日本ETFや海外ETFを効率よく取引する ー ライブ取引デモ

日本ETFや海外ETFを効率よく取引する ー ライブ取引デモ

Flow Traders 機関投資家トレーディング部門 日本ビジネスヘッド
山田岳樹氏

Transcript

  1. 7.

    取引市場 従来の の相対取引 機関投資家 証券会社 証券会社  電話、メール、チャット  引き合いの手間

    発行会社  価格のレーテンシー  業者毎の対応銘柄  ミス・コミュニケーション
  2. 8.

    プラットフォームを活用した の相対取引 機関投資家 証券会社 証券会社  電子引き合い  一斉送信、価格の同時比較 

    リアルタイム価格 (市況を反映)  オペレーションの効率化  最良執行義務と記録保持 取引市場 発行会社  プライス提示の自動化 (リアルタイム)  ヘッジ取引の自動化  効率良い価格
  3. 10.

    米国 をアジア時間に相対で取引する 267.5 268 268.5 269 269.5 270 日中の と先物およびリスク価格推移の例

     米国 はアジア時間にも不自由なく取引できる  リスクの提示プライスはアジア時間の先物の動きをリアルタイムに反映 先物
  4. 11.

    リスク価格のメカニズム アスク 価格 キャリーコスト 設定コスト 為替コスト 税金・決済コスト ヘッジコスト 原資産 先物の流動性

    ヘッジコスト 税金・決済コスト 為替コスト 交換 解約 コスト ビッド 価格 スプレッド リスク・プレミアム(利益) リスク・プレミアム(利益)