Android における Model-View-Intent アーキテクチャ

Android における Model-View-Intent アーキテクチャ

Android上の開発は非同期の扱いを避ける事はできないです。ネットワーク、フレームワーク、ユーザの操作などから非同期処理が発生してます。油断してしまうとアプリが複雑化してメンテナンスが難しくなります。皆様はネットワークからレスポンスを待っている途中、ユーザが画面をローテーションしても問題ないですか?並行してユーザがいろんな操作しても大丈夫でしょうか?

Model-View-Intent アーキテクチャは非同期処理が発生する前提で考えられたため、すべてがストリームとして扱ってデータの流れを一方通行にするかつ不変オブジェクトを使うのが MVI アーキテクチャの方針です。マルチスレッディングやAndroidのライフサイクルの対応から生じる問題がアーキテクチャによって解決されるおかげでアプリのロジックに集中できるようになり、コードが書きやすく、今後の保守も楽になります!

皆様が MVI アーキテクチャの強みを理解し自分で実現できるようにする目標で Kotlin と RxJava を使って並行処理、画面ローテーション、スナックバーを含んだ画面をどうやって作っていくかを語るつもりです!

05162bc961c3654218bf1839974a4f35?s=128

Benoît Quenaudon

February 08, 2018
Tweet