Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DevelopersIO 2022 俺のTerraform Pipeline

DevelopersIO 2022 俺のTerraform Pipeline

08dd0b93e011904f40d60d5a1b54c671?s=128

takakuni

July 29, 2022
Tweet

More Decks by takakuni

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 俺のTerraform Pipeline AWS事業本部コンサルティング部 たかくに

  2. 2 ⾃⼰紹介 名前︓たかくに 所属︓AWS事業本部コンサルティング部 ⼊社︓2022年1⽉にジョイン 好きなAWSサービス︓Amazon VPC Twitter︓@takakuni_

  3. 3 アジェンダ ・お題 ・私の考えたアーキテクチャ ・ワークフローをざっくり解説 ・アーキテクチャ解説 ・詰まった点やこだわった点 ・まとめ

  4. 4 お題 ある企業ではAWSリソースのデプロイツールでTerraformを 採⽤しています。 企業ではさらなるIaC化推進の⼀環として、デプロイフローを CI/CDで実装することを検討しています。 あなたはこのCI/CDパイプラインをどのように設計しますか︖

  5. 5 私の⾒解 唯⼀解はないと思います。 (みんな違ってみんないい)

  6. 6 ツールの⼀例

  7. 7 私の考えたアーキテクチャ

  8. 8 私の考えたアーキテクチャ

  9. 9 ワークフロー

  10. 10 ワークフロー

  11. 11 ワークフロー

  12. 12 ワークフロー

  13. 13 ワークフロー

  14. 14 ワークフロー

  15. 15 ワークフロー

  16. 16 ワークフロー

  17. 17 ワークフロー

  18. 18 ワークフロー

  19. 19 アーキテクチャ解説

  20. 20 アーキテクチャ解説

  21. 21 アーキテクチャ解説

  22. 22 アーキテクチャ解説 (Lambda) CodeBuild (tfsec)の実⾏内容 exclude.ymlの例 tfsec -s --no-color --config-file

    exclude.yml . tfsec -s --no-color --config-file exclude.yml . --format junit > reports/tfsec/report.xml --- exclude: # Ignoreしたいルールを記載 - aws-iam-enforce-mfa - aws-vpc-add-description-to-security-group
  23. 23 アーキテクチャ解説

  24. 24 アーキテクチャ解説 (tfsec) なぜ、Secrets Managerを使うのか →「Docker Hubのイメージ取得制限」を回避するため 添付画像:docker docsより引用

  25. 25 解決⽅法 ① Secrets Managerを使⽤して、認証ユーザー経由でイメー ジを取得する。 ②NAT Gatewayを使⽤して、IPアドレスを変更してイメージ を取得する。 ③イメージをECRに保存して、ECRからイメージを取得する。

  26. 26 解決⽅法 (Secrets Manager) ・Docker Hubへログインして認証 ユーザーとしてイメージを取得 ・「レジストリの認証情報」では、 Secrets Managerが必要

    添付画像:AWS ナレッジセンターより引用
  27. 27 解決⽅法 (NAT Gateway)

  28. 28 解決⽅法 (ECR)

  29. 29 解決⽅法 ① Secrets Managerを使⽤して、認証ユーザー経由でイメー ジを取得する。 ②NAT Gatewayを使⽤して、IPアドレスを変更してイメージ を取得する。 ③イメージをECRに保存して、ECRからイメージを取得する。

  30. 30 解決⽅法 ① Secrets Managerを使⽤して、認証ユーザー経由でイメー ジを取得する。 →新しいイメージを使いたい。コスト最適化。 ②NAT Gatewayを使⽤して、IPアドレスを変更してイメージ を取得する。

    →NAT Gatewayの使⽤⽤途が「CI/CDパイプラインに限る」 場合、コスパが悪い。 ③イメージをECRに保存して、ECRからイメージを取得する。 →バージョン管理が⼤変。古いイメージの使い回しの恐れ。
  31. 31 解決⽅法 “Too Many Requests.” でビルドが失敗する…。AWS CodeBuild で IP ガチャを回避するために

    Docker Hub ロ グインしよう!という話 Docker オフィシャルイメージが ECR Public で利用可能 になりました #reinvent
  32. 32 アーキテクチャ解説

  33. 33 アーキテクチャ解説

  34. 34 アーキテクチャ解説 printenvコマンドの出⼒結果(⼀部抜粋)

  35. 35 アーキテクチャ解説

  36. 36 アーキテクチャ解説

  37. 37 アーキテクチャ解説 [AWS × Terraform] plan できるけど apply できない GitOps

    な IAM ユーザーポリシーの設定方法 ・アーティファクト⽤のS3バケットへ の操作権限 ・S3、DynamoDBの暗号化で使⽤する KMSキーへの操作権限 ・CloudWatch Logsへのビルドログの 配信権限
  38. 38 まとめ

  39. 39 まとめ ・なるべくAWSリソースを使⽤した設計をご紹介 ・CodeBuildからDocker Hubへのイメージプルには注意 ・CodePipelineでは「名前空間」で値の受け渡しが可能 ・terraform planのIAMロールは「ReadOnlyAccess」が有効 TerraformのCI/CDパイプラインを実装してみた

  40. None