Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DMM.com アジャイル導入の変遷と学び

DMM.com アジャイル導入の変遷と学び

DevLead by DMM #2 〜アジャイル開発 編〜
https://dmm.connpass.com/event/197452/preview/

で発表した資料です。

8311b3488fc839628c4f80806370accf?s=128

ikeda-nishihide

December 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. © DMM.com アジャイル導入の変遷と学び 合同会社DMM.com 動画配信事業部 池田西秀 DevLead by DMM Group #2 ~アジャイル開発

    編~
  2. © DMM.com 自己紹介 池田 西秀 / @nshd29 合同会社DMM.com EC&デジタルコンテンツ本部 動画配信事業部  2011年

    DMMグループにWebディレクターとして入社。 動画事業のアジャイル導入でSMやPOとしてチームビルド、施策推進、 開発フロー整備などに関わる。 現在は動画事業のグロース領域のプロダクトマネージャー。 数字をもとにしたサービス改善や、プロジェクト推進上の課題解決、 プロセスの構築とチームビルドが比較的得意。 アジャイル歴 2014 新規事業(ニュース事業) でのアジャイル導入 2017~ 既存事業(動画配信)でのアジャイル導入(3チーム) 2
  3. © DMM.com 3 1998年から続く、社内でも古参かつ大規模なサービス

  4. © DMM.com 今日のテーマ 4 2012 2014 2017 2018 2020 20XX?

    DMMのアジャイル導入の変遷、 関わった際の失敗と改善の取り組みについて 初チャレンジ 全社導入 ビジネス貢献
  5. © DMM.com index 5 ①2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる ②2014 全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施 ③2017~ なぜやるのか?を押し出した全社導入

    ④2018~ ビジネス貢献を強調。Tech Vision導入 ⑤2020~ まとめ、これからのDMM
  6. © DMM.com 2012~ ①新規事業が激増し アジャイルな組織化が求められる 6

  7. © DMM.com 10年間で増えたサービスは約3~4倍。 7 引用:DMMコーポレートサイト 先日公開したブランドCM によると、現在58事業 サッカー 農業 2.5次元

    太陽光発電 キャリア支援 ミュージアム 保険 etc……. 2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる
  8. © DMM.com 新規事業増加の理由 8 引用:DMMコーポレートサイト 通称「亀チョク」採用 新規事業提案を外部からも 広く受け入れた 2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる

  9. © DMM.com   とくい 要件通り正確に作る =計画駆動 増えるにつれ組織課題が浮き彫りに 9 元々事業会社と開発会社に分かれていたので、 受発注構造、他責傾向にあった   にがて

    ビジネス視点 =価値駆動 =アジャイルマインド 2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる
  10. © DMM.com ①納期を決めて発注 10 ビジネスサイド 開発サイド アーキテクチャ 組織課題1:受発注構造 2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる

    ④新規事業が増えるにつれ、短 納期で要求が五月雨になり、抽 象度も増加 ⑦スピードが遅くなるにつれ、一 度のリリースで多くを要求する ②納期と要求を守るために保守 的なシステム構成、納期に ⑤多くの要求に対し、機能要件を 詳細に求めるように ⑧リリース難易度が高くなるにつ れ、どんどん「リリースまでがゴー ル」に ③枯れた技術が導入、負債が溜 まりやすく、品質や開発スピード 低下 ⑥スピードを出すため、アーキテ クチャをどんどん共用し、影響範 囲が広がる、遅くなる
  11. © DMM.com 11 ◦◦が遅いのが悪い! ◦◦の仕様漏れのせいだ!  周囲のせいにして事業に向き合わない 組織課題2:他責傾向 2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる

  12. © DMM.com アジャイルな組織への変化が課題に 12 12 アジャイルはビジネスと開発の一体化を原則とする 2012~ 新規事業が激増しアジャイルな組織化が求められる 顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。~~ビジネス側の人と 開発者は、プロジェクトを通して日々一緒に働かなければなりません。

    出典:アジャイル宣言の背後にある原則( URL)
  13. © DMM.com 2014~ ②全てはそこからはじまった.. 新規事業をモデルケースに実施 13

  14. © DMM.com 14 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施 当時の公募内容 ・ニュースメディアの立ち上げを3ヶ月で行う ・スクラムでアジャイル導入の成功事例を作る(そして水平展開) 当時の私 応募します!

    弊社、成功事例を作り水平展開を狙う
  15. © DMM.com 15 ・チームは全員初顔合わせ&アジャイル未経験 ・外部からアジャイルコーチが1名 ・私はPO/SMとして参加(ビジネス/スクラムの成功責任) スタート時の状況 〜実体験〜 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施

  16. © DMM.com 16 毎イベント、偉い人が応援に来る。 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施 スタート後の状況 〜実体験〜

  17. © DMM.com 17 スクラムガイド、アジャイルコーチのいうとおりに実施 悩みの90%以上がスクラムのやり方 スクラム…うまくやらなきゃ…。 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施 仕様ってどこまで詰めていいの? 今、ちゃんと振り返りできてる?

    デイリー、うまくやれてる? 納期守るためにスクラムのやり方と違うことしてるけどいいの? ペアプロ!ペアプロ!ペアプロ!
  18. © DMM.com 18 見事に手段の目的化状態に陥る そして上がらない開発スピード 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施

  19. © DMM.com 19 結果.. チームは解散。一旦仕切り直し後にリリース。 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施

  20. © DMM.com 20 お作法に拘ってしまい事業に影響が出た 事業を進めたいのにスクラムが邪魔をする… 反省 2014~ ②全てはそこからはじまった..新規事業をモデルケースに実施

  21. © DMM.com 2017~ ③なぜやるのか? を押し出し全社導入 21

  22. © DMM.com 22 ・トライアルとして2サービスからスタート ・トップダウンでの実施判断 最も歴史ある大きい事業と、立ち上がったばかりの新規事業 あれから3年後。全社的な導入を実施 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  23. © DMM.com 23 ・何故やるか、が明確化されている ・スクラムはあくまで手法というスタンス 前回との違い 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  24. © DMM.com 24 当時の社内共有用資料 受発注構造、他責傾向はこの時に言語化 何故やるか、が明確化されている 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  25. © DMM.com 25 「課題解決のとっかかりとして、 スクラムというフレームワークを試す」 スクラムはあくまで手法というスタンス 即ち、別の選択肢が許容されている状態。 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入 ・

    ・ ・
  26. © DMM.com 26 目的が明確で、やり方を試行錯誤して工夫できる スクラムを100%やれているかで迷わなくてよくなった これは当時、本当にすごいと思った。 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  27. © DMM.com 27 ・事業メンバーはほぼ全員アジャイル未経験 ・事業に極力影響が出ないよう、  1チームづつスクラムチームを組成。 ・私はSMとしてスクラムチームビルドにコミット 動画事業での事例 ・開発メンバーは当時80名弱 2017~

    ③なぜやるのか?を押し出し全社導入
  28. © DMM.com 28 ・自分が新規事業で感じたような混乱は、  初めて経験するメンバーでも同じ様に起きた 問題と対策 ・そのたびに何故やるかを伝え、手法は自分たちの  ペースで徐々に取り入れるようにした 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  29. © DMM.com 29 結果どうなったか 手法に振り回されず、課題と向き合い、 それぞれ自チームにあったカスタマイズを実施 ビジネス貢献は意識しだし始めたところ 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  30. © DMM.com 30 学び ・目的(なぜやるか)の理解が大事 ・それにより、手段の選択肢が生じる ・失敗が許容されることで、試行錯誤はさらに活発化 2017~ ③なぜやるのか?を押し出し全社導入

  31. © DMM.com 2018~ ④ビジネス貢献を強調。 Tech Vision導入 31

  32. © DMM.com 32 https://inside.dmm.com/entry/12/12/dmm-techvision Tech Visionを公開 2018~ ④ビジネス貢献を強調。Tech Vision導入

  33. © DMM.com 33 ・ビジネス貢献をより強調 ・ビジネス貢献に繋がる行動方針を明示(Tech value) 「われわれはエンジニアリングで事業貢献する集団である」 ・評価にも組み込んで運用 今までとの違い 2018~

    ④ビジネス貢献を強調。Tech Vision導入
  34. © DMM.com 34 結果どうなったか ビジネス貢献の意識がより強化 手段への拘泥がより希薄化 2018~ ④ビジネス貢献を強調。Tech Vision導入

  35. © DMM.com 2020~ ⑤まとめ、DMMのこれから 35

  36. © DMM.com 36 2017 目的にあわせ手法を工夫 :前進 アジャイル導入の変遷 2014 手法をなぞっただけ :失敗

    2018 上位目的(ビジネス)を意識 :さらに前進 2020 これから :??? 2020~ ⑤まとめ、これからのDMM
  37. © DMM.com 37 ・アジャイルなマインドは必須条件となっていく DMMのこれから ・DMMの新規事業はこれからもどんどん増えていく ・だから、「なぜやるか」を意識する。 2020~ ⑤まとめ、これからのDMM

  38. © DMM.com 38 2020~ ⑤まとめ、これからのDMM なぜやるか を 意識する

  39. © DMM.com 39 エンジニア積極採用中。 求人など https://dmm-corp.com/recruit/

  40. © DMM.com 40 https://inside.dmm.com/ 自社メディアでとりくみを紹介

  41. © DMM.com 41 ありがとうございました! https://inside.dmm.com/ 自社メディア DMM.inside ご質問などはTwitter(@nshd29)まで。 自社求人サイト https://dmm-corp.com/recruit/