Intelligence API [9/20] CELEBRITY_RECOGNITION モデルは、今後 90 日間で新しいバージョンにアップグレードされます。 API インターフェースとクライアント

    ライブラリは以前のバージョンと同じままです。 API は、同じサービスレベ ルアグリーメント(SLA)に従います。このリリース日から 30 日以内に、新しいモデルをテストしてください テストを行うには、annotate メソッドにリクエストする際に、 feature オブジェクトのモデル フィールドに 「builtin / latest」 を指定します。この 30 日間の期間が終了すると、新しいバージョンはデフォルト モデルに 昇格し、「builtin / stable」としてアクセスできるようになります。今後、「 builtin / legacy」を使用して、元のモ デルをさらに 60 日間利用できます
  24. Thank you