Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OCI Streaming ご紹介

OCI Streaming ご紹介

Oracle Infrastructure(OCI)のサービスの概要紹介資料です。

oracle4engineer
PRO

December 02, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. OCI Streaming Serviceご紹介 日本オラクル株式会社 Dec. 2022

  2. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 2 Streamingの概要

  3. 3 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 増加し続けるデータとその活用 現代では、様々な種類のデータが生み出され続けている

    • Web/Mobileアクティビティデータ • システムから出力されるログ • IoTセンサーログ • システム内モジュール間の接続/通信 • etc. これら大量のデータを活用するためには、 それらをリアルタイムに処理できるシステムが必要
  4. 4 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 新たな分散メッセージング基盤の必要性 大量のデータを処理するうえで、以前のメッセージングキューやETLツールなどの大量データ処理システムには課題があった

    • 高コストなトランザクション制御により高スループットな処理の実現が難しい • リアルタイムな処理とバッチ処理の両方で同じデータを扱いにくい • 固有の技術に依存した処理や分かりにくいAPIによりシステム統合が難しい これらの課題を解決するための新しいアーキテクチャが求められる 大量のメッセージをリアルタイム に処理できるアーキテクチャ 任意のタイミングでデータを処理 するためのデータ永続化 分かりやすい APIによる、システ ム統合と操作の簡易化
  5. 大量のデータストリームを処理するフルマネージドな分散メッセージングサービス OCI Streaming Service (ストリーミング) Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 5 ▪ ユースケース ログやイベント、Web/MobileやIoTからのデータストリームを集約、 巨大なシステム内でのサービス間を繋ぐデータハブ ▪ 特徴 複雑になりやすいサービス間やコンポーネント間の接続経路を、Streamingを経 由する形にすることでシンプルにすることが可能 Pub/Subモデルの採用により、データ通信を非同期に行い急激なデータ増加に よるシステム負荷の上昇を抑制 Streamingに接続するためのAPIやSDKを提供 • Kafka互換APIを提供 ▪ 価格 (2022年12月現在) データ転送(登録/取得)1GBごとに¥3.5 データの保持1GB×時間ごとに¥0.028 ▪ 関連するOracle Cloud Service • Events (イベント・サービス) • Oracle Functions (ファンクション) • API Gateway IoT Mobile/Web Activities App Kafka Client Streaming Streaming Events API Gateway Database System Object Storage Functions
  6. 大量のデータストリームをリアルタイムに処理するメッセージングサービス • 3つの設定項目を入力するのみで、ストリームの作成が可能 • フルマネージドのため、インフラ運用や障害対応はクラウド側で実施 • データストリームは最大で7日保持可能 ユースケース • 大量のログやイベントデータの収集

    • Web/Mobileアクティビティデータの集約 • IoTデータストリームの処理 • 巨大なシステムにおけるモジュール間の通信 OCI Streaming Serviceの概要 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 6
  7. 7 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates OCI Streaming

    Serviceのメリット コスト削減 • 管理コスト削減: 手動でのモニタリングやクラスタ管理などの排除 • 運用コスト削減: 実際に利用した分のみの従量課金制 リスク削減 • 高可用性: データはリージョン内の可用性ドメインに複製される 生産性向上 • Kafka互換性: Apache KafkaとのAPI互換性があり、既存のKafkaアプリケーションを利用可能 • OCIとの統合: ADW, Object Storageなど様々なOCIリソースとのコネクターを提供
  8. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 8 Streamingのユースケース

  9. ログやWebアクティビティデータの収集 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 9 •

    システムログやユーザーのアクティビティログをメッセージとして収集 • リアルタイム/バッチ処理などの必要なタイミングに応じて収集したメッセージを利用 • Streamingによってデータの流れを一元化 アプリケーション アクティビティデー タ システムログ リアルタイム処理 バッチ処理 アクティビティデータ システムログ アクティビティデータ システムログ モニタリング・ アラート UI反映・UX向上 のための機能 機械学習による 分 析・レコメンド ログ分析・キャパシティ プランニング Streaming Service Connector Hub Logging Logging
  10. IoTデータのリアルタイム処理 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 10 •

    IoT機器から流入する大量のデータを、Streamingが受け口となってキューイングする • そのストリームを読み出して、ADWやカスタムアプリがそれを利用する IoT Data OCI Streaming Data Management Autonomous Data Warehouse IoT Apps 自動車やスマート家 電のセンサーからの データをStreaming に送信 メッセージとして データをキューに入れ、 分散して保持する OCI Streaming からリアルタイムに データを取得/処 理していく 分析モデルに より、サジェスト やアラートなど の結果を返す アプリがキューイ ングされたデー タを利用する Streaming Big Data Autonomous Data Warehouse GoldenGate Stream Analytics Data Flow
  11. 非同期メッセージ・ハブとしての利用 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 11 システム内のモジュールや、MSAアプリのサービス間の接続経路を、シンプルで疎結合に保つ

    例:EC システム Marketing Module Payment Module CMS Module Support Module Cart Module Delivery Module Product Module Customer Module Order Module Backend Module Distribution Module Front Site Streaming
  12. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 12 StreamingとKafkaの互換性

  13. 13 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Kafka互換API Kafka互換のAPIを利用し、コードを変更せずに

    StreamingでKafkaアプリを利用可能 利用可能API(全てv0.10.0以降) • Produce • Consume • Group Management • Kafka Connect • 後述のKafka Connect構成を組み合わせて、様々な OCIサービスと統合可能 • Admin APIs(一部)
  14. 14 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates StreamingとKafkaの差分 StreamingとKafkaにおける概念の対応表

    API • OCI SDKのAPIに加えてKafka互換のAPIを利用可能 • 一部のKafka APIは未実装 • Streaming APIを使ったアプリケーションとKafka互換APIを使ったアプリケーションは共存可能 クエリの実行 • KSQLのような、Streamingに対するクエリの実行は未サポート Kafka互換API Kafka Client partition stream key value key value partition topic partition message OCI Streaming Streaming Kafka Stream Topic Partition Partition Key/Topic Key Group Group Kafka Client Group Groupに関しても、 Kafkaと同様の動作 (詳しくは付録参照)
  15. 15 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Kafka Connect

    Kafka Connect • Kafkaと他のリソースを接続するためのツール • Consume/Produce時の定型的な手続きを汎用化したもの Logs/ Other Files Data Source Logs/ Other Files Data Sink Kafka Connect Database System Object Storage Database System Object Storage
  16. 16 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Kafka Connect構成

    Kafka Connect構成 • StreamingでKafka Connectを利用する際に必要 • JDBC接続やストレージとの接続 • ATPやObject Storage(S3互換APIの利用)との連携が可能 2. SourceやSinkとなる リソースの作成 3. リソースに合わせた Kafka Connectの構築 1. OCI上にKafka Connect 構成を作成 作成後表示される設定値を、 Kafka Connect構築時に利用 対応するリソースはConfluent Hub などで確認可能 対応するKafka Connectを構築し、 コンテナなどを利用し起動しておく Kafka Connect構 成の設定値 Kafka Connectを構築 Object Storage Container Engine For Kubernetes Containers Virtual Machine Autonomous Database
  17. 17 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 参考:Kafka互換API、Kafka Connectを利用したDBとStreamingの連携

    • DBにレコードを追加した際、同期的にStreamingに対してメッセージをpublish • モジュール間のDB連携を、Streamingを介して行うことが可能に Kafka Connect JDBC App/ Database Client ② レコードをDBにinsert ① Kafka ConnectがDB をpolling ③ insertの内容を Streamingにpublish Database System Streaming
  18. まとめ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 18

  19. 19 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Oracle Streaming

    Serviceのまとめ Streamingとは何か • フルマネージド・分散メッセージングサービス • 従量課金制により最適化される、リーズナブルなコスト • OSS(Kafka/Kafka Connect)との互換性があり、ベンダー・ロックインなし Streamingは何ができるのか • 絶え間ないデータの受け口となることができる • 受けたデータは、損失なく分散読み出しができる • 結果として、システム内の接続経路をシンプルにできる Streaming
  20. None