Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

[開発合宿] Firebase + Nuxt.js + RaspberryPiによる猫監視システム / Cat Watcher

[開発合宿] Firebase + Nuxt.js + RaspberryPiによる猫監視システム / Cat Watcher

開発合宿で作成したシステムです。
Firebaseの使い心地の検証の目的で作成しました。

C64b68250b52ce67490c28110d622603?s=128

reireias

July 01, 2019
Tweet

Transcript

  1. ねこかん ねこかん Firebaseを活用した猫監視システム Firebaseを活用した猫監視システム reireias 1

  2. モチベーション モチベーション FirebaseがWebアプリ用のインフラとしてどの程度使え るか知りたかった 不在中の猫が家で何しているのか気になる 2

  3. できたもの(PWA版) できたもの(PWA版) 3 . 1

  4. できたもの(Web版) できたもの(Web版) 3 . 2

  5. ソースコード ソースコード reireias/cat-watcher reireias/raspberrypi-ansible 3 . 3

  6. 採用技術 採用技術 4 . 1

  7. RaspberryPi Zero RaspberryPi Zero 512MB RAM, 802.11b/g/n カメラモジュール モバイルバッテリーからの供給での稼働を想定 4

    . 2
  8. Vue.js + Vuetify.js + Nuxt.js Vue.js + Vuetify.js + Nuxt.js

    (個人的に)鉄板の組み合わせ Vuetify.jsのUIコンポーネント Nuxt.jsによるSPA、PWA Nuxt.jsが内包するVuexによるFluxでのデータ管理 4 . 3
  9. Firebase Firebase mBaaS(modile Backend as a Service) Authentication: 認証 Hosting:

    静的サイトホスティング Firestore: リアルタイムNoSQL Storage: データ保存ストレージ Functions: イベント駆動形FaaS Messaging: Push通知 4 . 4
  10. システム構成 システム構成 5 . 1

  11. 処理フロー(画像追加) 処理フロー(画像追加) 1. コマンドが動体を検知し、画像を保存 2. shellスクリプトが画像の追加を検知し、 コマンド でCloud Storage for

    Firebaseにアップロード 3. FunctionsがStorageへのファイル追加をトリガーに起動 Cloud Vision APIで画像にラベル付け Cat が含まれていれば、DL URLを発行し、Firestore にデータ登録 含まれていなければ、画像を削除する 5 . 2
  12. 4. Firestoreへのデータ追加をトリガーに、Functionsが起動 MessagigでCatトピックを購読しているデバイスに push通知送信 5. クライアントはHostingされた静的サイトへアクセス 6. AuthenticationによるGoogle認証連携 7. クライアントからFirestoreに接続し、画像一覧のデータ

    を取得 8. データ中のDL URLでStorageから画像を取得 5 . 3
  13. 処理フロー(ユーザー登録) 処理フロー(ユーザー登録) 1. Google認証でログインしたイベントをトリガーに Functionsが起動 ユーザーのデータをFirestoreに追加する 2. 通知ONボタンをユーザーがクリック ブラウザの通知の許可を利用し、許可された場合 registerTokenが発行される

    発行されたregisterTokenをFIrestore上のユーザーデー タの属性にセット 5 . 4
  14. 3. Firestoreのユーザーデータの更新をトリガーに Functionsが起動 registerTokenが更新されていた場合は、それ で をsubscribeする registerTokenのみでも個々にメッセージを送ることがで きるが、最大で同時に100通が上限 Topicに対する配信なら上限は無制限 5

    . 5
  15. Firebaseに対する考察 Firebaseに対する考察 6 . 1

  16. Webアプリエンジニア Webアプリエンジニア (サーバーサイド/フロントエンド)として (サーバーサイド/フロントエンド)として 認証連携周りがかなり楽。革命レベル。 デプロイが簡単 Storage/Firestoreのアクセス権が簡単に定義できる FunctionsをWebエンジニアだけで簡単に実装/デプロイ Push通知機能がある NoSQLの設計と、Functionsによるイベント駆動のサー

    バーサイド設計の難易度が高い 全てNoSQLのFirestoreで実現できるわけではない 6 . 2
  17. SREとして SREとして 圧倒的にフルマネージド = 管理コスト低 証明書管理不要 スケーリング(Functions/Firestore/Hosting) もろもろのサーバーの管理コスト無し GCPとの統合が容易 足りない機能はGCPでまかなうことができる

    親和性というのは大事、親和性が低いと権限管理がう まくいかない 6 . 3
  18. Firebaseの個々の機能に関して Firebaseの個々の機能に関して 7 . 1

  19. Authentication Authentication firebase-uiを使うと超低コストで3rdPatyログインのボ タン+機能が実現可能 ただし、リダイレクト時のこまかい挙動に関して手を 入れれないのは微妙 BtoB向けのような、ユーザー管理者によるユーザー管理 機能の提供は難易度高そう 運用者によるユーザー管理画面はAdmin SDK

    + Serverで いけそう 7 . 2
  20. Hosting Hosting CDN、証明書、HTTP2対応等が簡単に実現できる 静的サイトがメイン(or Mobileアプリ)の場合はこれで十 分 7 . 3

  21. Storage Storage 複雑なアクセス権制御さえなければ十分 裏はGoogle Cloud Storageなので、S3と同等と思ってよ いです 7 . 4

  22. Firestore Firestore Firebaseを使いこなせるかは、Firestoreを使いこなせる かにかかっていると言っても過言ではない リアルタイムNoSQL(マジでクライアントにリアルタイム に変更が伝わるので、UXが良い) NoSQLの一般的な特徴になるが、複雑なジョイン、複雑 な検索、複雑なリレーショナルは苦手 それと引き換えにパフォーマンスとスケーラビリティが 高い

    これらの特性から従来のRDBMSとは異なる設計を求めら れる点が難しい 7 . 5
  23. Functions Functions FirebaseのバックエンドがGCPなので、いい感じに統合 されている GCPのAPI(今回はVision API)がAPIキー等なしで簡単に利 用できる デバッグをローカルでできる機能があるが、試せていな い 7

    . 6
  24. Messaging Messaging Push通知がまあまあ簡単にできる 認証キーとかトークンの関係で、意外とサーバーサイド (Functions)上でしかできない(クライアント側でやると面 倒な)ことがあったりする トピックの購読による配信は複数のトピックを組み合わ せられるので、これで基本はいろんな配信パターンを実 現できるはず 7

    . 7
  25. 結論 結論 Firebaseの機能で満たせる要件の場合、圧倒的に開発コ ストを抑えることが可能 NoSQLで足りるか? Functionsの制約下でバックエンドは十分か? 上記の見極めは難しい 開発初期に見通せるか? 最初からRailsありきと、(Firebaseで作って)途中で Rails等を足すのとどちらがコストが低いか

    8
  26. その他感想1 その他感想1 やはりベースはmBaaSであり、モバイルでしか利用でき ない機能のほうが多い FirebaseのAPIリファレンスサイトがちょっと重い functionsの名前をイベント名ベースにするのか、処理内 容にするのか悩む PWAのservice workerのデバッグめっちゃ辛い 9

    . 1
  27. その他感想2 その他感想2 参考になった push通知をクリックした際、PWAで開くのか、ブラウザ で開くのかはユーザーの設定次第 firebase-uiは簡単にログインボタンを出せるが、リダイ レクト時のロードをアニメで制御するのが難しい iOSのPWAでのリダイレクトを伴うGoogle認証が、最新 のOSでないと成功しない(iOSのPWA対応が遅い) ここ

    9 . 2
  28. その他感想3 その他感想3 ステージング環境が勝手に作成される(まだ試せていな い) USB-OTGむずい 9 . 3