Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2021/11/17 XRMTG LT資料

817e0bcc2760f39515a7198fcd1ee0eb?s=47 Satoru Hayasaka
November 17, 2021
120

2021/11/17 XRMTG LT資料

817e0bcc2760f39515a7198fcd1ee0eb?s=128

Satoru Hayasaka

November 17, 2021
Tweet

Transcript

  1. インスタARで スポーツチームのPRを した話 さって〜 @s_haya_0820

  2. プロフィール という会社で開発エンジニアやってます 肩書きは 『隊長』です(ガチの役職名ですw) 弊社のHP見るとテスト屋さんな感じですがシステム開発やってます! SE歴は20年くらいで主に組み込み系、アプリ開発などなどやってました さって〜(たいちょ〜) キャンプ大好きオジサンです

  3. 北海道のプロバスケットボールチーム レバンガ北海道様のPRを お手伝いさせていただきました!

  4. SparkARを使用して インスタAR(ARフィルター)を制作

  5. なぜインスタAR? Instagramのアプリインストールは必要だけど、 チームがSNSを運用していることで ファンの方のインストール率が高い! ユーザー層の使用ハードルの低さ ਪ͠ͷྗ͸Ғେ

  6. インタビューAR ディフェンスAR 作ったもの その1 • “Replace background”を用いた背景入れ替え • キャラクター or

    選手のlayer、user_layer(被写体)、background_layer(背 景)の3層構造で重なりを演出 固定画像layer user_layer + background_layer +
  7. face Mesh • ロゴ表示 • 美顔フィルター face Tracker • “Mouth

    Open“でボールを出現 • “Head Rotation”でロゴの回転 作ったもの その2
  8. 審査について 公開するためにはSpark AR Hubにて公開審査申請が必要 →タイトル、公開範囲、アイコン、デモ動画のアップロードを行う 規約違反と判断されるとリジェクトされる… (どうやらAIで審査されている様子…) 内容によるが、 使用イメージがわかるデモ動画を撮影しアップロードする必要がある 例)人物が映る形のARフィルターで人物が

    映り込んでいない動画をアップするとリジェクトされた… (同じ内容で人物が映ってるもので審査を通すと承認されたケースもある) 振り返り
  9. 展示について その1のARフィルターは基本現地で体験していただく想定 QRコード付きのバナースタンドを会場に設置 現地立ち会いで説明しながらであれば体験してくれる が、立ち会いなしだと素通り率が高い… 振り返り 安易にQRコードに アクセスするのに抵抗ある… Instagramで ARできるの?

    どういうものが 体験できるのか イメージできない!
  10. 展示について その2では 動作イメージがわかる / Instagramを利用することがわかる シンプルな内容のバナーパネルを制作 振り返り まだ慣れてない層に知って、体験してもらう施策が必要… 動画で”どういうもの”かが分かるような展示を加える

  11. • 公開規約のノウハウ蓄積はまだまだ必要… • PRをするためにはまだまだ伝え方の改善が必要… まとめ 良い形のPRに繋げるために どんどん改善を行なっていく!!

  12. 超初心者向けのハンズオンやります お知らせ 2021/11/22(月) 19:30〜 オンライン

  13. THANKS