Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

チームにスクラムを導入してみた

 チームにスクラムを導入してみた

2023年3月16日に開催された「SoftBank Tech Night Fes 2023」の講演資料です。

ソフトバンクはクラウド導入から運用・保守・監視・活用方法までをサポートするMSP(Managed Service Provider)サービスを提供しています。そのMSPサービスで開発を担当する2チームの各スクラムマスターがスクラムを推進して気づいたことについて話します。各チームでスクラムをどのように導入したのかやスクラムの進め方について試行錯誤した事例などについて話します。

■関連リンク
・クラウドネイティブ・アプリケーションプラットフォーム(CNAP)
https://www.softbank.jp/biz/services/platform/msp-service/cnap/

・クラウドネイティブなインフラとクラウドネイティブ・アプリケーションプラットフォーム(CNAP)
https://www.softbank.jp/biz/blog/cloud-technology/articles/202212/cloud-native-cnap/

・ソフトバンクaPaaS領域への挑戦
https://speakerdeck.com/sbtechnight/sohutobankuapaasling-yu-hefalsetiao-zhan

■作成者
三改木 裕矢(みぞろぎ ゆうや)
ソフトバンク株式会社
法人事業統括 クラウドエンジニアリング本部 PaaSエンジニアリング第2統括部 サービス開発部
クラウドエンジニア

増井 拓視(ますい たくみ)
ソフトバンク株式会社
法人事業統括 クラウドエンジニアリング本部 PaaSエンジニアリング第2統括部 サービス開発部
クラウドエンジニア

■SoftBank Tech Nightについて
ソフトバンク株式会社のエンジニア有志が開催するテックイベントです。
各分野のエキスパートが、日頃培った技術や事例、知見について発信しています。
イベントは開催スケジュールはconnpassをご確認ください。
https://sbtechnight.connpass.com/

SoftBank Tech Night Fes 2023公式サイト
https://www.softbank.jp/biz/events/tech-night-fes-2023/

SoftBank Tech Night
PRO

March 16, 2023
Tweet

More Decks by SoftBank Tech Night

Other Decks in Technology

Transcript

  1. チームにスクラムを
    導入してみた
    法人事業統括
    クラウドエンジニアリング本部
    PaaSエンジニアリング第 2統括部
    サービス開発部
    増井拓視 / 三改木裕矢
    2022年3月16日
    登壇資料はこちらから

    View Slide

  2. アジェンダ
    2
    • 自己紹介
    • サービス・チーム紹介
    • スクラムとは
    • スクラムにおける試行錯誤
    ○ 〜1年前の会話〜なぜスクラムをはじめた?
    ○ スクラムをはじめたらどうなった?
    ○ どうやってスクラムをはじめた?
    ○ スクラムをはじめて良かった?
    • まとめ

    View Slide

  3. 増井拓視(ますいたくみ)
    2021年7月に中途入社
    前職では上からのウォーターフォール圧を受けながら
    スクラム開発を敢行
    アジャイル歴5年
    3
    自己紹介
    三改木裕矢(みぞろぎゆうや)
    2022年3月に中途入社
    以前までは基本ウォーターフォール、
    たまにナンチャッテアジャイルにて開発
    ウォーターフォール7年、アジャイル1年未満

    View Slide

  4. MSP の担当範囲
    Kubernetes
    ソフトバンクのMSP(Managed Service Provider)
    ・顧客のクラウド導入から運用・保守・監視・活用までをサポートするサービス
    4
    サービス・チーム紹介
       
    ● 各ベンダのMSPサービス開発を担当
    ● 6人のチーム体制
    ● 基本的に在宅勤務
       
    ● MSPサービスのKubernetes基盤を担当
    ● 6人のチーム体制
    ● 基本的に在宅勤務
    法人事業
    開発部門
    企画部門
    MSP
    MSP の開発を担当
    開発チーム
    構築 / 運用部門
    MSPの詳細はこちら
    インフラチーム アプリ基盤チーム

    View Slide

  5. 5
    〜1年前のある日の会話〜
    なぜスクラムをはじめた?

    View Slide

  6. 6
    チームのタスク管理が非効率的でわかりづらい・・・
    〜1年前のある日の会話〜
    全体のやること
    Excel
    —-
    —-

    ②割り振り
    ①やること調整 ③進捗報告
    ④ Slack を見て進捗を把握
    日々のタスク管理
    ● フォーマットがバラバラ
    ● タスクの状態がわかりづらい
    ● 中央集権のため上司の負荷が高い
    〇〇の件についてな
    のですが。
    〇〇さんが類似タスクを

    やってたので聞いてみてく
    ださい

    View Slide

  7. 7
    うちはKanboardというかんばんアプリで管理してます
    ただ、プロト開発の流れで開発していて「期限がない」 のと
    「個人でタスクを黙々とこなす」 な雰囲気が課題です
    〜1年前のある日の会話〜

    View Slide

  8. 8
    それなら Backlog というツールを持て余しているので
    使ってみようかな。
    カンバン的なツールを導入するならアジャイルな開発も
    導入してみようかな・・・
    それならスクラムのフレームワークに乗せると良いかも
    しれないですね。
    スクラムで私のチームの課題も解決できるかも・・・?
    〜1年前のある日の会話〜

    View Slide

  9. 9
    スクラムはじめました
    S

    c

    r

    u

    m


    View Slide

  10. 10
    スクラムとは
    ● アジャイル開発の一種。チームワークを重視したフレームワーク

    ● 「スプリント」と呼ばれる短い期間を設け、継続的に機能をリリースする

    詳細はPMIの動画を参照
    ①やること決め
    ②設計・実装・テスト
    ③リリース
    ④振り返り

    View Slide

  11. 11
    スクラムをはじめたらどうなった?

    View Slide

  12. 12
    スクラムをはじめたらどうなった?
    まずはスクラムとは関係ありませんが
    タスクの可視化と内容把握 ができるようになりました
    After
    タスク詳細・小タスクの記載で
    内容把握が容易に
    未着手 / 処理中 / 済
    タスクの可視化
    Before

    View Slide

  13. 13
    スクラムをはじめたらどうなった?
    もう一つとしては自己組織化が進んだ のと
    上司の工数削減の効果がありました。
    詳しくは後ほど話そうと思います。
    PLへの問い合わせ集約解消
    スプリントという共通単位による
    スケジューリング
    タスク可視化による
    会議前準備の短縮
    上司の工数が2週間の内
    1~2人日の工数削減!

    View Slide

  14. 14
    スクラムをはじめたらどうなった?
    アプリ基盤チームはどんな効果がありましたか?
    目的どおり締め切り効果でだらだら開発が解消したのと
    チームで自ら改善する文化ができました
    振り返りが含まれているため
    自然とチームの改善が進む

    View Slide

  15. 15
    スクラムをはじめたらどうなった?
    振り返りで意見を出しやすくするために 

    心理的安全性を高める ことを意識しています

    View Slide

  16. 16
    スクラムをはじめたらどうなった?
    私のチームでも意見を出しやすくする & 具体的にするために
    数値による可視化を心がけています
    生産性下がったかも
    バグが多かったような
    ✕ ◎
    生産性が10下がった。
    障害が2件、その修正にスプリントの3割を使った
    Try
    次は本気出す!!
    Try
    ・環境の差分でバグがでたから次でその差異をなくそう
    ・新規機能開発の割合が下がっているから次は優先しよう
    振り返りの Input を具体化すると
    Output も具体化される

    View Slide

  17. 17
    スクラムをはじめたらどうなった?
    最近だとかんばんの改善を行いました
    振り返りを行うことでこれまで改善した内容はありますか?

    View Slide

  18. ● スクラム以前から使用していたかんばんは「やることリスト」のステータス確認が目的
    ○ スクラムというチームワークを重視した開発を行うには問題があった
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜かんばんの改善〜
    大きいタスクも
    ひとつのタスクで進めてしまう
    タスク同士の繋がりがわからず他
    のメンバーが取りづらい
    18

    View Slide

  19. ● タスクのまとまりや優先度などかんばんをスクラムに合わせて整備することで効率化が進んだ
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜かんばんの改善〜
    19
    大きいタスクを
    小さく分割できるようになった
    タスクの関係性が可視化された

    自然とモブプロ・ペアプロで
    協力して作業するように

    View Slide

  20. 20
    スクラムをはじめたらどうなった?
    作業属人化の緩和を実現しました。
    インフラチームは最近どのようなことを改善しましたか?

    View Slide

  21. 21
    MSPサービス
    Azure
    〇〇改善
    AWS GC



    ××検討



    △△機能



    Azure担当 AWS担当 GC担当
    各クラウドベンダー毎に担当者が分かれている
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜作業属人化の緩和〜

    View Slide

  22. 22
    〇〇のタスク

    やってます
    OKです。



    〇〇さんこれやってください
    ××さんこの依頼やってください
    △△さんこの調査お願いします
    PLがタスクを集中管理
    作業内容を
    担当者とPLしか知らない状況に
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜作業属人化の緩和〜
    Before

    View Slide

  23. 23
    〇〇のタスクやります。

    これはこんな機能を××を
    使って実装します。

    今優先度高いタスク無い認識な
    のでこのタスクやります。

    〇〇のタスク

    やってます
    あれか!
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜作業属人化の緩和〜
    After
    お互いに作業概要の説明を行い
    メンバーにも作業内容をインプット
    メンバー間の横の繋がりが深まり
    自己組織化が進んだ

    View Slide

  24. ● 属人化の緩和は上司の負担軽減にも寄与
    24
    ● 以前話したアレ、今月中にどうにかしてほしいんだけど。

    ● (新しく)これやってほしいんだけど

    (次スプリントはメンバーに余裕があるから)
    来週に着手します!
    上司の上司 上司(PL)
    スプリントという共通単位による
    スケジュール把握
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜作業属人化の緩和〜

    View Slide

  25. 25
    PLへの問い合わせ集約解消
    スプリントという共通単位による
    スケジューリング
    タスク可視化による会議前準備の短縮
    上司の工数が2週間の内
    1~2人日の工数削減!
    スクラムをはじめたらどうなった? 〜作業属人化の緩和〜

    View Slide

  26. ● タスクの可視化・自己組織化が進んだ
    ● 振り返りによる改善文化が醸成された
    26
    改善手段に答えはない「仕方ない」を放置しない
    スクラムをはじめたら・・・

    View Slide

  27. 27
    どうやってスクラムをはじめた?

    View Slide

  28. 28
    バックログの利用
    デイリースクラム
    レトロスペクティブ
    スプリント
    ストーリーポイント
    プランニング
    どうやってスクラムをはじめた?
    現状が良くなく壊し放題だったので一気に導入しました
    どうやってスクラムをはじめましたか?
    開発スタイルが変わることへの反発 はありませんでしたか?

    View Slide

  29. 29
    どうやってスクラムをはじめた?
    いえ、導入初期はかえって忙しくなる

    という事象が発生しました。
    導入直後からスクラムはうまく機能しましたか?

    View Slide

  30. ● 導入当初は1週間スプリント
    30
    本来のスクラムは
    1タスク1日未満が望ましい
    どうやってスクラムをはじめた? 〜かえって忙しくなった〜
    月 火 水 木 金
    タスクA タスクB タスクC タスクD タスクE Plan

    View Slide

  31. しかし・・・
    31
    月 火 水 木 金
    タスクA タスクB タスクC
    Plan
    タスクの進み悪かったけども
    うPlanningか・・・
    準備しないと・・・
    進まない・・・
    タスクCが
    入りきらない
    ● チームのタスクが
    短くて1日、基本2日ほどかかる
    ● 1週間にタスクが入りきらない
    ● スプリント区切りで
    良くも悪くもリセットされる
    どうやってスクラムをはじめた? 〜かえって忙しくなった〜

    View Slide

  32. そんなある日
    32
    (なるほど・・・)
    うちのスプリントは2週間ですね。
    どうやってスクラムをはじめた? 〜かえって忙しくなった〜

    View Slide

  33. 33
    ● 個々タスクの重さを鑑みて
    スプリント期間変更
    ● 期間は基本的に変えないほうが良いが
    スクラム導入初期だったので問題なかっ

    今回結構タスクこなしたな
    Planningの準備しよ
    月 火 水 木 金
    タスクA タスクB タスクC
    Plan
    1W
    2W タスクC タスクD タスクD
    どうやってスクラムをはじめた? 〜かえって忙しくなった〜

    View Slide

  34. 34
    今日からスクラム!インセプションデッキ作るぞ!
    プランニングポーカーしてバックログ!ベロシティ!!ペアプロ!!
    わいわい
    まずは2週間でやることを決めて取り組むのはどうですか?
    どうやってスクラムをはじめた?
    アプリ基盤チームはどうやって導入していったんですか?
    既存の開発スタイルに合うように 徐々に導入しました。
    ではなく
    ただしこの影響でスクラムで回避できる課題も踏んでます …

    View Slide

  35. ● チームの状況に合わせてはじめた
    ○ 一気に導入 → 最初大変だが効果的
    ○ 徐々に導入 → はじめやすいがスクラムは全体で
           最大のパワーを発揮するので注意
    35
    他のチームと一緒にはじめるのがおすすめ
    どうやってスクラムをはじめた?

    View Slide

  36. 36
    スクラムをはじめて良かった?

    View Slide

  37. 37
    スクラムをはじめて良かった?
    良かったですが万能でないと感じました。 

    また、チームや周りの協力が不可欠だと思いました
    スクラムをはじめて良かったですか?

    View Slide

  38. 38
    スクラムをはじめて良かった?
    今後スクラムで何を改善していきたいですか?
    属人化について緩和止まりだったので解決したいです

    View Slide

  39. 39
    スクラムをはじめて良かった?
    そちらのチームは今後何を改善していきたいですか?
    本番運用が始まるので顧客からのフィードバックを受けて
    サービスを成長させるサイクルを回していきたいです

    View Slide

  40. ● はじめて良かった!
    ○ 改善して徐々にチームワークや速度が向上するのが楽しい
    ○ ただしチームメンバの協力は必要不可欠→引き出そう
    40
    あなたのチームにスクラムを導入してみたらどうなる?
    スクラムをはじめて良かった?

    View Slide

  41. おわり

    View Slide