Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ITベンチャーにおける情シス・社内SEという選択

 ITベンチャーにおける情シス・社内SEという選択

ITベンチャーの情シス・社内SEという選択【サポーターズCoLab勉強会】 - サポーターズCoLab https://supporterzcolab.com/event/749/

8b14dd121db5955486ad33e4d6c473b4?s=128

Shintaro Okamura

March 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. ITベンチャーの 情シス・社内SEという選択 株式会社スタディスト 岡村 慎太郎 (@okash1n)

  2. Agenda 1. ⾃⼰紹介&会社紹介 2. 最近私が取り組んでいる仕事 3. ビジネスとITの関係の変化 4. 情報システムの変化 5.

    情シスに求められるもの 6. ITベンチャーにおける情シスの魅⼒
  3. Agenda 1. ⾃⼰紹介&会社紹介 2. 最近私が取り組んでいる仕事 3. ビジネスとITの関係の変化 4. 情報システムの変化 5.

    情シスに求められるもの 6. ITベンチャーにおける情シスの魅⼒
  4. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  5. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  6. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  7. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  8. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  9. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  10. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  11. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  12. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  13. ⾃⼰紹介 • 名前: 岡村 慎太郎(おかしん) • : @okash1n • 平成1年3⽉19⽇⽣(もうすぐ30歳)

    • 趣味: 家系ラーメン, 登壇 • 最近の興味関⼼: Meraki, JAM Stack, ZeroTrust • 技術書典6にサークル参加します! • キャリア: SES → Sansan 情シス → アソビュー SRE • 2019年2⽉ 株式会社スタディスト⼊社 • ⼀⼈情シスとして情シス部⾨⽴ち上げ中
  14. None
  15. None
  16. Agenda 1. ⾃⼰紹介&会社紹介 2. 最近私が取り組んでいる仕事 3. ビジネスとITの関係の変化 4. 情報システムの変化 5.

    情シスに求められるもの 6. ITベンチャーにおける情シスの魅⼒
  17. ⼊社してからの取り組み

  18. 2/12 本社移転に伴うNW刷新 • Meraki AP, SW を使ったネットワーク • GSuiteを使った802.1Xの実装

  19. ネットワーク刷新

  20. IUUQTTQFBLFSEFDLDPNPLBTIOSVP[IFGBMTFEPUYSFO[IFOH TMJEF

  21. ID管理基盤の整備 • 現在はActiveDirectoryやSAML無し • AzureADとIDaaS製品を利⽤予定

  22. スケーラブルなSSOの構築

  23. 社内ヘルプデスクの構築 • GoogleForm • GAS • Slack • Kintone

  24. None
  25. Agenda 1. ⾃⼰紹介&会社紹介 2. 最近私が取り組んでいる仕事 3. ビジネスとITの関係の変化 4. 情報システムの変化 5.

    情シスに求められるもの 6. ITベンチャーにおける情シスの魅⼒
  26. 情シス部⾨に対する イメージってどんな感じ?

  27. 情シスに対するイメージ • パソコンの調⼦が悪い時に持っていく ところ • 業務システムの保守運⽤ • アカウントやメーリスの管理 • セキュリティ

  28. 近年よく聞く⾔葉 • 攻めの情シス(2005年頃〜) • コーポレートエンジニア(2015年頃) 「背景には2つの変化」

  29. ビジネスとITの関係の変化

  30. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE
  31. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE 
  32. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE 
  33. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE  
  34. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE   
  35. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE    
  36. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE     
  37. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE      
  38. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE       
  39. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE        
  40. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE        
  41. ITとビジネスの関係 • かつては「ビジネス上利⽤するもの」 →ビジネスのコアに変化 • ITを軸にビジネスを組み⽴てる必要

  42. 情報システム部⾨にITを軸とした経 営戦略的視点が求められるように 攻めの情シス

  43. 情報システムの変化

  44. 情報システムの変化 • マイクロサービス化 • ロケーションの多様化 • 端末の多様化と増加 • ⼈事制度の多様化

  45. マイクロサービス化 • 旧来の情報システム →社内サーバ上のモノリスなシステム • 最近の情報システム →機能ごとに様々なWebサービスを利⽤

  46. ⼊退社や⼈事異動に伴う 管理コストの増加

  47. None
  48. マイクロサービス化がもたらすもの • シングルサインオン • アカウント発⾏の⾃動化 ⼊退社や⼈事異動に伴う管理コストの増加

  49. ロケーションの変化 外出先・在宅・リモートワーク • Web会議 • 社外でのセキュアな情報システム利⽤

  50. 端末の多様化・増加 Windows, Mac, Linux, Android, iOS • 複数台利⽤ • 検証(開発)

    • デモ端末(営業など)
  51. 端末の多様化・増加がもたらすもの • キッティングや資産管理の⾃動化 • MDMの整備

  52. 様々な独⾃の⼈事制度 採⽤競争の激化から特にITベンチャーでは 独⾃の⼈事制度をスピーディに整えて運⽤ する必要が出てきた。 • クラウドサービスでは対応できない • 専⽤のツールを内製でアジャイルに開 発・運⽤する必要が出てきた

  53. 情報システムの変化によって、運⽤の⾃動 化やアジャイルな開発が求められている コーポレートエンジニア

  54. 情報システム部⾨に求められているもの • ビジネス観点 • アジャイルな開発

  55. 情報システム部⾨に求められているもの • ビジネス観点 • アジャイルな開発 これだけではもちろんダメ

  56. 情報システム部⾨に求められているもの • ビジネス観点 • アジャイルな開発 • セキュリティ • 保守運⽤

  57. 情報システム部⾨に求められているもの • ビジネス(Biz) • アジャイルな開発(Dev) • セキュリティ(Sec) • 保守運⽤(Ops)

  58. 情報システム部⾨に求められているもの • ビジネス(Biz) • アジャイルな開発(Dev) • セキュリティ(Sec) • 保守運⽤(Ops)

  59. どれが⼤事? • ビジネス(Biz) • アジャイルな開発(Dev) • セキュリティ(Sec) • 保守運⽤(Ops)

  60. どれが⼤事? • ビジネス(Biz) • アジャイルな開発(Dev) • セキュリティ(Sec) • 保守運⽤(Ops)

  61. お⾦の問題は⼤きい • 本当は使いたくないけどバーターで⼊ れてるサービス • 本当は使いたいけど、コストが⾼くて 導⼊できないツール

  62. 情報システム部⾨は基本的には コストセンター

  63. 事業のフェーズによって割ける コストは変わってくる

  64. ⼤切な姿勢 • ビジネスのフェーズと今⼤切なことを 考えられる能⼒ • コストとメリットを考えて経営層に説 明出来る能⼒

  65. 今必要なことと コストだけ考えれば良いのか

  66. Ϗδωεͱ*5 Ϗδωε *5     *5 ศར *5

    ෆՄܽ *5 ༗ޮ *5 ίΞ طଘͷϏδωεϞσϧ ৽͍͠ϏδωεϞσϧ *5෦໳͕ओಋ ܦӦਞ͕ओಋ Ϛʔέοτ͕ओಋ कΔϓϩμΫτ 4P3 ߈ΊΔϓϩμΫτ 4P& ίʔυ඼࣭ γεςϜ඼࣭ Ϗδωε඼࣭ σʔλ඼࣭ DMJFOUTFSWFS XFC DMPVEEFWJDFT *P5"* Ϗδωε ҙࢥܾఆ γεςϜಛੑ ඼࣭ ٕज़ $PQZSJHIU˜  5PNPIBSV /BHBTBXB "MMSJHIUTSFTFSWFE        
  67. ITはビジネスの「コア」 • システムは短期的なコストメリットだけでは説 明できない • 部分最適したシステムが後々ビジネスの⾜を 引っ張ることも →運⽤コスト増により部⾨⾃体が機能しなくなる →グローバル化・他拠点化の⾜かせとなる

  68. 情報システム部⾨にしかできないこと • システム⾯から⻑期的な経営戦略的判 断をすること

  69. これらに必要なこと • IT動向へのアンテナの⾼さと想像⼒ • コミュニケーション能⼒

  70. 情シス⼈材に求められること • Biz, Dev, Ops, Secの視点 • システム⾯から⻑期的な経営戦略的判 断をすること •

    アンテナ・想像⼒コミュニケーション 能⼒
  71. Agenda 1. ⾃⼰紹介&会社紹介 2. 最近私が取り組んでいる仕事 3. ビジネスとITの関係の変化 4. 情報システムの変化 5.

    情シスに求められるもの 6. ITベンチャーにおける情シスの魅⼒
  72. 情シスの魅⼒ • 業務を効率化・⾃動化していくことのエンジ ニア的楽しさ • システムを考えることの楽しさ • ユーザーが社員であることによるフィード バックの速さ •

    得られるスキルが豊富
  73. None
  74. None
  75. 得られるスキルが豊富 • Biz, Dev, Ops, Secの視点 • システム⾯から⻑期的な経営戦略的判 断をすること •

    アンテナ・想像⼒コミュニケーション 能⼒
  76. 経営層に近い • エンジニアとしてビジネスや企業経営 に関わることにより、独⾃のキャリア 形成が出来る

  77. ITベンチャーにおける情シス • 「アジャイル」な発想を経営層が持って いることが多い • ⽂化的に「ITがコアである」ことが受け ⼊れられやすい • ネゴシエーションにかかる労⼒が⽐較的 低い

  78. 情シスの魅⼒や成⻑機会を 得やすい環境

  79. エンジニアとしてのキャリアに 悩む⽅は是⾮情シスも検討を!

  80. まとめ • ITはビジネスのコア • 情報システム部⾨で求められることは 多岐にわたる • ITベンチャーでの情シスは楽しく、 キャリアアップにも繋がる!

  81. ご清聴ありがとうございました