Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サービス開発のUXデザインで ひと手間加えた話

Ba91d13585a4543dff01d454a5daffd2?s=47 Emi FUSE
March 03, 2021

サービス開発のUXデザインで ひと手間加えた話

2021年3月3日の「UI/UXデザイナーLT会」で発表した資料です

Ba91d13585a4543dff01d454a5daffd2?s=128

Emi FUSE

March 03, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021.03.03 株式会社オロ 布施 瑛⽔ サービス開発のUXデザインで ひと⼿間加えた話 UI/UXデザイナーLT会

  2. 布施 瑛⽔ IA / UXデザイナー 19卒、もうすぐ3年⽬ インタビュー設計、ワークショップ設計を中⼼に 情報設計、UXデザインをしています。 直近の実績は、 オンライン保険サイトのユーザーインタビュー∕UX設計∕IA、

    ソニー・ミュージックのワークショップ設計など。 株式会社オロ デジタルトランスフォーメーション事業部 UI/UXデザイナーLT会 ⾃⼰紹介
  3. UI/UXデザイナーLT会 オロではデジタル戦略の策定、設計・開発、 広告プロモーションまでワンストップで⾏っています ワークショップ、UX設計、情報設計、システムが絡む案件が多いです。 はじめに

  4. UI/UXデザイナーLT会 調査 課題発⾒ フロー改善 画⾯改善 ユーザー テスト ※ここでのサービスとは、業務管理システムなどのto BのWebシステムのことです サービス開発のUXフロー

  5. UI/UXデザイナーLT会 ニーズの妥当性を検討しながら、 スキームの設計やプロダクトの開発⽅法の確認も求められる 感じていた問題点 フロー・画⾯が、どういった意図で再設計されたか 開発者・クライアントに共有しづらい 全体設計を考えながらユーザーが良いと感じるものを作らないといけない 【課題発⾒→フロー改善→画⾯設計】のデザインの流れを可視化したい

  6. UI/UXデザイナーLT会 カスタマージャーニーマップ ユーザーの思考や感情は洗い出しづらい サービスブループリント ユーザーの⾏動・思考・感情を時系列で俯瞰できる システム側のプロセスやデータの処理のタイミングが⾒えない △ ◯ △ ◯

    ユーザーから⾒えないシステムのプロセスも可視化できる 既存の⼿法
  7. UI/UXデザイナーLT会 ひと⼿間加えたマップ

  8. UI/UXデザイナーLT会 カスタマージャーニーマップと サービスブループリントを 組み合わせながら、 課題から解決策までを 書き出せるようにした ひと⼿間加えたマップ

  9. UI/UXデザイナーLT会 システム側・画⾯・フローなど 多⽅⾯の課題を⾒つけられる 課題から解決策までを現状の ⾏動に合わせて俯瞰できる 解決策の検討がしやすく、 優先順位がつけやすい 改善ポイント

  10. UI/UXデザイナーLT会 現在のサービスでのユーザー・システムの課題を⾒つけたいとき フロー設計・画⾯設計が必要なとき UXを考えながらスキームの設計も考える必要があるとき 開発者やクライアントに設計意図を共有するとき 今後、どういう場⾯で使えるか?

  11. UI/UXデザイナーLT会 案件や状況に合わせて、 既存のツールに⼯夫を加えることで UXデザインのフロー・アウトプットを より良くできる! 知⾒

  12. UI/UXデザイナーLT会 UX note oRo UX podcast oRo note 宣伝 https://note.com/seeeeemy

    https://note.com/oro_official https://anchor.fm/oroux