Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Node-REDを使ったハンズオンを100回やってわかったこと/What I learned about using Node-RED 100 times with hands-on

Node-REDを使ったハンズオンを100回やってわかったこと/What I learned about using Node-RED 100 times with hands-on

2019/07/18開催のNode-RED Con 2019に登壇した際の資料です。
https://nodered.jp/noderedcon2019/

D17bacba026962e5b2b7450bc304c910?s=128

Yuuki Nishida

July 18, 2019
Tweet

More Decks by Yuuki Nishida

Other Decks in Business

Transcript

  1. Node-REDを使ったハンズオンを 100回やってわかったこと in Node-RED Con Tokyo 2019 2019/7/18 (C) Copyright

    1996-2019 SAKURA Internet Inc. さくらインターネット株式会社 IoTチーム 西田 有騎
  2. さっくり自己紹介 2 rabbits1987 EDOkko360 私のミッション サービスの魅力を 「伝え」 「理解し」 「使ってもらう」 にしだ

    ゆうき
  3. このセッションの対象イメージ 3 自信 知識 ・経験 プロ 初心者 0% 100% Node-RED

    完全に理解した Node-RED もう何も分からん Node-RED チョットデキル
  4. 今回のセッションの対象イメージ 4 自信 知識 ・経験 プロ 初心者 0% 100% Node-RED

    完全に理解した Node-RED もう何も分か らん Node-RED チョットデキル 「これから何かにNode-REDを使っていこう」 と考えている方の参考になれば
  5. これまでの話 5

  6. ひとつの悩み • 前職から伝える役割なのに自分自身が扱えない • 強いて言えばインフラ寄りのわずかな経験のみ • 「 OSセットアップ 」 や

    「 yum install 」 程度 6 「プログラムが書けない」 ことがコンプレックス
  7. さくらでIoTプラットフォームサービスがリリー ス 7 (さくらアイオー)

  8. 市場に展開していくうえで考えたこと 8 「そもそもIoTとは?」 という市況でのサービスイン 「プラットフォーム」 という中間商材&説明商材

  9. 当然、伝わらない 9

  10. 当然、伝わらない 10

  11. 「デバイス~アプリケーション」 までを作れる体験が必要 サービス理解の場が必須 11 サービスの魅力を知ってもらうためには、 「IoTの全体像」

  12. ハンズオン開催を検討 12 体験学習を意味する教育用語。 参加体験、実用的体験、インタラクティブ体験、実習、実験、 体感など、体を使うことによる学習補助教育手法を指す。 ハンズオン(Hands-on) またトレーニングなどにおいては、専門家から直接手取り足取り 指導を受けることも意味する。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  13. 私のスキル(Node-RED編) 13

  14. PEXELS(https://www.pexels.com/)

  15. さくらの17歳情報系女子から天啓が! 15 それなら、 を使えば楽ですよ~ さくらインターネット 執行役員 技術本部 副本部長 江草 陽太

  16. Node-REDとの出会い 16 ???

  17. 早速使ってみた 17 ------------------------------------------------------------ #Gitのインストール ------------------------------------------------------------ [root@test ~]# yum -y install

    git Loaded plugins: fastestmirror, priorities, security Setting up Install Process Determining fastest mirrors epel/metalink | 5.2 kB 00:00 * elrepo: ftp.ne.jp * epel: www.ftp.ne.jp ------------------------------------------------------------ #Node Version Manager(NVM)のインストール ------------------------------------------------------------ [root@test ~]# git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nv Initialized empty Git repository in /root/.nvm/.git/ remote: Counting objects: 4732, done. remote: Total 4732 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 4731 Receiving objects: 100% (4732/4732), 1.27 MiB | 544 KiB/s, done. Resolving deltas: 100% (2814/2814), done. [root@test ~]# source ~/.nvm/nvm.sh [root@test ~]# nvm help ------------------------------------------------------------ #Node.jsのインストール ------------------------------------------------------------ [root@test ~]# nvm ls-remote v0.1.14 v0.1.15 v0.1.16 ~中略~ -------------------------------------------------------- #Node-Redのインストール、実行 -------------------------------------------------------- [root@test ~]# npm install -g node-red npm WARN deprecated i18next-client@1.10.3: yo
  18. 簡単にデータが見えた! 18

  19. ぱくたそ(www.pakutaso.com)

  20. 感動した! 20 Node-REDの素晴らしさが! 「言葉」ではなく! 「心」で理解できた!

  21. そして第1回の開催、アップデートや水平展開を繰り返しながら3年間 21 Doorkeeper さくらのイベント

  22. Webサービス連携 マイコンおよび プログラムの構築 温度センサ sakura.io モジュール Arduino Uno LED 現在のハンズオンの形

    22
  23. Webサービス連携 現在のハンズオンの形 23 サービスの特徴でもある 「デバイスからクラウド」 「クラウドからデバイス」 が簡単であることの訴求に活用

  24. 24 開催総数 約100回 ✕ 開催辺り 約10名 = 約1,000名 が体験 参考:http://bit.ly/noderedcon-sakura

  25. オープンソースだからこそ良かった 25 ユーザーも負担少なく振り返れるようになった

  26. オープンソースだからこそ良かった 26 既存サービスの拡充にも繋がった

  27. 27 これまでの話

  28. Node-REDは単なるビジュアルプログラミングツールではない 28 Node-REDは スキル が違う 人 をつなぐ 背景 が違う 業界

    をつなぐ 『対話を生む』ツール
  29. イノベーションに必要なもの 29 Node-REDは既存の知を繋ぐ ネットワーク同士を結ぶポイント ストラクチュアル・ホール 参考:https://www.businessinsider.jp/post-34935

  30. 30 ユーザー ✕ より使いやすいインターフェース 今後進めたいこと

  31. 今後進めたいこと 31 衛星画像(マクロ) 地上データ(ミクロ) さくらのセキュアモバイルコネクト 自社内 ✕ 他サービス連携

  32. 今後進めたいこと 32 MSP IoT さくらのセキュア モバイルコネクト サービス開発 グループ企業 ✕ 新領域への挑戦

  33. 皆様にお伝えしたいこと 33 そんな時にNode–REDを触ってみて欲しい 『やりたいこと』を『できる』に変えたい