Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RDB ばっかり使ってきたエンジニアが DynamoDB を使って感じたこと

RDB ばっかり使ってきたエンジニアが DynamoDB を使って感じたこと

B5d888044ab0982e83e730ff0ebfa940?s=128

n-sasakawa

July 13, 2021
Tweet

Transcript

  1. RDB ばっかり使ってきた エンジニアが DynamoDB を使って感じたこと 株式会社オークン 笹川直輝 竹内智哉

  2. 笹川 経歴 ガス系SIer 名刺管理サービスで常駐 株式会社オークン 受託開発 今後やりたいこと 保育業界を変えて行きたい ※今やろうとしていることはITと全く関係あ りません

    使ったことがあるAWSのサービス S3 Lightsail Cognito(コグニート)等
  3. 竹内 経歴 総合商社 経理部でレシート整理 株式会社オークン 受託開発 今後やりたいこと IoT機器の発明(ハードウェア学習中) 使ったことがあるAWSのサービス CodePipeline

    CloudWatch Lambda
  4. はじめに

  5. 超超超初心者だからこそ感じたこと

  6. きっかけ 社内勉強会でやったことないことをやってみ よう! RDBばっかりだから、NoSQL使ってみよう! ・SQL使わなくて良い。 ・AWSマネージドサービス。 ・低レイテンシー なんか凄そう!

  7. まずは AWSのチュートリアルを実施

  8. 基礎コース

  9. ほうほうなんとかついていけそうだ。 こうやってテーブル作成して、こうやって取得するのか。 今はふわっとしているが、中級コースをすると、身につきそうだ。

  10. 中級コース

  11. 全くわからん

  12. 全くわからん点① 難しそう&知らないカタカナが多すぎる スパース フィラー値 スパイキー

  13. 全くわからん点② それを組み合わせて使ってくる スパイキーなワークロード スパースセカンダリインデックス

  14. 全くわからん点③ 複数のエンティティを1テーブルに入れる え、正規化ちゃうの。。。

  15. DynamoDBを使ってみて感じたこと

  16. RDBと似ている ・特定のAttributeを持たない項目があっても良い →特定のカラムに値を持たないレコードがあっても良いように設定可能(=NULL許可)

  17. RDBと違う ほぼ全部。

  18. RDBと違う ・Attributeには「値を入れるタイミング」で型が指定される →どんな値(=型)でも入ってしまうということでは? 例.[Age]の中身はStringかNumberかそれ以外か、、、不安だ。 ・アクセスパターンを想定してテーブルを設計する →RDBでは静的なデータ構造を考えていたが、DynamoDBではデータにアクセスされる動的な ストーリーを想定する。これは新感覚。 ・DynamoDBはあらゆるスケールで一貫したパフォーマンスを実現する →100TBを越えるテーブルでも、読み取りや書き込みのパフォーマンスはテーブルのサイズが 1GBより小さい場合と同じ。「レコードが増えてクエリが重くなる」とは無縁。

  19. まとめ RDBに慣れている為、DynamoDBの仕組みがより難解に感じる。 DynamoDBの恩恵(速度とスケール)を受けるのはサービスが成熟した頃かな。 でもRDBと全く違う仕組みだからこそ、 RDBよりもDynamoDBの活躍どころとなるサービスやプロダクトがきっとある! どちらも知っておけば将来的にリレーショナルと非リレーショナルを 常に比較して選定することができる!

  20. 終わりに 全くわからない、RDBと何が違うのという段階から始めた。 わからないなりにハンズオンを繰り返すと DynamoDBの輪郭が見えてきた。 ハンズオンでもそれ以外でも実際にサービスを試してみることが大事だなと感じた。