Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Mercari-Fact-book_jp

 Mercari-Fact-book_jp

Mercari, Inc.

August 29, 2022
Tweet

More Decks by Mercari, Inc.

Other Decks in Business

Transcript

  1. As of August 2022

  2. Index 会社概要 P.3 会社概要 P.4 株式会社メルカリ 概要 P.5 経営陣 P.6 コーポレートミッション

    P.7 メルカリが⽬指す循環型社会 P.8 バリュー P.9 「プラネット・ポジティブ」な世界を⽬指して P.10 業績推移 P.11 利⽤実績推移 P.12 国内CtoC EC市場のポテンシャル 事業紹介 P.13~ 事業展開(Marketplace) P.14~ メルカリJP P.29~ メルカリShops P.32~ 事業展開(Fintech) P.33~ メルペイ P.43 メルコイン P.44~ 事業展開(Mercari US) Appendix P.53~ 経営陣プロフィール P.58 働く場所としてのメルカリ P.59~ ESGの取り組み⽅針 P.62 ダイバーシティ&インクルージョン (D&I)の取り組み P.63 テクノロジーのちからで 価値交換のあり⽅を変える P.64 研究開発組織 mercariR4D P.65 スポーツビジネスへの取り組み P.66~ 沿⾰ 2
  3. 会社概要 メルカリグループは、株式会社メルカリと、その連結⼦会社で構成されています。 ▪設⽴ ▪事業内容 ▪CEO ▪所在地 株式会社メルカリ ⿎設⽴ ⿎事業内容 ⿎所在地

    ⿎拠点 ⿎代表取締役 CEO ⿎メルカリJP CEO 2013年2⽉1⽇ スマートフォン向けフリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運営 〒106-6118 東京都港区六本⽊6-10-1 六本⽊ヒルズ森タワー 東京、仙台、福岡 ⼭⽥進太郎 Jeff LeBeau 2014年1⽉ US版メルカリの 企画・開発・運営 John Lagerling Palo Alto, California Mercari, Inc. 
 (US) 2021年1⽉28⽇ インターネットサービス の企画・開発・運営 ⽯川佑樹 株式会社ソウゾウ 2017年11⽉20⽇ ⾦融事業 ⼭本真⼈ 株式会社メルペイ 2021年4⽉28⽇ 暗号資産・ ブロックチェーン ⻘柳直樹 株式会社メルコイン 株式会社メルロジ 2021年10⽉28⽇ 物流サービス の企画・開発・運営 進藤智之 Japan Region 1991年10⽉1⽇ フットボールクラブ運営 ⼩泉⽂明 茨城県⽴カシマサッカー スタジアム指定管理 茨城県⿅嶋市粟⽣東⼭ 2887番地 株式会社 
 ⿅島アントラーズ・ エフ・シー 2022年6⽉ インターネットサービス開発 若狹 建 (取締役 Managing Director) Bangalore, Karnataka, India Mercari Software Technologies India Private Limited Fintech Marketplace 3
  4. 株式会社メルカリ 概要 2013年2⽉1⽇ 会社設⽴⽇ 東京、仙台、福岡、⼤阪、 Palo Alto オフィス 2,209名(連結) 従業員数 4

  5. 経営陣  5 ⼭⽥ 進太郎 (やまだ しんたろう) 代表取締役 CEO (社⻑) ⼩泉

    ⽂明 
 (こいずみ ふみあき) 取締役President(会⻑) 兼 株式会社⿅島アントラーズ・ エフ・シー代表取締役社⻑ John Lagerling (ジョン ラーゲリン) 上級執⾏役員 SVP of Global Strategy (グローバル戦略担当)兼 Mercari, Inc. CEO ⻘柳 直樹 (あおやぎ なおき) 上級執⾏役員 SVP of Japan Region (メルカリグループ⽇本事業責任者)兼 株式会社メルコイン代表取締役 CEO ⽥⾯⽊ 宏尚 (たものき ひろひさ) 上級執⾏役員 SVP of Global Expansion (グローバル推進担当)
  6. 新たな価値を⽣みだす世界的なマーケットプレイスを創る 「限りある資源を循環させ、より豊かな社会をつくりたい」 創業者である⼭⽥進太郎が世界⼀周の旅で抱いた、そんな問題意識によって⽣まれたのがフリマアプリ「メルカリ」です。 テクノロジーの⼒によって、世界中の個⼈と個⼈をつなぎ、誰もが簡単にモノの売り買いを楽しめる。 それにより資源を循環させる豊かな社会、個⼈がやりたいことを実現できる社会をつくっていきたいと考えています。 Create value in a global

    marketplace where anyone can buy & sell コーポレートミッション 6
  7. メルカリが⽬指す循環型社会 7 1次流通と2次流通を融合した循環型社会を牽引 モノ データ お⾦ ⼀次流通 ⼆次流通 リユース・プラットフォームにおける取引量増加 信⽤やデータの供与による⽣産やマーケティングをサポート

  8. バリュー ⼀⼈では達成できない⼤きなミッショ ンを、チームの⼒を合わせ、全員が最 ⼤のパフォーマンスを発揮することで 実現します。 世の中にインパクトを与えるイノベー ションを⽣み出すため、全員が⼤胆に チャレンジし、数多くの失敗から学 び、実践します。 メンバー全員がその道のプロフェッシ

    ョナルとしてオーナーシップを持ち、 ⽇々の学びを怠らず、成果や実績にコ ミットします。 Go Bold ⼤胆にやろう All for One 全ては成功のために Be プロフェッショナル 
 であれ a Pro 8
  9. 「プラネット・ポジティブ」な世界を⽬指して 9 電⼒や資材など、さまざまな地球資源は⼈々が暮らすため、そして私たちメルカリが事業を営 むためにも必要不可⽋なファウンデーション(基盤)です。しかし今、⼈類は⽣態系が再⽣ する速さよりも1.6倍速く*1⾃然資源を消費していると⾔われており、限りある資源が⼤切に 使われる循環型社会を実現することは必ず達成するべき⽬標であると考えています。 私たちメルカリは、誰かにとって不要になったモノが他の必要な⼈のもとに届くマーケットプ レイスです。そのため、メルカリを使っていただく⽅が増えれば増えるほど、環境にポジティ ブな変化を与えることができます。さらにこういったリユースの体験やサステナビリティへの 関⼼の⾼まりなどから、⼈々の買う・使う・捨てることに対する意識が少しずつサステナブル

    に変わることで、モノの⽣産や販売のあり⽅がアップデートされ、バリューチェーン全体への 変化につながります。こうした変化を世界中で起こしていくことで循環型社会の実現に寄与す るだけでなく、環境負荷軽減・気候変動への対応にもつながると考えています。 地球資源の限界を意味する「プラネタリー・バウンダリー」という概念が広がるなか、私たち は事業を通じて地球環境に対してポジティブなインパクトを⽣みだし続けていくことで環境課 題の解決に貢献したいという思いを「プラネット・ポジティブ」という⾔葉で表現しました。 今後もメルカリは、あらゆる⼈が可能性を発揮できる社会に向けて、プラネット・ポジティブ を追求していきます。 *1:参照「⽣きている環境レポート2020」/WWF
  10. 業績推移(連結) 375 336 385 373 YoY +28% 会計⽅針変更の影響 を除外した売上⾼ YoY

    +5% 営業損益 売上⾼ 762億円 1,061億 円 1,470億 円 (1,239) -193億 円 51億円 -37億円
  11. 利⽤実績推移(JP) 11 <GMV/MAUの推移> (1) 1か⽉に1回以上アプリ⼜はWEBサイトをブラウジングした登録ユーザの四半期平均の数 YoY +4% YoY +5% 億円

    百万⼈ 1 単位:億円 単位:百万⼈
  12. 国内CtoC EC市場のポテンシャル 1兆 7,407億円 2019 国内CtoC ECは1兆9,586億円に成⻑(前年⽐12.5%増)。フリマアプリが初めて登場した 2012年からわずか9年で巨⼤市場を形成し、引き続き⾼い成⻑ポテンシャルを秘める。 国内電⼦商取引市場規模(CtoC EC)

    ※1: 経済産業省発⾏「令和2年度産業経済研究委託事業(電⼦商取引に関する市場調査)」より    CtoC EC市場=フリマアプリとネットオークション市場の合計 ※2:メルカリ事業(JP)の2020年12⽉時点における、過去12ヵ⽉間のGMV (2020年1⽉-12⽉) ※3:経済産業省(2018年4⽉)、アンケート回答者が過去1年間で必要なくなったと回答した製品の推定価値の合計。⾃動⾞、バイク、原付バイクは含まれない 2020 CtoC EC市場1   約1兆9,586億円 (YoY +12.5%)   メルカリGMV2   不要品の推定価値3 年間約 7.6兆円 7,121億円  (YoY +31%)  1兆 
 9,586億円 12
  13. Marketplace 13

  14. メルカリとは •サービス開始⽇:2013年7⽉ •対応OS:Android、iOS ※Webブラウザからも利⽤可能 •利⽤料:無料 ※売れたときの⼿数料:販売価格の10% •対応地域・⾔語:⽇本・⽇本語基本仕様 •累計出品数:25億品を突破 (2021年12⽉) それを必要とする⼈の⼿に渡り、使⽤されることに喜びを感じ、また

    購⼊者は、多彩かつユニークな商品の中から「宝探し」感覚で掘り出 し物を⾒つける買い物体験を楽しんでいます。さらに「メルカリ」で は、物の売買だけではなく、出品者・購⼊者間のチャットや「いい ね!」機能を通じて、お客さま間のコミュニケーションも活発に⾏わ れています。 フリマアプリ「メルカリ」は、個⼈が簡単に中古品の売買を⾏えるCtoC マーケットプレイスです。出品者・購⼊者双⽅が、安全・安⼼な取引を 楽しんでいただけるサービスを⽬指し、「メルカリ」が⼀時的に購⼊代 ⾦を預かるエスクロー決済を活⽤した取引環境の整備や、簡単かつ⼿頃 な価格の配送オプション、差別化されたユニークなお客さま体験を提供 しています。多くの出品者は、⾃分にとって必要でなくなったモノが、 14
  15. メルカリの特徴 「メルカリ」は、使いやすく・楽しく、かつ安⼼・安全に取引ができる マーケットプレイスとして、多くのお客さまにご利⽤いただいております。 安⼼・安全 誰もが 
 楽しく夢中に 
 なれる体験 使いやすさ

    15
  16. メルカリの特徴 使いやすさ 16 エスクロー決済 メルカリ便 AI出品 バーコード出品 事務局が取引を仲介し、 トラブルを防⽌ 全国⼀律送料 宛名書き不要

    匿名配送 ⾃動データ⼊⼒ 価格サジェスト
  17. メルカリの特徴 使いやすさ 「出品の簡略化」 機械学習を利⽤した「AI出品」・「バーコード出品※」機能や、メルペイ「ネット決済」の利⽤でメルカリの 「持ち物リスト」に連携される「かんたん出品連携」機能を提供し、出品を簡略化 ※バーコード出品は本・⾳楽・ゲーム 、 コスメ・⾹⽔・美容、家電に対応しています。 (iOSのみ) 17

  18. メルカリの特徴 使いやすさ 18 「メルカリ」で売れた商品が発送できる無⼈ 投函ボックス。2024年までに全国8,000か所 に設置、発送拠点の選択肢を拡⼤ 梱包不要・⾃宅で待つだけの配送サービス。 幅広い配送サイズに対応し、安⼼安全な匿名 配送を実現。 ゆうパケットポスト発送⽤シール 商品に専⽤シールを貼り付け、郵便ポストに投函する

    だけで発送可能。お客さまが安⼼・安全にご利⽤で き、いつでも・どこでも発送できる利便性を追求。 ⾮対⾯の置き配 受取⼈が指定した場所にて⾮対⾯で受け取れ る、置き配サービス。宅配ボックス、⽞関 前、メーターボックスなどが指定可能。
  19. スポーツ・レジャー 8% 家電・スマホ・カメラ 10% レディース 18% メルカリの特徴 誰もが楽しく夢中になれる体験 宝探し感覚での購⼊体験 「メルカリ」には、アパレル商品だけでなくエ ンタメ⽤品・家電・コスメ等、多彩な商品が出

    品されています。個⼈の出品者によるユニーク な商品が数多く出品されているため、他のサー ビスでは⾒つからない掘り出し物に出会うこと ができます。 また、「メルカリ」に蓄積された豊富な取引デ ータとAI技術を組み合わせ、個⼈の趣味嗜好に 合った商品をレコメンドする等、商品を探しや すい環境整備にも取り組んでいます。このよう な「宝探し感覚」での購⼊体験を提供すること で、「メルカリ」はEコマース(電⼦商取引) でありながら、ソーシャルメディアに匹敵する ほど滞在時間が⻑いアプリとなっています。 エンタメ・ホビー 27% メンズ 13% コスメ美容 6% ベビー・キッズ 3% その他 11% オールジャンルの 多彩な商品ラインナップ 出典:会社資料。FY2022.6 4Q時点のJP版メルカリ事業におけるGMVの⽐率。 19 4% インテリア
  20. メルカリの特徴 安⼼・安全なサービス カスタマーサービス体制の整備 メルカリでは、お客さまが安⼼してサービスを利⽤できる よう、社内にカスタマーサービス体制を整備し、365⽇24 時間体制で対応を⾏っております。さらに、当社の利⽤規 約に違反する商品の⾃動検知システムおよび⽬視により出 品や取引を常時監視し、偽造品・盗品その他の出品禁⽌物 の排除に努めております。なお、上記システムは、商品情 報や取引にかかわる豊富なデータとAI技術を元にしてお り、精度の向上と活⽤範囲の拡⼤に取り組み、安⼼してご

    利⽤いただける環境づくりに努めています。 365⽇ 24時間 不正出品・不正⾏為対策を実施 お問い合わせ お客さまから寄せられるお問い合わせの対応。 規約違反対応 通報対応 ガイドライン違反に関するお客さまからの報告を検証し、問題の ある商品の削除、出品者の利⽤停⽌を実施。 監視対応 ガイドライン違反の可能性のある商品や出品者を抽出し、削除、 利⽤停⽌を実施。 お客さまからのお問い合わせ対応 09:00〜23:00 
 ガイドラインに違反に関する通報対応および監視対応 24時間常時 20
  21. メルカリの特徴 安⼼・安全なサービス AIによる違反検知システム 「メルカリ」ではAIを活⽤した、利⽤規約違反取引の⾃動検 知に⼒を⼊れています。商品情報や取引に関わる豊富なデー タと技術を元に、精度の向上と活⽤範囲の拡⼤に取り組み、 安⼼してご利⽤いただける環境づくりに努めています。 ② 違反スコアを計算 ① 商品出品

    ③ カスタマーサポートで 通知された商品を確認 規約違反商品 
 →削除 通常商品 
 →⾮表⽰解除 ※違反検知対象の商品例: 
 ゲームアカウント、偽ブランド、医薬品ほか × 21 ステークホルダーとの連携 全国の捜査機関や公的機関と連携し、安全・安⼼なサービスの提供に努めてい ます。また、「メルカリ」だけでなく業界全体の健全化を⽬指し、インターネ ット知的財産権侵害品流通防⽌協議会(CIPP)や、EC事業者協議会、⼀般財 団法⼈⽇本サイバー犯罪対策センター (JC3)、全国万引犯罪防⽌機構等の業界団体に参加。積極的な意⾒交換や不 正出品を防⽌するためのガイドラインの検討など、様々な取り組みを共同で推 進しています。
  22. メルカリの特徴 安⼼・安全なサービス 本⼈確認強化による不正抑⽌ 2019年2⽉より、新規会員登録時に出品者の本⼈情報(住所/⽒名/⽣年⽉⽇)の登録を必須化 しています。登録された⽒名と売上⾦の振込⼝座が⼀致しない限り売上⾦を引き出せないよう にすることで、盗品等の不正出品を防⽌しています。 返品・補償対応 届いた商品に不備や破損があった場合、返品や補償の対応を実施しています。 意図しない偽造品の購⼊、説明にない不備や破損により使⽤できない状態の商品代⾦、 「メルカリ便」利⽤時に配送事故があった際の配送料⾦などが対象です。 万が⼀偽造品や不備のある商品を購⼊してしまった場合に、適切にサポートいたします。

    ⻘少年・教育関係者向け啓発活動 当社のサービスを安⼼してご利⽤頂くため、中学⽣・⾼校⽣や保護者・教職員を対象にした、フリマアプ リの仕組みやトラブルに巻き込まれないための⽅法などを伝える啓発活動を全国で⾏っております。 22
  23. 「令和2年度製品安全対策優良企業表彰(PSアワード2020)」でネットモール運営事業者部⾨「特別賞(審査委員会賞)」を受賞 製品安全に関する積極的な取り組みを促進し、広く社会全体に製品安全の価値を定着させるため、 経済産業省が主催している「製品安全対策優良企業表彰」で、下記の取り組みをもとに表彰を受けました。 ・CEOが参加する中での出品物に関するルール検討 ・⾃動検知システムおよびカスタマーサービスによる違反商品の出品や取引の監視 ・安全上の問題が⽣じる可能性があるなどして、事業者が回収、修理などを⾏う製品について、  経済産業省からの連絡を受けた対応 ・製造・輸⼊事業者などと連携した製品安全に関する情報の提供(製品安全サポート) メルカリの特徴 安⼼・安全なサービス 権利侵害品の削除申⽴ては通常プロバイダ責任制限法に則った対応を⾏いますが、本プログラムでは⼿続きをより簡略化し迅速に⾏うことが可

    能です。本プログラムにご参加いただくことで、削除申⽴てごとの書類提出を省ける上、削除申⽴てを頂いてから権利侵害品の削除対応までを 速やかに進めることができます。 23 「権利者保護プログラム」 「製品安全サポート」 「製品安全サポート」は、製造・輸⼊事業者等が⽇頃発信する製品安全に関する情報を、当 該商品をお持ちの「メルカリ」のお客さま(当該商品の出品者・購⼊者)にピンポイントで お届けするプログラムです。 お客さまを特定して情報をお届けすることで、事故防⽌に繋がるなど、製造・輸⼊事業者等 の製品安全にかかる取り組みに貢献することができます。
  24. 今後の成⻑に向けて 24 出品意向への⼤きなポテンシャル 3,610 万⼈ 出品意向はあるが未出品の⼈※1 2,040 万⼈ メルカリ⽉間利⽤者数※2 なんらかの機能の改善や

    今より出品しやすくなれば 出品したい ・出品したい ・いつかそのうち出品したい 累計出品数の推移 累計出品数は順調に伸びる⼀⽅、出品意向はあるものの、未出品の⼈が3,610万⼈と試算 ※1 18-74歳までの男⼥計9,189⼈を対象に2021年4⽉に実施した調査に基づく。潜在出品顧客はメルカリ認知あり、出品意向はあるが未出品の⼈。アプリDL有無や購⼊経験は不問。(調査委託先:マクロミル) ※2 MAUの中には⼀部潜在出品顧客を含む
  25. 今後の事業展開 オフラインへの拡張 リアル店舗や「メルカリポスト」など、オフラインタッチポイントを拡⼤ メルカリ初のリアル店舗「メルカリステーション」や、無⼈投函ボックス「メルカリポスト」の運⽤など、 ⼈々の⽣活動線上で「メルカリ」とのタッチポイントをつくる 25 「メルカリステーション」 (新宿マルイ本館)

  26. 今後の事業展開 データ連携 ⼀次流通・⼆次流通の融合により新たなビジネス機会を創出 26 ターゲティング販促 来店促進・来店頻度向上 データ分析 ソリューション開発・販売 ・購買データ ・嗜好性データ

    (検索・閲覧・いいね等) ・⾏動データ (居住・発送・購買) ・商品動向データ 連携 ※利⽤の際には、個⼈情報に配慮し、お客さまの同意を得る前提で、データ活⽤を⾏ってまいります。 ⼆次流通 データ ⼀次流通 データ ⼀次流通企業が保有する商品データや顧客データと、メルカリが保有する⼆次流通データを連携し、⼆次流通も含めた商品の ライフサイクルやお客さまのカスタマージャーニーを可視化することで、企業のマーケティングや商品企画、 新たなソリューション開発など、⼀次流通市場の活性化と新たな購買体験・顧客体験の創造を⽬指す
  27. 今後の事業展開 NTTドコモとの連携 ウォレット連携 加盟店共通化 年間流通総額 8,816億円 年間利⽤ 約2,000億ポイント dポイントクラブ 8,721万会員

    メルカリ ⽉間利⽤者 2,041万⼈ メルカリ・dアカウント ID連携/相互送客 2020年2⽉に業務提携に合意し、6⽉に両社のIDを連携。 2020年9⽉初旬に「メルペイ」「d払い」が⼀つのQRコードで利⽤可能に。 1,050万連携 27
  28. 今後の事業展開 越境販売 28 中国、台湾、東南アジアなど、100カ国以上での越境販売が可能に 2019年11⽉から越境ECサポートの代理購⼊サービス「Buyee」との連携により、100か国以上での国と地域で越境販売を開始。 2020年8⽉には東南アジア・台湾最⼤のマーケットプレイス「Shopee」と連携。 2021年3⽉より、中国最⼤のマーケットプレイスを運営するアリババグループの「淘宝」「閑⿂」で、 同年10⽉より台湾の越境代理購⼊サービス「Bibian ⽐⽐昂」でも越境販売を開始。 ⽇本では売れなかった商品であっても、世界中には⾼い価値を⾒いだすお客さまがおり、取引の半数を占めるアジア圏をはじめ、トリニダード・

    トバゴやウガンダ、モナコを含む約100の国や地域から購⼊があります。カテゴリ別では「エンタメ・ホビー」カテゴリーの取引が活発です。 (参考) メルカリ、越境販売開始から1年「越境メルカリ トレンドランキング2020」発表
  29. メルカリShopsとは 「メルカリShops」は「かんたんで、売れる」をコンセプトに、 スマホ1つでネットショップを開設し、ショップ運営者が事業者として 商品を直接販売することができるEコマースプラットフォームです。 2021年10⽉より本格提供開始 29

  30. 課題1 ITに関するノウハウや知識がなければ、 ネットショップを開設することがむずかしい ⽣産者・⼩規模事業者のEC化への課題 課題2 ネットショップを開設しても商品が 売れない メルカリがC2C領域で⼤事にしてきた強みを最⼤限に活かし、 ⽣産者・クリエイター・⼩規模事業者のEC化に対する課題を解決 「かんたん」

    「うれる」 メルカリの強みを活⽤し、EC化への課題を解決 慣れ親しんだ「メルカリ」のUXで、 「かんたん」にネットショップ開設が可能 MAU2,000万⼈以上の「メルカリ」で、 独⾃の集客なしで「売れる」機会を提供 30
  31. メルカリShopsの特⻑ 31 ※1 調査期間:2021年8⽉1⽇〜2021年9⽉22⽇ ※2 ⼀都三県+名古屋+⼤阪

  32. Fintech 32

  33. メルペイとは 33 「メルペイ」は、株式会社メルペイが運営するフリマアプ リ「メルカリ」で利⽤できるスマホ決済サービスです。 「メルカリ」の売上⾦※1の他、普段利⽤している⾦融機関 を登録し「メルペイ」に残⾼をチャージしたり、チャージ レスな「メルペイスマート払い」を利⽤することで、スマ ートフォンを使ってお店やECサイトでお買い物が可能で す。⾮接触決済サービス「iD」※2、コード決済のいずれ も対応しており、コンビニエンスストアやレストラン、ド

    ラッグストア、ファストフード店をはじめ、全国のお店で 利⽤することが可能です。 ※1:売上⾦をご利⽤いただくには、所定の設定⼜はポイント購⼊をしていただく必要があります。 ※2:「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
  34. メルペイ 3つの注⼒領域 •「メルペイスマート払い」にて、使った分 を 翌⽉にまとめて清算する「⼀括払い」と ⽉々 にわけて⽀払う「定額払い」を提供 •少額融資サービス「メルペイスマートマ  ネー」を提供 •メルペイ残⾼を利⽤して資産運⽤が  できるサービス  今後、メルコインと連携し売上⾦で暗号資

     産を購⼊できるサービスを提供予定 決済 与信 ふえるお財布 翌⽉払い 定額払い 資産運⽤ 「⽇常のお買い物」で 翌⽉にまとめてお⽀払い 「ちょっと背伸びしたお買い物」 で清算⾦額を決めて ⽉々にわけてお⽀払い •「iD決済」と「コード決済」に加え、「バーチ ャルカード」の利⽤も可能 iD コード 端末にかざすだけ コードを読み取るだけ バーチャルカ ード カード番号を設定するだけ (1)2021年8⽉3⽇提供開始 必要な時に借りて、柔軟に返済 「メルカリ」の利⽤状況に応じて⾦利が変動 メルペイスマートマネー(1)
  35. メルカリグループで構築する「循環型⾦融」 35 「メルカリ」における「モノ」の循環に「メルペイ」における「お⾦」と「信⽤」の循環が加わることで、「モ ノ」「お⾦」「信⽤」が循環し、より⾃由度と柔軟性の⾼い「循環型⾦融」を拡⼤。メルカリならではの価値あ る体験を届ける。

  36. メルペイの利⽤者 36 利⽤者数※1 
 決済対応加盟店 
 (導⼊予定含む)※2 
 1,345万⼈ 264万ヶ所

    対応⾦融機関 300超 ※1 メルペイ「電⼦マネー」の登録を⾏ったユーザーと、「メルペイコード決済」、「ネット決済」、「メルペイスマート払い」等の利⽤者の合計(重 複を除く)2022年6⽉末時点 ※2 2022年6⽉末時点、iD/QR重複除く、導⼊予定も含む
  37. メルペイの利⽤者 37 売上⾦ / 残⾼チャージ 商品受取 「メルカリ」で⾃宅にある不要品を売って、その売上⾦を「メルペイ」で街中のお店やECサイト(1次流通)で利⽤するサ ステナブルなサイクルを構築 不要になったモノを メルカリで売る

    メルカリの売上⾦等で 新しいモノを購⼊
  38. メルカリとの連携強化 38 ネット決済の購⼊履歴をもとに、 簡単に「メルカリ」での出品が可能になる機能を2020年3⽉にリリース。

  39. 「信⽤」を元にした与信サービス「メルペイスマート払い」 39 • 「メルカリ」の利⽤実績等を元に利⽤限度枠が決まり、購⼊代⾦を後から⽀払うことが可能 • 利⽤上限⾦額が設定でき、利⽤履歴も確認できるため、お客さま⾃⾝で利⽤の管理が可能 • 「翌⽉払い」「定額払い」ともに、いつでも清算⾦額の変更ができるなど、柔軟な⽀払いが可能 ※翌⽉払いは、18歳未満は利⽤不可。加えて、18歳・19歳は利⽤上限⾦額は最⼤5万円。  また、定額払いは、20歳未満は利⽤不可。利⽤限度枠は、翌⽉払い・定額払い合計で50万円。

  40. メルペイの考える「信⽤」とは 40 属性情報ではなく⾏動実績に基づいて「信⽤」を判断。「メルカリ」の取引実績によるユニークなデータを基に、「約束 を守っていただけるか否か」を判断し、新しい「信⽤」を⽣みだしていく。

  41. 利⽤状況の可視化や柔軟な⽀払い⽅法の提供 ⽀払い終了までの期間や 
 ⽉々の⽀払い⾦額と⼿数料を表⽰ 柔軟な⽀払いが可能 ◎ 「メルカリ」売上⾦が利⽤できる 
 ◎ ⾃分のタイミングで⽀払える 
 ◎ ⽀払い⾦額を事後調整できる

    利⽤状況の可視化 ライフスタイルに合わせて 
 無理のない⽀払い計画が⽴てられる
  42. 「メルカリ」の利⽤実績等で⾦利・利⽤限度額が決まる    少額融資サービス「メルペイスマートマネー」 42 • 2021年8⽉より、「メルカリ」における利⽤実績等を元に⾦利・利⽤限度額が決まり、「メルカリ」アプリで申し 込みと利⽤が完結する少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を開始 • 「メルカリ」のポイントや売上⾦で返すことができ、「メルカリ」アプリ上で⽉々の返済⽇・返済額等の返済プラ ンをいつでも変更でき、"適切な与信”だけでなく"返しやすさ”まで配慮したサービス ※利⽤限度額は20万円。⾦利・利

    ⽤限度額は「メルカリ」における 利⽤実績等により所定の審査を⾏ い決定。20歳未満、70歳超のお客 さまは利⽤不可。
  43. メルコインについて 43 モノや信⽤に加えてあらゆる価値が交換できるマーケットプレイスへ 2021年4⽉28⽇に設⽴したメルコインは、2022年6⽉17⽇付で、資⾦決 済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録を完了しました。 今後、2023年度中※ を⽬処に、「メルカリ」の売上⾦やポイント、「メル ペイ」の残⾼を使ってビットコインの取引ができる機能の提供等を開始し ていきたいと考えています。(※2022年7⽉〜2023年6⽉) 暗号資産事業に取り組むことで、「メルカリ」においては、売上⾦のビッ

    トコインでの受取り機能の提供や、「メルペイ」においても決済・送⾦機 能の提供に留まらず、与信、暗号資産・資産運⽤の機能を⼀つのウォレッ トで提供していく等、より簡単に⾦融サービスを利⽤できる環境を構築し ます。 さらに、価値交換を実現するブロックチェーンの技術に取り組むことで、 NFT(Non-fungible token)等、これまでのモノ・お⾦に限らず、サービ スやデジタルコンテンツなどのあらゆる価値を誰もが簡単に交換できる新 しい取引の形を創出していきます。
  44. Mercari US 44

  45. US事業について Got stuff you donʼt use? Sell or buy almost

    anything from home. メルカリは、ミッションである「新たな価値を⽣みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことを⽬指し、創業翌年か ら海外展開を推し進めています。2014年9⽉にUS事業を開始し、現地の嗜好やマーケットの特徴に合わせたブランディン グやUI・UXの改良、配送網の構築等に取り組んでいます。巨⼤かつ多様性に富む⼈⼝基盤を有するUSでの成功が、メル カリのミッションを実現する上で重要なマイルストーンであると認識しており、注⼒しています。 45 Your Marketplace
  46. US事業のこれまで 46 2016.10 Beta 版から卒業 (10%の⼿数料開始) 2014 2014.9 US アプリ

    Beta版をリリース 2016 2018.3 メルカリUSのリブランド、 アプリをリニューアル 2014.1 Mercari.Inc設⽴ SF オフィスオープン 2017 2018 2019 2020 2017.6 John Lagerlingが参画 2020.6 4Qで⽉間GMV 100M USDを達成 2018.5 シリコンバレーの中⼼ パロアルトオフィス開設 2018.11 Mercari Pack and Ship ローンチ 2021 2021.6 4Qで初となる 営業⿊字を達成 2021.7 Uber社との「Mercari Local」を全⽶に拡⼤ 2021.9 ZIP社と後払い決済 サービス(BNPL) の提供開始
  47. YoY +6% YoY -12% 単位:万⼈ 単位:百万ドル (百万ドル) (万⼈) 数字で⾒るUS事業 47

    (1) 1か⽉に1回以上アプリ⼜はWEBサイトをブラウジングした登録ユーザの四半期平均の数 GMV/MAU1 ・US CEO ジョン・ラーゲリン体制に ・ブランドリニューアル ・マーケティングと  プロダクト改善の投資加速 ・COVID-19パンデミック ・Webの⼤幅アップデート ・決済⼿数料導⼊
  48. ポジショニング 48 ミートアップ オンリー 配送サービス オンリー オールジャンル カテゴリー特化 通常配送 ローカル配送

    強化 ⽶国におけるユニークなポジショニングの確⽴に向け、従来からの使いやすさの追求に加え、多様な配 送オプションを提供することで、『最も使いやすく安全なオールジャンルCtoCマーケットプレイス』を ⽬指す。
  49. 体験の最適化 49 USのお客さまに向けた体験の最適化 USのお客さまのニーズや嗜好をより適切に反映するため、US版メルカリのUI及びUXの改善を⾏っています。 2018年3⽉には、USにおけるより効果的なブランド認知の構築を⽬指し、アプリロゴのデザイン変更を含むメルカリのリブランディングを⾏いま した。また、2018年11⽉には、UPS Store®に売れた商品を持ちこむとスタッフが代わりに梱包から発送まで⾏う「Mercari Pack & Ship」をスタ

    ート。2020年6⽉には、オンデマンド型配送サービスを⾏うPOSTMATES社との提携によるドアツードアの即⽇配送をSF、 10⽉にはNYで試験導 ⼊し、2021年7⽉からはUber社とのパートナーシップによる「Mercari Local」として全⽶展開しています。US固有のニーズと嗜好を取り⼊れる ことで、メルカリのユニークな体験価値を提供しています。 2022年6⽉には⼤型荷物の近距離運搬をア プリでオーダーできるサービスを提供する Dolly社とパートナーシップを締結し、 Mercari Localの対象カテゴリーに⼤型家具 を追加(5つの州に限定したプレリリース)
  50. 体験の最適化 値段サジェスト機能 スマートプライシング (Price suggest/Smart pricing) 2020年5⽉にローンチ。出品時に売れやすい 値段を提案し、売れない場合は事前に設定し た範囲で⾃動で値下げします。 50

    鑑定サービス (Authenticate) 2019年11⽉にローンチ。外部サービス と連携し、出品された⾼級ブランド品が 本物かどうかを鑑定します。 QR コード 2020年8⽉にローンチ。QRコードを⾒せ るだけで伝票がなくとも簡単に発送⼿続 きができます。
  51. 今後の事業展開 51 オートメーション パーソナライゼーション AIやデータを活⽤した検索エンジンの改善 個⼈の好みや⾏動履歴に基づいて パーソナライゼーション化への進化 新機能やプロダクト開発、⼈材獲得への投資を実施し、 中期的なGMV成⻑率の拡⼤のための強固な収益基盤・組織基盤をつくる 使いやすさの向上

    アプリ/WEBのデザインシステム統⼀ パワーセラー向けプラットフォームとしてのWEB強化 分割払いの導⼊ 配送イノベーション 即⽇配送サービスMercari Localの拡⼤ ローカル配送拡⼤による⾮出品者の開拓
  52. Appendix 52

  53. 経営陣 早稲⽥⼤学卒業後、ウノウ設⽴。「映画⽣活」「フォト蔵」「まちつく!」など のインターネット・サービスを⽴上げる。2010年、ウノウをZyngaに売却。 2012年退社後、世界⼀周を経て、2013年2⽉、株式会社メルカリを創業。 ⼭⽥ 進太郎 (やまだ しんたろう) 略歴 2001年8⽉

    2005年2⽉ 2010年9⽉ 2013年2⽉ 2014年3⽉ 2015年9⽉ 2015年11⽉ 2016年4⽉ 2017年4⽉ 2019年9⽉ 2021年1⽉ 有限会社ウノウ代表取締役 同社をウノウ株式会社へ商号変更 買収に伴いZynga Japan株式会社ゼネラルマネージャー 株式会社コウゾウ(現当社)設⽴ 代表取締役社⻑ Mercari, Inc. Director 株式会社ソウゾウ(旧)取締役 Mercari Europe Ltd Director Merpay Ltd Director 当社代表取締役会⻑兼CEO 当社代表取締役 CEO(現任) 株式会社ソウゾウ取締役(現任) 代表取締役 CEO (社⻑) 兼 株式会社ソウゾウ取締役 53
  54. 経営陣 早稲⽥⼤学商学部卒業後、⼤和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業の IPOを担当。2006年よりミクシィにジョインし、取締役執⾏役員CFOとしてコーポレ ート部⾨全体を統轄する。2012年に退任後はいくつかのスタートアップを⽀援し、 2013年12⽉株式会社メルカリに参画。2014年3⽉取締役就任、2017年4⽉取締役社 ⻑兼COO就任、2019年9⽉取締役会⻑就任。2019年8⽉より株式会社⿅島アントラ ーズ・エフ・シー代表取締役社⻑兼任。 ⼩泉⽂明 
 (こいずみ

    ふみあき) 略歴 2003年4⽉ 2006年12⽉ 2008年6⽉ 2012年6⽉ 2012年7⽉ 2013年12⽉ 2013年12⽉ 2014年3⽉ 2015年9⽉ 2017年4⽉ 2019年8⽉ 2019年9⽉ 取締役President(会⻑) 兼 株式会社⿅島アントラーズ・エフ・シー 代表取締役社⻑ ⼤和証券SMBC株式会社(現 ⼤和証券株式会社)⼊社 株式会社ミクシィ⼊社 同社取締役 株式会社フリークアウト社外監査役 ラクスル株式会社社外監査役 株式会社trippiece社外取締役 当社⼊社 当社取締役 Corporate Division⻑ 株式会社ソウゾウ取締役 当社取締役社⻑兼COO Corporate Division⻑ 株式会社⿅島アントラーズ・エフ・シー 代表取締役 CEO(現任) 当社取締役President(現任) 54
  55. 経営陣(上級執⾏役員) 早稲⽥⼤学を卒業後、GMOクラウド株式会社へ⼊社。CS業務、サーバーホスティ ング事業、および新規事業の⽴ち上げ等に従事。2010年にピクシブ株式会社へ⼊ 社し、取締役としてシステム開発、マーケティング、グロース等の事業統括に従 事。2016年1⽉より株式会社アニメイトラボ代表取締役社⻑CEOに就任し、⼩売 領域におけるIT事業推進を実⾏。2017年2⽉に執⾏役員としてメルカリに参画。 2022年1⽉より上級執⾏役員 SVP of Global

    Expansion(グローバル推進担当) に就任。 ⽥⾯⽊ 宏尚 (たものき ひろひさ) 略歴 2004年4⽉ 2010年3⽉ 2013年1⽉ 2014年9⽉ 2014年10⽉ 2016年1⽉ 2017年2⽉ 2018年10⽉ 2019年9⽉ 2020年9⽉ 2022年1⽉ GMOホスティングアンドテクノロジーズ株式会社(現GMOクラウド株式会社)⼊社 ピクシブ株式会社⼊社 同社執⾏役員 同社取締役COO 株式会社アニメイトラボ代表取締役副社⻑ 同社代表取締役社⻑ 当社執⾏役員 当社執⾏役員メルカリジャパンCEO 当社取締役メルカリジャパンCEO 当社上級執⾏役員 メルカリジャパン CEO 上級執⾏役員 SVP of Global Expansion(グローバル推進担当)(現任) 上級執⾏役員 SVP of Global Expansion (グローバル推進担当) 55
  56. 経営陣(上級執⾏役員) ストックホルム商科⼤学修⼠課程修了。在学中、東京⼤学⼤学院経済研究科でも論⽂研究を ⾏う。GoogleでAndroidグローバルパートナーシップディレクターなどの重要なポジション を7年間に渡り務めた後、2014年にFacebook社のバイスプレジデントに就任。 グローバルビジネスデベロップメントやモバイルパートナーシップをはじめ、 数多くの分野における事業提携業務を統括。2017年6⽉、執⾏役員Chief Business Officerと してメルカリに参画。2022年1⽉より上級執⾏役員 SVP

    of Global Strategy(グローバル戦略 担当)兼 Mercari, Inc. CEO。 John Lagerling (ジョン ラーゲリン) 略歴 2002年5⽉ 2006年11⽉ 2009年5⽉ 2010年5⽉ 2014年5⽉ 2014年10⽉ 2016年5⽉ 2017年6⽉ 2017年7⽉ 2017年9⽉ 2020年9⽉ 2022年1⽉ 上級執⾏役員 SVP of Global Strategy (グローバル戦略担当) 兼 Mercari, Inc. CEO NTTドコモ株式会社 ⼊社 Google, Inc. ⼊社 Strategic Partner Development Manager, Head of Mobile Business and Product, Japan & Asia-Pacific AdMob, Vice President and General Manager for Japan and Korea Google, Inc. Senior Director Android Global Partnerships Facebook, Inc. VP Business Development, Mobile and Product Partnerships Cronologics Corporation Co-Founder and Board Member Modern Times Group MTG AB Non Executive Board Member 当社⼊社 執⾏役員CBO Digital Domain 3.0 Non Executive Board Member 当社取締役CBO, Mercari, Inc. US CEO 当社上級執⾏役員 兼 Mercury, Inc. CEO 当社上級執⾏役員 SVP of Global Strategy(グローバル戦略担当)兼 Mercari, Inc. CEO (現任) 56
  57. 経営陣(上級執⾏役員) ドイツ証券投資銀⾏部⾨を経て、グリー株式会社にて、取締役CFO、⽶国法⼈ CEO、事業本部⻑を歴任。2017年11⽉より株式会社メルペイ代表取締役。グロ ーバルでの⾦融およびテック業界での知⾒を活かして、メルカリの決済・⾦融事 業の推進を担当。2021年4⽉よりメルコイン代表取締役CEO、2022年1⽉よりメ ルカリ上級執⾏役員 SVP of Japan Region(メルカリグループ⽇本事業責任者)

    に就任。 ⻘柳直樹 (あおやぎ なおき) 略歴 2002年4⽉ 2006年3⽉ 2006年7⽉ 2011年1⽉ 2014年3⽉ 2017年1⽉ 2017年11⽉ 2017年12⽉ 2018年7⽉ 2018年9⽉ 2020年9⽉ 2022年1⽉ ドイツ証券会社(現ドイツ証券株式会社)⼊社 グリー株式会社⼊社 同社取締役 GREE International,Inc. CEO and Board Member Glossom株式会社 代表取締役 当社執⾏役員 株式会社メルペイ代表取締役 株式会社クラウドワークス社外取締役 株式会社メルペイコネクト代表取締役 当社取締役 上級執⾏役員 兼 株式会社メルペイ代表取締役社⻑ CEO 上級執⾏役員 SVP of Japan Region(メルカリグループ⽇本事業責任 者)兼 株式会社メルコイン代表取締役 CEO(現任) 上級執⾏役員 SVP of Japan Region (メルカリグループ⽇本事業責任者)兼 株式会社メルコイン代表取締役 CEO 57
  58. 働く環境としてのメルカリ メルカリでは多様な社員が「Go Bold(⼤胆)におもいっきり働ける環境」を より充実させていくため、様々な制度を取り⼊れています。 「merci box」は、メルカリのメンバーが「Go Boldにおもいっきり働ける環境」をより充実させていくため、2016年2⽉ に導⼊した⼈事制度です。産休・育休後の復職⼀時⾦の⽀給や、妊活(不妊治療)費⽤の補助、認可外保育園費⽤の補助、 病児保育費の⽀援、全社員の死亡保険加⼊などの制度を整えています。 2021年5⽉からは「卵⼦凍結⽀援制度」、「0歳児保育⽀援制度」の2つの制度も試験導⼊しました。

    (メルシーボックス) 産休・育休 介護休業⽀援の拡充 育児・介護休暇 の有償化 妊活の 
 ⽀援 病児保育費 
 の⽀援 認可外保育園 
 補助 万が⼀の時の セーフティライン 58 卵⼦凍結⽀援制度 0歳児保育⽀援制度
  59. ESGの取り組み⽅針(マテリアリティ) 59 事業マテリアリティとは、メルカリが⻑期ビジョンを実現するにあたり取り組むべき重点課題です。 2019年に定めたマテリアリティについて、外部環境・内部環境の変化を踏まえて 2021年に現在のマテリアリティにアップデートしました。 事業を通じて社会・環境課題の解決に貢献していく価値創造に関わるものと、 持続的な成⻑のために必要な経営基盤に関わるものの両⽅の観点から、以下5つのマテリアリティを定義しています。

  60. ポジティブインパクト 60

  61. ポジティブインパクト 61

  62. ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組み 無意識バイアスワークショップ 62 マネジャー以上は必須の研修で「無意識バイア ス」(無意識の偏⾒)について理解し、それを ⽇常で意識する習慣をつくることで、D&Iを推 進しています。(資料は無償公開中) 2023年4⽉開校を⽬指す私⽴⾼等専⾨学校「神 ⼭まるごと⾼専(仮称)」とD&I推進における 学校教育パートナーシップ」を締結。学校教育

    の現場にメルカリの知⾒を学校教育に取り⼊れ ていきます。 ⼥性やLGBT+コミュニティの⽅などIT業界 のマイノリティ(少数派)を対象とした、ソ フ ト ウ ェ ア エ ン ジニ ア 育 成 プロ グラム 「Build@Mercari」を実施しています。 教育機関とのパートナーシップ Build@Mercariの実施 メルカリのミッションを達成し、世界中の多様な社会に受け⼊れられる サービスを提供するためには、多様性に富んだ社員の様々な視点やアイ デアを尊重し、積極的に受け⼊れていく環境づくりが必要不可⽋です。 2021年1⽉には組織横断の社内委員会としてCEOの⼭⽥進太郎をチェア パーソンとする「D&I Council」を設⽴し、社内外のD&Iの推進に取り組 んでいます。
  63. テクノロジーのちからで価値交換のあり⽅を変える 注⼒するのはテクノロジーによる差別化 ⽉間2,040万⼈のお客さまに利⽤される「メルカリ」が注⼒す るのは「テクノロジーによる差別化」です。市場の競争がま すます激しくなる中、アイデアだけでなく先進的なテクノロ ジーを活⽤し、他社の追随を許さない利便性をいち早く実現 することが世界的な競争⼒に繋がると考えています。メルカ リは、テクノロジーのちからで価値交換のあり⽅を変えて、 誰もがやりたいことができる社会を実現していきたいと考え ています。

    63 最注⼒領域は「AI」 メルカリにはサービス開始から6年で蓄積された数⼗億規模の 商品データが存在します。これらはすべて、「メルカリ」のお 客さまが投稿した画像や商品説明⽂であり、同じ商品に対して も複数の画像・商品名・説明⽂が存在するため、⼀般的なECサ イトのデータとは異なるメルカリならではのデータとなりま す。このデータがディープラーニングにとって最も重要であ り、画像データや⽂章データを活⽤した⾼精度な機械学習モデ ルを作成することが可能となります。
  64. 研究開発組織 「mercari R4D(アールフォーディー)」は、2017年12⽉に設⽴した、研究(Research)と4つのD、設計(Design)・開発 
 (Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を⾏動指針として活動する研究開発組織です。 
 現在は、量⼦コンピュータ・量⼦インターネット、ブロックチェーン、HCI、AI、モビリティ等の研究のほか、国⽴⼤学法⼈東京⼤学 インクルーシブ⼯学連携研究機構(機構⻑:川原圭博教授、略称:RIISE)と「価値交換⼯学」に関する共同研究を開始しています。 2019年9⽉、社外の有識者による第三者の視点での 研究開発に関する諮問および意思決定プロセスを強化

    していくことを⽬的に研究開発アドバイザリーボード を設置。慶應義塾⼤学 村井純⽒、東京⼤学 川原圭博 ⽒、産業技術総合研究所 尹祐根⽒がボードメンバー として参画。 64 東京⼤学RIISEと共同研究を⾏う「価値交換⼯学」で は、10億円(5年間)をコミットし、産学共創で世界 中の⼈々がフェアでスムーズな価値交換を⾏うことが 可能な社会の実現を⽬指す。 mercari R4Dでは東京⼤学 川原研究室、新⼭研究室、 筧研究室、⼤阪府⽴⼤学 中川研究室と共に新しい電動 モビリティ「poimo(POrtable and Inflatable MObilityの略称)」の研究開発を⾏っています。 poimoは空気などを注⼊することにより膨らませて構 造を作るインフレータブル構造で多くの部品を構成し た、乗り⼼地のよい⼤きさと可搬性を兼ね備えた新し いパーソナルモビリティです。
  65. メルカリのスポーツビジネスへの取り組み 2019年7⽉30⽇、メルカリは、⿅島アントラーズの経営権取得を発表しました。 •圧倒的なコンテンツ⼒・知名度 •リーグトップの経営体制・事業開発⼒ •デジタル化の推進 テクノロジー+事業運営ノウハウ を通じてビジネス基盤の強化 テクノロジーの活⽤を通じて 地域経済の活性化 •マーケティング⼒・事業開発⼒

    •業界トップクラスのテクノロジー •急成⻑を⽀える経営組織マネジメント •ホームタウンとしての 
 ⿅島アントラーズとの強い絆 •豊かな資源を活かした観光開発 観光資源の活⽤を通じて DMO※(地域振興)を推進 ※DMO:Destination Management Organizationの略。地域の多様な関係者を巻き込みつつ、科学的なアプローチを取り⼊れた観光地域づくりを⾏う舵取り役となる法⼈。  地域資源を最⼤限に活⽤し、効果的・効率的な集客を図る「稼げる」観光地域づくりを推進する。(観光庁資料より) 65
  66. 沿⾰ 2⽉ 
 7⽉ 
 8⽉ 
 11⽉ 2013 資本⾦2,000万円で株式会社コウゾウを設⽴

    
 資⾦調達:5,000万円をイーストベンチャーズより調達 フリマアプリ「メルカリ」の提供を開始 
 資⾦調達:3億円をユナイテッドより調達 
 社名を株式会社メルカリに変更 66 1⽉ 
 3⽉ 
 4⽉ 9⽉ 
 10⽉ 
 11⽉ USグループ会社Mercari, Inc.を設⽴ 
 14.5億円をグローバル・ブレインなどより調達 
 仙台カスタマーサービスオフィスを設⽴ US版メルカリを本格リリース JP版メルカリ⼿数料開始(無料→10%) 23.6億円をWiLなどより調達 
 新会社:UKグループ会社Mercari Europe Ltdを設⽴ 2014 2015 3⽉ 
 4⽉ 9⽉ 
 
 本社移転(六本⽊ヒルズ) 配送サービス「らくらくメルカリ便」を開始 メルカリの新規事業を担うグループ会社 株式会社ソウゾウ設⽴ 2016 2⽉ 
 3⽉ 
 4⽉ 10⽉ 
 ⼈事制度「merci box(メルシーボックス)」導⼊ 
 資⾦調達:84億円を三井物産などより調達 地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」リリース 
 新会社:英国グループ会社Merpay Ltdを設⽴ US版メルカリ⼿数料開始(無料→10%) 2017 2⽉ 
 3⽉ 
 
 5⽉ 
 7⽉ 
 8⽉ 
 11⽉ 12⽉ 新会社:ザワット株式会社を100%⼦会社化 新拠点:福岡カスタマーサービスオフィスを設⽴ 
 UK版メルカリリリース 
 本・CD・DVD等に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」リリース ライブフリマ「メルカリチャンネル」リリース ブランド品専⽤フリマアプリ「メルカリ メゾンズ」リリース 即時買取サービス「メルカリ NOW」リリース 新会社:グループ会社株式会社メルペイを設⽴ 新組織:社会実装を⽬的とした研究開発組織 
 「R4D(アールフォーディー)」を設⽴
  67. 沿⾰ 67 2018 2⽉ 
 3⽉ 
 4⽉ 
 5⽉

    
 6⽉ 7⽉ 
 10⽉ 
 12⽉ シェアサイクルサービス「メルチャリ」を福岡で開始 
 US版メルカリのリブランディングを実施 「メルカリ アッテ」サービス終了 
 学びのフリマアプリ「teacha(ティーチャ)」リリース 新規上場承認 東証マザーズ上場 「メルカリ メゾンズ」「メルカリ NOW」「teacha」サービス終了 株式会社メルカリ リブランディング 
 UKグループ会社の解散 「メルカリ カウル」サービス終了 2019 UK版メルカリ終了 スマホ決済サービス「メルペイ」開始 LINE Payとメルペイが戦略的業務提携 
 株式会社ソウゾウの解散/neuet株式会社へ「メルチャリ」事業を承継 「メルカリチャンネル」終了 株式会社⿅島アントラーズ・エフ・シーを⼦会社化 100か国以上での越境販売を開始 1⽉ 2⽉ 3⽉ 
 7⽉ 
 8⽉ 
 12⽉ 
 2020 メルペイによる株式会社Origamiの株式全取得を基本合意 
 メルカリ・メルペイ・NTTドコモが業務提携に合意 新宿マルイ本館に初の旗艦店「メルカリステーション」をプレオープン 「マーケットプレイスのあり⽅に関する有識者会議」を設⽴ 1⽉ 
 2⽉ 6⽉ 7⽉ 
 
 2021 「マーケットプレイスの基本原則」を公開 株式会社ソウゾウを設⽴ 株式会社メルコインを設⽴ 「メルカリShops」の試験提供を開始 少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供開始 メルコインが株式会社Bassetの全株式を取得 「メルカリ・ニューノーマル・ワークスタイル “YOUR CHOICE”」を 導⼊ 株式会社メルロジを設⽴ 「メルカリShops」の本格提供を開始 パ・リーグ6球団およびパシフィックリーグマーケティングと共同で NFT事業に参⼊ 1⽉ 
 4⽉ 7⽉ 8⽉ 9⽉ 10⽉ 12⽉ 2022 新経営執⾏体制への移⾏および役員業務分掌を⼀部変更 上場区分を東京証券取引所グロース市場からプライム市場に変更 インド共和国ベンガルール市に技術開発拠点「Mercari India Private Limited」を設⽴ 1⽉ 6⽉