Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Proud of SUZURI CRE Team

66a34ce671219be59c36704f706d5148?s=47 tanaken0515
November 18, 2021
900

Proud of SUZURI CRE Team

66a34ce671219be59c36704f706d5148?s=128

tanaken0515

November 18, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 SUZURIのCREチームを 自慢します GMOペパボ株式会社 SUZURI事業部 エンジニアリングリード 田中健太郎 2021-11-18 Pepabo Tech

    Conference #17
  2. 2 2 @tanaken0515 自己紹介

  3. 3 3 AGENDA はじめに • SUZURIとは • SUZURIのCREチームとは • 在庫表示を改善した話

    • チームのすごいところ
  4. 4 SUZURIとは Section 1 4

  5. 5 5 オリジナルアイテムを作成&販売できる場所 SUZURIとは

  6. 6 6 アイテム作成・販売の流れ SUZURIとは つくる人 買う人 印刷工場 アイテムメーカー 配送業者 ②注文

    ③発注 A. 発注 B. 仕入 ④加工(印刷) ⑤出荷 ①画像登録 ⑥配送
  7. 7 7 ユーザから見たSUZURI SUZURIとは つくる人 買う人 配送業者 つくれる 売れる 買える

    サービス ②注文 ①画像登録 ⑥配送
  8. 8 SUZURIのCREチームとは Section 2 8

  9. 9 9 チーム体制とミッション SUZURIのCREチームとは • メンバー ◦ エンジニア: 3名 ◦

    デザイナー: 1名 ◦ PdM: 1名 + CSチームのみなさん • ミッション 安心して気持ちよく使えるSUZURIにする
  10. 10 10 ミッション SUZURIのCREチームとは つくる人 買う人 配送業者 “安心して気持ちよく” つくれる 売れる

    買える ②注文 ①画像登録 ⑥配送
  11. 11 11 アプローチできるところがたくさんある SUZURIのCREチームとは つくる人 買う人 印刷工場 アイテムメーカー 配送業者 ②注文

    ③発注 A. 発注 B. 仕入 ④加工(印刷) ⑤出荷 ①画像登録 ⑥配送
  12. 12 在庫表示を改善した話 Section 3 12

  13. 13 13 SUZURIにおける在庫 在庫表示を改善した話 つくる人 買う人 印刷工場 アイテムメーカー 配送業者 A.

    発注 B. 仕入 在庫情報 在庫情報
  14. 14 14 改善前 在庫表示を改善した話 • 在庫がない場合に「在庫切れ」とだけ表示 • 「いつ入荷する?」という 問い合わせが多数

  15. 15 15 ①CSチームからの問題提起 在庫表示を改善した話 - 改善までのプロセス なにに困っているのか 解決より期待される効果

  16. 16 16 ②エンジニアによる技術的な課題の解決 在庫表示を改善した話 - 改善までのプロセス • 課題 ◦ 入荷予定日のデータをDBで管理できていない

    ◦ 工場からのデータ(CSVファイル)に `入荷予定日(入荷予定数量)` という形式で記載されている ▪ 例: 2021-01-31(1000), ※12/10(300), … • 解決策 ◦ 正規表現で入荷予定日と入荷予定数量を判定 ◦ それぞれのカラムを追加しDBテーブルに保存
  17. 17 17 ③PdM&デザイナーによる解決策の決定 在庫表示を改善した話 - 改善までのプロセス • 表示する場所、UIの検討、実装

  18. 18 18 改善後 在庫表示を改善した話 • 入荷予定日をDBで管理 • サイズ・カラー選択のUIを刷新&入荷予定時期を表示 在庫に関する問い合わせが 78%減

    👏
  19. 19 チームのすごいところ Section 4 19 問題提起と課題解決

  20. 20 • 定量的な評価 ◦ “該当の問合せは全体のX%を占めており...” • 指摘だけでなく解決案も ◦ 各案のメリットデメリットも添えて •

    中長期的な判断 ◦ 1件あたりの対応コストは低いが発生頻度が高いタスク、と向き合う 20 問題提起がすごい チームのすごいところ
  21. 21 21 課題解決がすごい チームのすごいところ • 運用と向き合う ◦ 工場と連携するうえでの現実的な選択肢 • ユーザの視点で考える

    ◦ どこになにをどういう形式で記載したら伝わるか エンジニア × PdM × デザイナー 専門力の発揮
  22. 22 22 積み重ねて掛け合わせると、すごい • 問題提起も課題解決も、1つ1つは特別なことではない • むしろ ”普通” なこと •

    ”普通” なことを重ね合わせて掛け合わせると すごいことになる チームのすごいところ “普通” なことを “普通” にやっている すごいチーム
  23. 23 おわりに 23

  24. 24 24 今日お話したこと おわりに • SUZURIについて紹介しました • SUZURI CREチームの具体的な取り組みを紹介しつつ、 CREチームの自慢話をしました

    • SUZURI CREチームについてもっと知りたい方はこちら https://speakerdeck.com/tanaken0515/retrospective-of-suzuri-cre-1st-year
  25. 25 25 ありがとうございました!

  26. 26 26 https://recruit.pepabo.com GMOペパボでは、新しい仲間を募集しています