Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

さくらのモノプラットフォームクローズドβ/ sakura mono pf closed beta 20210707

さくらのモノプラットフォームクローズドβ/ sakura mono pf closed beta 20210707

さくらインターネットが提供するIoTプラットフォームサービス「さくらのモノプラットフォーム」クローズドβ版の説明資料です。

本サービスを通して、IoT分野における技術面とビジネス面の両方の課題を解決しお客様に必要とされ続けるサービスとして発展させていくことを目指します。

さくらのモノプラットフォーム クローズドβテスト無料申し込みフォーム
https://www.sakura.ad.jp/request_form/service/iot_beta/

Transcript

  1. © SAKURA internet Inc. IoTプラットフォーム事業部 ⽵井 清恭 さくらのモノプラットフォーム クローズドβ版

  2. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 1. IoTサービス開発の課題 2. さくらのモノプラットフォームの提供範囲 3.

    サンプルハードウェア 4. デモムービー 5. 弊社IoTサービスの⽐較 6. FAQ agenda
  3. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. ハードウェア 通信 ソフトウェア 企画、システムインテグレーション、運⽤、セキュリティ、法令遵守 サービス

    エレキ/メカエンジニア ファームウェア エンジニア ネットワーク エンジニア ミドルウェア エンジニア アプリケーション エンジニア 企画 • 部品選定 (IoTデバイス,センサー,アクチュエーター, MCU,通信モデム etc.) • 電気設計 • 機構設計 • ファームウェア開発 • etc. • 通信回線選定 (Cellular,LPWA,Wi-Fi, Bluetooth etc.) • ネットワーク開発 • 通信プロトコル選定 • etc. • 開発環境構築 (サーバ,ミドルウェア,ランタイム,OS) • ネットワーク設計 • デバイス管理 • データ収集、処理、分析 • アプリケーション開発 モバイルネットワーク エンジニア IoTの開発は⼯程が多く、⼈やモノのコストが⾼い モノとアプリケーションを実現するためにはいくつもの技術要素を必要とします。 それぞれの独⽴した技術要素に加え、セキュリティや管理といったサービス全体を横断する要素もあります。
  4. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 試作と検証のサイクルを回す⼈的なコストが⼤きく、サービスとして⽴ち上がるまでに費⽤や期間が肥⼤化しがちで す。 設計 ・ 量産

    サービス 化 ユーザー 拡⼤ 企画 試作 検証 イメージ 設計・量産 ユーザ拡⼤ サービス化 企画 試作 検証 試作のコスト ⼤きい 試作のコストが⾼い
  5. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 設計 ・ 量産 サービス 化

    ユーザー 拡⼤ ハードウェア 通信 ソフトウェア 企画、システムインテグレーション、運⽤、セキュリティ、法令遵守 サービス エレキ/メカエンジニア この部分をもっとの開発を楽にできないか? ファームウェア エンジニア ネットワーク エンジニア ミドルウェア エンジニア アプリケーション エンジニア 企画 • 部品選定 (IoTデバイス、センサー、アクチュエーター、 MCU、通信モデム etc.) • 電気設計 • 機構設計 • ファームウェア開発 etc. • 通信回線選定 (Cellular、LPWA、 Wi-Fi、Bluetooth etc.) • ネットワーク開発 • 通信プロトコル選定 • etc. • 開発環境構築 (サーバ,,ミドルウェア,ランタイム,OS) • ネットワーク設計 • デバイス管理 • データ収集、処理、分析 • アプリケーション開発 モバイルネットワーク エンジニア 企画 試作 検証 試作の開発⼯程をもっと楽に素早くできないか?
  6. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 試作のサイクルを繰り返し、量産とサービス化できるまでに必要とするコスト(費⽤、期間、⼈)をできる限り⼩さく したい。 設計 ・ 量産

    サービス化 ユーザー 拡⼤ 設計・量産 ユーザ拡⼤ サービス化 企 画 試 作 検 証 企 画 試 作 検 証 企 画 試 作 検 証 企 画 試 作 検 証 従来のコストイメージ 1回⽬ 2回⽬ …回⽬ X回⽬ 企画 施策 検証 1回⽬ 2回⽬ …回⽬ X回⽬ サイクルを回して慣れてコストは下がっていくが・・・ 試作から量産、そしてサービス化へのハードルが⾼い いつ次の フェーズに?
  7. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. さくらのモノプラットフォームで提供するものは⼤きく3つです。 ① IoTクラウド コア デバイス

    お客様サービス 弊社の他サービス 他社サービス ② IoTクラウド サービス 評価ボード ライブラリ ファームウェ ア ③ 設計情報 さくらのモノプラットフォーム 通信 さくらのモノプラットフォームの提供範囲 参照
  8. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. IoTシステム開発のために必要な開発環境を提供します。要件に合わせて必要な機能を組み合わせて⼀貫して使えるので、 開発環境構築の⼿間を削減し、アプリケーション開発とデバイス開発に注⼒いただけます。 ① IoTデバイスの登録・編成・認証・監視という必須の機能をコントロールパネルやAPIで利⽤できます。 このコア機能を通じてデバイスとプラットフォーム、および様々なサービスを連携させることで、IoTシステムの構築が楽になります。

    ② IoTシステム開発に注⼒いただけるような便利な機能群(消費電⼒低減、データ保存、可視化、通知機能など)を順次開発予定です。 ③ リファレンスとなるファームウェアやハードウェアの設計情報を公開することで、デバイスの設計や実装を省⼒化できます。 ソースコードはMITライセンスにて提供します。 ※1 さくらのセキュアモバイルコネクトによるLTE閉域網通信を利⽤いただけます。 ③ 設計情報 ① IoTクラウド コア デバイス お客様サービス 弊社の他サービス 他社サービス ファームウェア デバイス管理機能 登録・編成・認証・監視 センサー・アクチュエーター ② IoTクラウド サービス etc. Azure IoT AWS IoT サービス A サービス B データ保存 可視化 通知 仮想デバイス 到達確認 省電⼒対応プロトコル データ処理 GCP IoT さくらのクラウド さくらのVPS 通信 ※1 etc. etc. コントロールパネル API サービス アダプタ デバイス アダプタ MCU 通信モジュール ユーザーコード ドキュメント サンプル アプリケーション 参照 評価ボード ファームウェア ライブラリ さくらのモノプラットフォーム さくらのモノプラットフォームの提供範囲
  9. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. IoTシステム開発のために必要な開発環境を提供します。要件に合わせて必要な機能を組み合わせて⼀貫して使えるので、 開発環境構築の⼿間を削減し、アプリケーション開発とデバイス開発に注⼒いただけます。 ① IoTデバイスの登録・編成・認証・監視という必須の機能をコントロールパネルやAPIで利⽤できます。 このコア機能を通じてデバイスとプラットフォーム、および様々なサービスを連携させることで、IoTシステムの構築が楽になります。

    ② IoTシステム開発に注⼒いただけるような便利な機能群(消費電⼒低減、データ保存、可視化、通知機能など)を順次リリース予定です。 ③ リファレンスとなるファームウェアやハードウェアの設計情報を公開することで、デバイスの設計や実装を省⼒化できます。 ソースコードはMITライセンスにて提供します。 ※1 さくらのセキュアモバイルコネクトによるLTE閉域網通信を利⽤いただけます。 ③ 設計情報 ① IoTクラウド コア デバイス お客様サービス 弊社の他サービス 他社サービス ファームウェア デバイス管理機能 登録・編成・認証・監視 センサー・アクチュエーター ② IoTクラウド サービス etc. Azure IoT AWS IoT サービス A サービス B データ保存 可視化 通知 仮想デバイス 到達確認 省電⼒対応プロトコル データ処理 GCP IoT さくらのクラウド さくらのVPS 通信 ※1 etc. etc. コントロールパネル API サービス アダプタ デバイス アダプタ MCU 通信モジュール ユーザーコード ドキュメント サンプル アプリケーション 評価ボード ファームウェア ライブラリ さくらのモノプラットフォーム クローズドβ版リリース時の提供範囲 さくらのモノプラットフォームの提供範囲 参照
  10. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 想定利⽤シーン GPS ロガー 死活監視 リモートメンテナンス

    弊社のIoT向けのSIM「さくらのセキュアモバイルコネクト」でお使いいただいている事例ですが、 「さくらのモノプラットフォーム」では、こういった利⽤シーンでより簡単に開発いただけるようにサービスを⽬指し ます。
  11. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. ① M5Stack対応LTEモジュール ② DIP型LTEモジュール基板 ③

    LTEアンテナ ④ STM32 Nucleo対応シールド基板 ⑤ J-LINKコネクタ変換基板 ❶ ❷ ❸ ❹ ❺ クローズドβ版ユーザーのみなさまには、2種類のサンプルモジュールをお届けします。アンテナとサンプル基板付きで す。 サンプルハードウェア
  12. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. モノプラットフォームを使うためのサンプルモジュールを使うために、下記の機材についてはお客様ご⾃⾝でご準備い ただく必要があります。 別途ご⽤意いただく部品 M5Stack Basic

    (もしくは、Gray) M5Stack Core2は不可 評価に必要なブレッド ボードやセンサーなど の電⼦部品類 STM32 Nucleo対応 シールド基板の部品 NUCLEO-F411RE + mini B USBケーブル Nucleo対応シールド基板に必要な部品などは サンプル基板取扱説明書をご確認ください。
  13. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. デモムービー Youtubeでもご覧いただけます。 https://youtu.be/Mv-PkhmMwTM

  14. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 弊社IoTサービスの⽐較 さくらのセキュアモバイルコネクト さくらのモノプラットフォーム • IoT開発に必要な機能が要件に合わせて組み合わせ

    て使える • さくらのモジュールに依存せずに(特に量産時)製 造ができる • 設計情報が公開されており、デバイス開発も楽にな る • 閉域のLTE通信を1回線から格安で使える • ネットワーク設計の⾃由度が⾼い • マルチキャリア対応 • ⼤規模で通信量⼩の場合のコスト⼩(基本料⾦が安 くて、パケットシェアができる) • 専⽤モジュールなので、量産時のコストが⾼くなる • 設計上の制約もあり要件に合わない場合使えない • 電⼦⼯作+αの技術レベルでIoTシステムが作れる • 格安の⽉額費⽤ • ⼩規模利⽤時のモジュールが格安で1つから購⼊でき る • 通信以外の部分は開発する必要がある これらを 解決する
  15. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 事業フェーズで使い分けられるIoTサービス 移⾏ セキュアモバイルコネクト さくらの モノプラットフォーム

    継続拡⼤ さくらの モノプラットフォーム 試作、⼩規模フェーズ 量産、拡⼤フェーズ セキュアモバイルコネクト 継続拡⼤ 移⾏ お客様の事業フェーズや案件の⽤途に合わせて使い分けられるサービスを⽬指します。
  16. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 「モノプラットフォーム」に込める想い モノ 物≒者:物体、物品 Mono

    :ひとつの、ひとつで 古くはユビキタスネットワークから始まり、M2M(Machine to Machine)、Industory4.0、CPS(Cyber Physical System)など、IoTと いう⾔葉が掲げられる以前よりモノとアプリケーションを繋ぎ、⾃動化やデータ活⽤といった利便性を⾼める取り組みが進められていました。 しかし、実際にそれらを進めているのは官学や世界の中でもリーディングカンパニーと呼ばれるような企業を中⼼に⾏われ、⼀般に広く使わ れるにはまだまだ課題が多いと考えています。 弊社は「さくらのモノプラットフォーム」を通して、IoT分野における技術⾯とビジネス⾯の両⽅の 課題を解決しお客様に必要とされ続けるサービスとして発展させていくことを⽬指します。 技術・ビジネス・⼈・物を⼀つに繋げていく プラットフォームに。
  17. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 質問 回答 βテストにおいて、利⽤料⾦はどうなりますか? • βテストにおいては検証⽤の会員IDおよびユーザーコードを発⾏し貸与させていただくため、

    ご利⽤料⾦はいただきません。 関連する対象のユーザーコードにおいては「さくらのクラウ ド」「さくらのセキュアモバイルコネクト」を含め、「さくらのモノプラットフォーム」のご 利⽤には課⾦されることなくご利⽤いただけます。 • ただし、作成されたリソースや通信量が検証の範囲を超えると判断された場合、ご利⽤状況を 確認させていただいたり、対象となるリソースの削除をさせていただく場合がございます。 • また、βテスト終了時には作成いただいた環境はすべて削除させていただきます。保有の会員 IDでの再構築および移⾏は必要に応じてご⾃⾝で⾏っていただきますので予めご了承ください。 sakura.ioとの互換性はありますか? • ファームウェア、送受信データ形式ともに互換性はございません。 • デバイスについては別途提供する2種類の評価ボード(SCO-M5SNRF9160,SCM- LTEM1NRF)のいずれかを元にM5StackやNucleoといったsakura.ioとは異なるマイコンボー ドを元にお試しいただきます。 • 送受信データについてはJSON形式は踏襲いたしますが、データ構造は⾒直されています。詳 細は データフォーマット をご参照ください。 FAQ
  18. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 質問 回答 βテストにおいて、WebSocket以外のサービスアダ プタは使えますか? •

    サービスアダプタは順次拡充予定です。WebSocketに加えてOutgoing Webhookおよび Incoming Webhookについては正式版リリースまでにはご利⽤いただけるようにする予定です。 • その他プロトコルやメガクラウドサービスに対応したサービスアダプタは提供含め検討を⾏って おります。 βテストにおいて、IoTクラウドからデバイスへの下 り⽅向の通信は確認できますか? • βテスト初期段階では提供しておりませんが、順次ご利⽤いただけるようにする予定です。 ユーザ側はSSL証明書などを意識する必要はあります か? • 必要なルート証明書等はβテストのサンプルファームウェアに内蔵されておりますので、サンプ ルファームウェアをご利⽤いただく限りにおいては特に意識する必要はございません。 • ただし、ご⾃分でファームウェアを作成される場合は弊社提供のルート証明書を導⼊いただく必 要があります。ルート証明書の情報は今後マニュアル等で提供予定です。 ファームウェアの更新はどのように⾏えばよいです か? • 評価ボードのサンプルファームウェアにおいてはオンラインアップデート機能を提供しています。 詳細はそれぞれのFOTA実⾏⽅法をご参照ください。 SCO-M5SNRF9160ファームウェアのFOTA実⾏⽅法 SCM-LTEM1NRFファームウェアのFOTA実⾏⽅法 • お客様独⾃のファームウェアの書き込みにおいては以下URLから各ボードのハードウェア仕様書 を御覧ください。 最新PDF情報 FAQ
  19. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 質問 回答 βテストで提供される評価ボードにSIMカードは搭載 されていますか? •

    はい、さくらのセキュアモバイルコネクトのチップ型SIM(MFF2)を搭載しております。 • そのため、評価ボードのお客様側で別途SIMカードをご⽤意いただく必要はありません 評価ボードのガーバーデータは公開されますか? • 回路図・実装図・ガーバーデータ等は今後公開予定です。 • お客様は公開された情報を元に⾃由にボードの作成や利⽤、販売を⾏っていただくことができま す。 アンテナ回りの基板設計について、情報は提供され ますか? • 弊社からの情報提供は⾏っておりません。モデムベンダーが提供する資料をご参照ください。 評価ボードに搭載されるNordic Semiconductor社 のモデムの調達はできますか? • はい、代理店をご紹介できる体制をご⽤意しております。詳しくは、弊社サポートへお問い合わ せください。 sakura.ioでは管理API がありましたが、今回も同様 のAPIは公開されますか? • βテスト初期段階では提供しておりませんが、順次ご利⽤いただけるようにする予定です。 FAQ
  20. ※2021年7⽉時点での予定です。予告なく変更する場合がございます。 © SAKURA internet Inc. 質問 回答 モノプラはさくらインターネットによるインテグ レーションサービス(IoTサービスの開発)も依頼で きますか?

    • いいえ、モノプラでは要件定義を含むシステムインテグレーションは提供しておりません。 Platform as a Service(PaaS)としてのご提供のみとなります。 IoTのことは何もわかりません。⾮技術者でもモノプ ラを使って開発することは可能ですか? • いいえ、モノプラはデバイスやWebアプリケーションに⼀定の理解を持つ技術者が利⽤して開 発することを想定しています。 IoTに必要な技術要素をすべて知っていないとモノプ ラを扱うことはできませんか? • いいえ、複雑になりやすいデバイスとアプリケーションの中間をサービス化しているため、従来 の開発のように要素技術のすべてを把握する必要はありません。 • また、パートナリングにより⼀部開発技術をアウトソーシングしていただけるように検討してお ります。 開発ボードを製品に組込みたいです。購⼊できます か? • モノプラでは開発ボードは「サンプルハードウェア」の位置付けでご提供しており、さくらイン ターネットとして販売や継続的な供給は⾏いません。 • ただし、パートナリングにより別会社での製造および販売できるよう検討しております。 • また、基板の設計データおよびファームウェアは公開いたしますのでお客様ご⾃⾝で発注および 製造いただくことも可能です。 サンプルハードウェアやサンプルファームウェアを 使った開発⽅法はさくらから教えてくれるのです か? • いいえ、サンプルハードウェアおよびファームウェアは設計データおよびソースコードを公開す るところまでの提供となります。サンプルを使⽤した開発⽅法のサポートまでを提供するもので はありません。 通信にさくらのセキュアモバイルコネクト以外の通 信経路(Wi-Fi、有線等)を使ってモノプラット フォームと接続できますか? • いいえ、現時点ではご利⽤いただけません。将来的な機能拡張で対応を予定しております。 セキュアモバイルコネクトの機能(スタティック ルート、SIMルート、インターネット接続 など)も 使えるんですか? • いいえ、使えません。LTEの閉域網通信部分のみをモノプラットフォームで利⽤できます。 FAQ