Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Kyashモバイルエンジニアのオンボーディング

ussy_free
November 30, 2022

 Kyashモバイルエンジニアのオンボーディング

ussy_free

November 30, 2022
Tweet

More Decks by ussy_free

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. この範囲に画像を配置する モバイルエンジニアの オンボーディング 2022/11/30

    Kyash TechTalk #5 - マネジメント
  2. ©2022 Kyash Inc. 自己紹介  2020/11からKyashへ Android Engineer -> Mobile Engineering

    Manager モバイルチームのマネジメントとプロジェクトのマネジメントが主 Sho Ushikubo (@sudo5in5k) 2
  3. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. “ ” 3 モバイルチームのオンボーディングを通じて

    EMとして仕事していくうえでの気づきとやったこと
  4. ©2022 Kyash Inc. “ ” 4 EMとしてオンボーディングが最優先

  5. ©2022 Kyash Inc. 5 なぜオンボーディング? ここ数ヶ月のモバイルチームの体制変化 • 自分が7月からEMに • 事業を進めていく上でTech

    Teamは10月から生産性3倍にする方針を掲げている • 採用計画が順調で4ヶ月前と比べてモバイルチームが2倍 ◦ Before: iOSエンジニア2名、Androidエンジニア2名 ◦ After: iOSエンジニア4名、Androidエンジニア4名(うちEM1名)
  6. ©2022 Kyash Inc. 6 なぜオンボーディング? EMとして何を優先すべきか • 解決しなければならないことは山積み、その中で生産性3倍を進めていくには? ◦ 採用

    ◦ 評価・育成 ◦ 技術的な意思決定 ◦ プロジェクトマネジメント ◦ など
  7. ©2022 Kyash Inc. 7 なぜオンボーディング? プロダクト モバイルの技術 チーム

  8. ©2022 Kyash Inc. 8 なぜオンボーディング? プロダクト モバイルの技術 チーム チームの成果を最大化することがKyashモバイルチームEMの定義

  9. ©2022 Kyash Inc. 9 なぜオンボーディング? コミュニケーション 評価・育成 採用 1 2

    3
  10. ©2022 Kyash Inc. 10 なぜオンボーディング? コミュニケーション 評価・育成 採用 1 2

    3
  11. ©2022 Kyash Inc. “ ” 11 EMとしてオンボーディングが最優先

  12. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 12 12 EMの仕事に終わりはない やるべきことにフォーカス

  13. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 13 13 モバイルエンジニアのオンボーディング

  14. ©2022 Kyash Inc. 14 モバイルエンジニアのオンボーディング 現状のKyashのオンボーディング • 1日でも早く成果を出すことを目的 • 人事がKyash全般のオンボーディングを数日担当し、その後各チームへ委譲

    • Techチームではメンターが1人つき、新人の行動と習慣をサポート ◦ 受け入れが万全かチェックリストが存在 ▪ アカウント払い出し ▪ ◦◦についての説明をした ▪ など
  15. ©2022 Kyash Inc. 15 モバイルエンジニアのオンボーディング メンターはわからないことや不安によりそう • 入ったばかりで何がどこにあるか何をしたらいいかわからない、やっていけるか不安など悩みは尽きない • メンターとしてその相談窓口・よりそう存在になる

    ◦ オンボーディングの準備 ◦ 最初のタスクを決定 ◦ 毎日よろず相談を15分ほど設定 ▪ 今後の相談もslack huddleなど通じてしやすくなる、心理的安全性の担保 • いい意味で気軽さが大事
  16. ©2022 Kyash Inc. “ ” 16 EMは新人の成長をブーストさせる存在

  17. ©2022 Kyash Inc. モバイルエンジニアのオンボーディング 17 オンボーディング プロセスの設計 コミュニケーション チームビルディング 1

    2 3 ブーストさせるのに必要なこと
  18. ©2022 Kyash Inc. 18 オンボーディングプロセスの設計 1week Kyash共通のオン ボーディングや アカウント払い出し 2week

    モバイルチームの オンボーディング コードをみてもらう アプリの動作確認 3week チームで用意した リファクタ・改善系 タスクの開発 4week 開発と リリース経験 5week プロジェクト アサイン
  19. ©2022 Kyash Inc. 1. できるだけ早く成功体験を積んでもらう 2. 個々人に合わせてプロセス設計をする 3. FBを歓迎する、更新をお願いするのも仕事のうちにする 19

    オンボーディングプロセスの設計
  20. ©2022 Kyash Inc. 20 コミュニケーション オンボーディングにおけるEMのコミュニケーションとは • オファー面談時の期待値を改めて共有 ◦ オファー面談時の期待・わくわく感を改めて共有する

    • Techやチーム目標の共有 ◦ 技術的な課題・チームとして助けて欲しいことを共有する • 本人のWill、個人目標の決定 ◦ 本人がやりたいことと上記目標が重なる場所を見つける、個人目標を決定する
  21. ©2022 Kyash Inc. チームビルディング  オンボーディングにおけるチームビルディングとは 21 • リモート中心でチームの交流が少ない、その人がどんな人かわからない不安を解消する ◦ マッキンゼーの「チームラーニング」実践

    (https://blog.kyash.co/entry/2021/03/18/102602) ▪ EMからの真っ先の自己開示が大事、知っている部分が増えると仕事がしやすい ◦ オフラインでモバイルの技術に関する雑談やボードゲームなど
  22. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 22 22 オンボーディングに関わる人のあり方を考える プロセス設計・コミュニケーション・チームビルディング

    を改めて見直してみる
  23. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 23 23 まとめ •

    EMの仕事には終わりがない、優先度を決めて進んでいくしかない ◦ Kyashの場合はオンボーディングに手を入れる必要があった • 何をマネジメントするか・何を委譲するかをはっきりしておく • オンボーディングは関わる人のあり方の認識を揃えるところから Kyashでは各職種にて絶賛採用中! • Androidエンジニア募集中です! • まずは話を聞くだけのカジュアル面談から始められますのでぜひ!
  24. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. Thank you 2022.11.30 Sho

    Ushikubo 24