Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Creator Mind of SUZURI

66a34ce671219be59c36704f706d5148?s=47 tanaken0515
February 13, 2021
930

Creator Mind of SUZURI

オープンセミナー岡山2020の発表資料です。

https://okayama.open-seminar.org/detail.html?speaker=tanaka
SUZURIは、画像をアップロードするだけで自分だけのTシャツやスマホケースなどのオリジナルアイテムを作成・販売できるプラットフォームです。
物理的な「モノ」を製造してお客様のもとに届けている、という点で、SUZURIは「モノづくり」をしているサービスであるといえます。

今回の発表では、SUZURIにおける「モノづくり」にまつわるエピソードをお話しします。
また、自身のこれまでのキャリアやいま抱いている漠然とした不安にもふれつつ、「エンジニアリング x モノづくり」の観点でどのようなチャレンジをしていこうと考えているか、についてもお話しします。

聞いてくださったみなさんにとって、新たな分野にチャレンジするきっかけとなれば嬉しく思います。

66a34ce671219be59c36704f706d5148?s=128

tanaken0515

February 13, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 SUZURIを支える "モノづくり"の心 GMOペパボ株式会社 SUZURI事業部 田中健太郎

  2. 2 2 @tanaken0515 自己紹介

  3. 3 3 オリジナルアイテムを作成&販売できる場所 SUZURIとは?

  4. 4 4 アイテム作成・販売の流れ SUZURIとは? つくる人 買う人 印刷工場 アイテムメーカー 配送業者 ②注文

    ③発注 A. 発注 B. 仕入 ④加工(印刷) ⑤出荷 ①画像登録 ⑥配送
  5. 5 5 ユーザから見たSUZURI SUZURIとは? つくる人 買う人 配送業者 「モノづくり」をしている サービス ②注文

    ①画像登録 ⑥配送
  6. 6 6 エンジニアリング × モノづくり 今回のテーマです

  7. 7 7 AGENDA お話すること • SUZURIのモノづくり ◦ つくる・買う・届く • キャリアについての不安と変化

    ◦ 前職のころと直近2~3年 • 今後のチャレンジ
  8. 8 SUZURIのモノづくり Section 1 8 「モノづくりをしているな〜」と感じたエピソードを紹介します

  9. 9 9 ①つくる ②買う ③届く SUZURIのモノづくり つくる人 買う人 印刷工場 アイテムメーカー

    配送業者 ①つくる ②買う ③届く
  10. 10 10 ①つくる SUZURIのモノづくり https://suzuri.jp/surisurikun/1551067/hoodie/s/mixgray https://suzuri.jp/surisurikun/1220928/acrylic-block/m/clear

  11. 11 11 「①つくる」の心 SUZURIのモノづくり 実物を見るのと 同じ喜びを感じてほしい

  12. 12 12 ②買う SUZURIのモノづくり https://suzuri.jp/surisurikun/4/can-badge/56mm/white https://suzuri.jp/surisurikun/492567/sticker/m/white 100円玉と比べる 貼ってみる

  13. 13 13 ②買う SUZURIのモノづくり https://suzuri.jp/surisurikun/1700777/long-sleeve-t-shirt/s/white https://suzuri.jp/lp/100tee 着用画像 Tシャツgif

  14. 14 14 「②買う」の心 SUZURIのモノづくり モノを買うことを実感して ワクワクしてほしい

  15. 15 15 ③届く SUZURIのモノづくり アクリルブロックの箱 ラッピング

  16. 16 16 「③届く」の心 SUZURIのモノづくり 大切なモノを 心を込めて届けたい

  17. 17 17 まとめ SUZURIのモノづくり • 実物を見るのと同じ喜びを感じてほしい • モノを買うことを実感して ワクワクしてほしい •

    大切なモノを心を込めて届けたい モノをつくるヒト・買うヒトのことを考えて モノづくりをしている
  18. 18 キャリアについての 不安と変化 Section 2 18 自身のキャリアと心境の変化についてお話します

  19. 19 19 これまで キャリアについての不安と変化 2016 2015 2017 2018 2019 2020

    2021 2022 バックオフィス向けSaaS • 歴史的なPHP Application (数千行のSQL ...) • Rails少し SUZURI • Rails Application • 画像合成 副業 • Django 副業 • Rails 趣味開発、コミュニティ活動
  20. 20 20 前職のころに感じていた不安 キャリアについての不安と変化 • サービスにロックイン ◦ 他サービスで通用する? • なにも知らない、焦り

    ◦ あれもこれも勉強しなきゃ ◦ OSSにコントリビュートしなきゃ • 漠然とした不安 ◦ このままでいいのか? なんのために開発しているのか分からない
  21. 21 21 直近2~3年での変化 技術面 キャリアについての不安と変化 • 開発経験 ◦ 複数のRailsアプリケーション ◦ 自作ライブラリ

    • 技術系のイベント活動 ◦ 鹿児島Ruby会議01の運営/発表 ◦ Rails Girlsのコーチ
  22. 22 22 直近2~3年での変化 精神面 キャリアについての不安と変化 • サービスの向こうには、ヒトがいる ◦ 当たり前の話ではある ◦ SUZURIはデータだけなく、モノを扱っている

    ◦ (仮説) モノを扱うとヒトを感じやすい 「ヒトのためにやる」という精神的な軸ができた
  23. 23 今後のチャレンジ Section 3 23 未来に向けてやっていきたいことについてお話します

  24. 24 24 エンジニアリング × モノづくり は楽しい 今後のチャレンジ • SUZURIにおいては ◦

    つくる:もっと高いクオリティで、もっと楽しく ◦ 買う:もっとワクワクする体験を ◦ 届く:もっと心を込めて、もっと早く • SUZURIに限らず ◦ 趣味でモノづくりをやっていく
  25. 25 25 不安なことはたくさんある 今後のチャレンジ 技術的に詳しくないこと・分からないこと • Webフロントエンド • モバイルアプリ •

    コンテナ • アプリケーション設計 • 機械学習、深層学習 • 3Dモデリング、VR、AR、IoT • etc ....
  26. 26 26 けれど、ワクワクしている 今後のチャレンジ • サービスの向こうには、ヒトがいる • そのヒトのために、なにかをつくる • その手段として「技術」がある

    ◦ その技術が必要だと実感したときに、 その技術を学べば良い ◦ 自分にとってはそれが最速で、いちばん楽しい
  27. 27 今日伝えたかったこと さいごに 27

  28. 28 28 サービスの向こうには ヒトがいる そのヒトのために なにかをつくる

  29. 29 29 今日伝えたかったこと それは、 • 「当たり前のこと」であり • 「意外と実感できないこと」であり • 「SUZURIを支える"モノづくり"の心」であり

    • 「自分のキャリアを支える軸」である
  30. 30 30 ご清聴ありがとうございました 今日伝えたかったこと みなさまにとって なにかにチャレンジするきっかけとなれば 嬉しく思います

  31. 31 31 https://recruit.pepabo.com GMOペパボでは、新しい仲間を募集しています