Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

stand.fmにGraphQLを導入して、半年。〜導入経緯や技術選択、現状や将来について〜

D6f945adcdb855280411201f78c99a2e?s=47 Spice-Z
March 03, 2022

 stand.fmにGraphQLを導入して、半年。〜導入経緯や技術選択、現状や将来について〜

こちらの発表で使用した資料です
https://standfm.connpass.com/event/239750/

D6f945adcdb855280411201f78c99a2e?s=128

Spice-Z

March 03, 2022
Tweet

More Decks by Spice-Z

Other Decks in Programming

Transcript

  1.      に GraphQLを導入して、半年。 〜導入経緯や技術選択、現状や将来について〜 by spice(@rabspice) on 2022/03/03 @ TECH STAND

    #7 GraphQL
  2. 自己紹介 @rabspice ・2021年6月stand.fm入社 ・React Native / React / express などで

     アプリ/ Web / バックエンド  を実装している ・マリオカート(switch)をほぼ毎日やってる  (やってる人いたらフレンドになりましょう)   spice (Yugo Ogura)
  3. stand.fmでは 2021年10月頃から GraphQLを使い始めました。 今回は ・GraphQLの導入理由 ・技術選定話 ・実際に導入しての苦労話 についてお話しします! ※時間がないのであんまり深ぼれなさそう。 聞きたことがあったらQ&Aセクションで󰢛

  4. 目次 1. GraphQL導入の理由 2. ライブラリの技術選定理由 3. 「新機能はGraphQLでやってみよう!」の苦労 4. 現状とこれから 0.

    stand.fmのアーキテクチャ
  5. stand.fmの アーキテクチャ

  6. stand.fmのアーキテクチャ App Web React Native React Redux app server web

    server DB 音声系 処理 課金系 処理 その他色々な処理 ※ 全てJSなので、1人がフロント~バックエンド実装を担当することもしばしば
  7. 目次 1. GraphQL導入の理由 2. ライブラリの技術選定理由 3. 「新機能はGraphQLでやってみよう!」の苦労 4. 現状とこれから 0.

    stand.fmのアーキテクチャ
  8. GraphQL導入の理由

  9. ・既存のRedux Storeをアプリ上で効率的に使うことが難しかった  ・APIコールのキャッシュとして使いたいけど、複雑すぎて開発コスト高い GraphQL導入の理由

  10. ・コンポーネントの依存するデータが追いにくく、バグが頻発していた  ・undefined参照でアプリが落ちるとか ・既存のRedux Storeをアプリ上で効率的に使うことが難しかった  ・APIコールのキャッシュとして使いたいけど、複雑すぎて開発コスト高い GraphQL導入の理由

  11. ・コンポーネントの依存するデータが追いにくく、バグが頻発していた  ・undefined参照でアプリが落ちるとか ・既存のRedux Storeをアプリ上で効率的に使うことが難しかった  ・APIコールのキャッシュとして使いたいけど、複雑すぎて開発コスト高い GraphQL導入の理由 ・クライアントからサーバーサイドにビジネスロジックを寄せたい ・本来ならAPIを変更すべきところを、アプリ側の変更で吸収しがち ・見通しが悪かったりテストが描きにくかったり

  12. Q. GraphQLじゃなくてもよかったのでは? リファクタ がんばる SWR や React Query GraphQL (with

    Relay) APIの キャッシュ コンポーネント の依存データ 整理 ビジネス ロジック をサーバーに
  13. 目次 1. GraphQL導入の理由 2. ライブラリの技術選定理由 3. 「新機能はGraphQLでやってみよう!」の苦労 4. 現状とこれから 0.

    stand.fmのアーキテクチャ
  14. ライブラリの 技術選定理由

  15. 採用したGraphQL関連ライブラリ Apollo Federation Rover CLI DataLoader graphql-codegen Relay

  16. Apollo Gateway GraphQL関連部分のアーキテクチャ App Web app server web server Core

    Server Relay Rover CLI graphql-codegen Dataloader schema/型生成
  17. Q. なぜ Relay ? 「コンポーネントが必要なデータの定義を 同ファイルに書くことを強制しやすい」のが良い。 (Apollo Clientはデフォルトでやりにくい)

  18. コンポーネントファイルの中に 必要なデータの定義を書く 実際にデータを使う時は Relayが用意するhooksで データを取り出す 子

  19. 子 親 親でもRelayのhooksを使って データを取り出す 子にはデータが含まれるオブ ジェクトを渡す 子コンポーネントで必要な Fragment(データの定義) を必ず展開

  20. このあたりのRelayのコンセプトは、 公式ドキュメントの 「Principles And Architecture > Thinking in Relay」 に書いてあります。

    https://relay.dev/docs/principles-and-architecture/thinking-in-relay/
  21. Q. Relayのサーバー仕様を満たすの面倒では 言うほどでもなさそうです また、これによりクライアント側で便利なRelayの関数がたくさん使えるので メリットがかなり上回ってる感じがあります

  22. Q. なぜ Apollo Server ・JSのGraphQLサーバーライブラリは他に目ぼしいものがなさそうだった  ・RelayとApollo Serverの組み合わせは特に問題ないです ・既存のサーバーの構成に則りたい ・今後複数のGraphQLサーバー組み合わせたい Apollo

    Server Apollo Federation
  23. 目次 1. GraphQL導入の理由 2. ライブラリの技術選定理由 3. 「新機能はGraphQLでやってみよう!」の苦労 4. 現状とこれから 0.

    stand.fmのアーキテクチャ
  24. 新機能はGraphQL でやってみよう! の苦労

  25. 0から学んで実装はとにかく時間がかかった ・最初の数人がとにかく頑張って数個の機能を実装したけど大変  ・サーバー側/アプリ側の実装のパラダイムシフト  ・何も考えないとRESTの設計に引きづられてGraphQLの理解が進まない

  26. 0から学んで実装はとにかく時間がかかった ・⇨ slackに#z-graphqlを作り、知見の集約 ・⇨ドキュメント読む会を開催して全体で理解しやすく  ・https://graphql.org/learn/ ⇨ GraphQL自体  ・https://www.apollographql.com/docs/apollo-server/ ⇨ サーバー実装

     ・https://relay.dev/ ⇨ フロント実装 ・⇨ 初めて実装する人は、ペアプロで学習コストを下げたり
  27. ・組織内に知見が少なくて参考になるコードも少ない  ➡ 工数増加で実装に遅れが💦 ・工数増加は一時的で、将来回収できるコストだとエンジニアは認識 ・代表「長期的にメリットあるなら大丈夫です。やりましょう。」 ・エンジニア「❤」 実装工数の一時的な増加

  28. 目次 1. GraphQL導入の理由 2. ライブラリの技術選定理由 3. 「新機能はGraphQLでやってみよう!」の苦労 4. 現状とこれから 0.

    stand.fmのアーキテクチャ
  29. 現状とこれから

  30. 現状とこれから ・新機能は基本GraphQLで開発 ・既存機能は適宜GraphQLで置き換えている ・Relayを使いながらReduxからうまく脱却する ・エラーハンドリングや負荷対策 ・Relay関連の知見についてはたくさんブログを書きたいと思っています(!)

  31. 質問があれば Q&Aセクション or Meety で! Thank you !